シトルリン 摂取量

せせりたつおせせりたつお

シトルリンの1日の推奨の摂取量は一般的な男性でおよそ800mg以上と言われています。

アスリートなどは1度の量でその倍以上のシトルリンを摂取するそうです。

シトルリンの主な働きは血管を拡張させる効果ですから様々な効果が期待できます。

代表的な効果としては勃起に必要な一酸化窒素の生成を促進させる効果から、勃起力アップやペニス増大効果があります。

他にも体中に血液の流れをよくする働きから筋肉増強や疲労回復効果もあるとされています。

特に副作用もないことからシトルリンは医学界やアスリート界、美容業界も大注目の「スーパーアミノ酸」として期待される成分なのです。

シトルリンの1日の必要摂取量と上限量とは?

シトルリン 摂取量

シトルリンは1日に最低800mg以上摂取することが必要だとされています。

これ以下になると効果を実感することができないというわけではありませんが、1日800mg以上のシトルリンを毎日摂取することができれば、効果を日々感じることができる可能性は期待出来ますね。

 

一方で、シトルリンの1日の摂取量の上限は特に定められていませんが、アスリートレベルの方が1日の摂取量が4000mg程度を摂取しているということを考えると、このくらいが上限と考えることができるでしょう。

シトルリンの過剰摂取による副作用は報告されていないものの、当然ながら大量のシトルリンを摂るのは避けた方が賢明です。

服用方法をしっかり守り継続して飲むことで、シトルリンは体内の血流を改善し、勃起力アップや精力増強効果やアンチエイジング効果などを期待することができます。

1日の必要摂取量をしっかり守りながら効果を日々実感していけるように継続して摂取していきましょう。

シトルリンの3つの摂取方法

シトルリンを多く含む食べ物

シトルリン 食べ物

シトルリンは主にウリ科の植物に含まれています。

その中でも、そもそもシトルリンはスイカから発見されたアミノ酸ですから、特にスイカに豊富に含まれています。

スイカ100g当たり180mgのシトルリンが含まれているため、夏の時期などには比較的たくさんのシトルリンを摂取することが可能です。

スイカのみならず、メロンには100g当たり50mg、冬瓜には18mg、キュウリには9.6mg、ヘチマには57mgのシトルリンが入っています。

 

他にもニンニクや牛肉などウリ科の植物以外にもシトルリンが入っている食品がありますが、それほど量が多くないため、食品から摂取する際には、やはりウリ科の食品を食べるのが最も効率的です。

シトルリンを含む飲み物

シトルリン 飲み物

シトルリンを食べ物ではなく、飲み物で摂りたいという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ですが、残念ながら普段飲むことができる飲み物にシトルリンが入っているということはほんとんどありません。

 

どうしても飲み物からシトルリンを摂取したい場合には、現在ではシトルリン入りのドリンク剤などが発売されていますから、そういった栄養ドリンクから摂取する方法になります。

具体的には「シトルリンDXドリンク」や「真激シトルリンドリンク800α」といった商品が販売されています。

こうしたドリンク剤には、シトルリンが800mgから2000mg配合されているので、一本飲めば1日の摂取量を取り入れることができるでしょう。

 

サプリメントに飽きたといった方は一度試してみるとよいかもしれません。

ただしサプリメントよりも割高になるので、どちらの方がメリットが大きいのか検討する必要があるでしょう。

シトルリンのサプリメント

シトルリン サプリメント

現実問題としてシトルリンを摂取するのに最も適しているのはサプリメントでしょう。

食品から摂取するのはきゅうりであれば50本以上も食べる計算になりますから、それを毎日食べるとなるとほぼ不可能でしょう。

シトルリンをメインの成分とした精力サプリは数多くあるので、摂取すること自体は全く苦労しません。

 

サプリメントから摂取する際の注意点はシトルリン以外に相乗効果を生み出すアルギニンや亜鉛などのミネラル、ビタミンなどをバランスよく含んでいるサプリメントを選ぶといいでしょう。

実際に僕が飲んでいた精力サプリメントの大半もシトルリンをメインにアルギニンなどをバランスよく配合しているものです。

こちらのまとめていますので参考にしてください。
 

 

シトルリンで期待される効果

精力アップ・精力増強

シトルリン 精力アップ

年齢を重ねた男性にとってシトルリンのうれしい効果が、精力アップ・精力増強効果です。

シトルリンが体内に入るとアルギニンに変換され、脳下垂体が刺激されて成長ホルモンがたくさん分泌されます。

成長ホルモンはもちろん体の成長を助けますが、他にも男性ホルモンでもあるテストステロンの働きを活発にして性欲向上や精力アップにつながります。

さらに血流が良くなることで筋肉がつきやすくなるなど、テストステロンの働きをさらに強める効果が期待できるでしょう。

勃起力アップ・ペニス増大

シトルリン 勃起力アップ

日本の男性は、自分のペニスのサイズにコンプレックスを持っている人が多いと言われています。

しかし、シトルリンはそのような悩みも解決してくれる可能性もあります。

 

ペニスのサイズアップは、いかに多くの血液を海綿体に送り込むかにかかっています。

シトルリンによって血管が拡張し、そこを流れる血液の量が増えると、当然海綿体に流れ込む血液量が増えるため、勃起力アップやペニス増大の効果が生まれることになります。

また、加齢による血管の老化や動脈硬化による勃起力の低下やEDにもシトルリンは一酸化窒素を生成する働きがあるために大きな効果が期待できます。

男性のペニスにとってシトルリンは欠かせない必須の成分なのです。

筋トレ効果(筋肉増強)

シトルリン 筋トレ効果

シトルリンがなぜ筋肉に良いのかを知るためには、筋トレによって筋肉がどのように増強されるかを知る必要があります。

筋トレをすると筋繊維が破壊され、それを修復することで筋肉が増強されます。

シトルリンによって血流が促進されると、筋繊維の修復に必要なたんぱく質や栄養素、細胞の活動のための酸素がしっかりと筋肉に運ばれて修復がスムーズに行われることになります。

結果として筋トレの効果が増し、筋肉が増強されるのです。

 

さらに筋肉が増強されることによって男性ホルモンであるテストステロンの分泌が促進されます。

テストステロンは性欲の向上や精子の生成に大きく関わるホルモンですから、結果的に精力アップにも繋がることになります。

疲労回復

シトルリン 疲労回復

シトルリンは、疲労を効率的に取るためにも役立つ成分です。

疲労は筋肉に乳酸などの疲労物質がたまったり、アンモニアが体内に残っていたりする時に生じます。

疲れていると感じるときに生じる筋肉痛や体のだるさは、乳酸やアンモニアが原因なのです。

したがって、疲労物質を体外に排出することで疲労を取ることができます。

シトルリンは血管拡張効果と血流の改善によって、疲労物質をスムーズに体外に排出するのに一役買うことになります。

むくみ予防、むくみ解消

シトルリン むくみ解消

女性であれば、むくみに悩んでいるという方も少なくありません。

むくみは足まで行った血液がなかなか上まで上がって来ず、水分や老廃物が溜まってしまうために生じます。

 

シトルリンによって一酸化窒素が生成されると、血管が拡張して血流が良くなるため、老廃物や水分が効率よく体外に排出されていきます。

むくみに悩んでいる方も、シトルリンですっきりすることができますし、予防の意味でもシトルリンは効果的なのです。

アンチエイジング(美肌、デトックス効果)

シトルリン アンチエイジング

女性にうれしいシトルリンの効果が、美肌やデトックス効果によるアンチエイジング効果です。

シトルリンによって血流が促進されると、肌のターンオーバーに必要な酸素や栄養素がしっかりと行きわたるだけでなく、肌にたまった老廃物も体外に排出されやすくなります。

加えてシトルリンはアミノ酸の一種であり、肌の潤いを保つには不可欠な物質です。

シトルリンによって肌が保湿されれば、外部からの刺激にも強くなり、アンチエイジング効果も見込めます。

 

アンチエイジングといえば女性をイメージしてしまいがちですが、男性でもアンチエイジングは嬉しい効果です。

見た目だけでなく勃起力や精力が低下する原因の多くは加齢によるものです。

体の老化防止につながるシトルリンを摂取することは女性のみならず男性にも必要な成分でしょう。

動脈硬化予防

シトルリン 動脈硬化

年齢を重ねると体も老化していきますが、それと共に血管も老化していきます。

血管の老化とは血管の壁が厚くなって硬くなってしまうことです。

これが動脈硬化ですが、シトルリンは硬くなってしまった血管をしなやかにして修復するという働きがあります。

血管がしなやかになることに加えて血流が良くなることも、動脈硬化には効果があります。

血液の流れが良くなることで血栓ができにくくなり、動脈硬化による大きな病気をも予防することができます。

冷え性の改善

シトルリン 冷え性

冷え性は、手足の先まで温かい血液が行きわたらないことが原因で生じます。

女性の中には、夏の暑い時期でもエアコンの風などによって冷え性が出てくるという方もいることでしょう。

シトルリンは血管を拡張させる働きがあるので、温かい血液が手足の先まで行きわたるようになり、手足の冷えを軽減してくれます。

また、手足の先まで行く血液の量も増えていくので、より一層手足が温かくなり冷え性の改善につながります。

 

最近では女性だけでなく約半数もの男性が実は隠れ冷え性だとも言われています。

ですので、男女問わず冷え性の方にはシトルリンを摂取することは改善するための有効な成分です。

ダイエット効果

シトルリン ダイエット効果

ダイエットを成功させるためには、運動や食事制限といった努力の他に、代謝をよくすることが非常に重要です。

体内にある老廃物を体外に排出することも、とても重要なダイエットの要素なのです。

シトルリンは体内をめぐる血液量を増やすことによって老廃物を排出し、余分な脂肪をつきにくくして太りにくい体を作ることができます。

成長ホルモンの働きによって筋肉がつきやすくなるというのも、ダイエット効果があるとされる一つの要因かもしれません。

集中力・記憶力アップ

シトルリン 集中力アップ

集中力や記憶力は、脳がどのくらい活発に働くかに大きく左右されます。

脳が活発かどうかは、酸素とブドウ糖という二つの栄養素が、どのくらい多く脳まで到達しているかにかかっています。

シトルリンによって血流が良くなれば、脳までしっかりと栄養素が行きわたり、集中力や記憶力がアップする効果が期待できます。

加えて脳にしっかりと血液が行きわたるようにしていれば、脳梗塞や認知症といった病気のリスクも下げることができるので一石二鳥ですね。

二日酔い対策

シトルリン 二日酔い

二日酔いがなぜ起こるのかというと、アルコールの分解過程でアンモニアが出てしまうからです。

アンモニアは体に有毒な物質で、二日酔いのもとになります。

シトルリンを摂取すると肝臓の機能を高めるとともに、アルギニンに変換されます。

アルギニンはさらにオルニチンに変換され、これがアンモニアの解毒機能を活性化して体外への排出を助けてくれます。

つらい二日酔いを経験する前に、シトルリンを飲むと効果が期待できるでしょう。

シトルリンは男性だけでなく女性にも効果あり

シトルリン 女性

シトルリンは精力アップなど男性にうれしい効果が注目されがちですが、実は女性にうれしい効果もたくさんあります。

 

例えば抗酸化作用によるアンチエイジング効果です。

活性酸素が体内に増えると、細胞を攻撃して老化の原因となります。

シトルリンは、抗酸化作用によって活性酸素を除去して老化を防いでくれます。

 

さらにシトルリン自体がアミノ酸なので天然保湿因子となり、コラーゲンの生成や保護の役割を果たします。

お肌にとってコラーゲンは非常に重要ですし、保湿成分がたくさんあればあるほど外部からの刺激に強くなり、シミやシワに悩まされずにすむようになります。

美肌効果、アンチエイジング効果など、シトルリンの効果は女性も注目すべきものなのです。

シトルリンを飲む(摂取する)タイミングとは?

シトルリン 飲み方

シトルリンはアルギニンなどと共に、体に多くの良い効果をもたらします。

特別この時に摂取するべきというタイミングはないのですが、強いて言うなら空腹時がもっとも吸収率が良くなるので、飲むべきタイミングといえるかもしれません。

空腹時は体内への吸収率が上がると言われていますから、食間などに飲むのは効果的だといえるでしょう。

ただし、シトルリンはアルギニンほど吸収率が悪くないので、基本的にはいつ飲んでもある程度の効果は期待できます。

 

また、期待する効果によって飲むタイミングを変えるのも有効です。

ダイエット効果を期待する場合には運動前に、疲労回復を効果的にしたいのならば運動後にシトルリンを摂取するのがベストのタイミングです。

さらに成長ホルモンの分泌を促すという効果を得たいのであれば、もっとも成長ホルモンが分泌される就寝前に飲むと良いでしょう。

 

ただし、シトルリン単体のサプリメントで摂取する場合は注意が必要です。

成分は単体では吸収率が低くなると言われますので、その場合は食後などに飲む方が効果的です。

 

また、シトルリンに限らずサプリメントを飲む際は1日に何度かに分けて飲むとより体への吸収率が高くなることも覚えておきましょう(飲み忘れには注意ですが)。

シトルリンの効果が出るまでの期間(時間)はどれくらいかかるのか?

シトルリン 効果 期間

シトルリンは医薬品成分でもなければバイアグラのような勃起薬ではありませんので、飲んだその日に効果が現れるといった類のものではありません。

1日に推奨量の800mg以上飲んだとしてもすぐに効果が現れることを期待するのは厳しいでしょう。

したがって、ある程度の期間飲み続けることが重要です。

 

人によって個人差がありますが、具体的には早い人でもだいたい1ヶ月間程度、通常は3ヵ月~半年程度は飲み続ける必要があります。

精子が生成されるまでに約80日間程度、肌のターンオーバーが3ヵ月ほどかかるものなので、少なくともやはり3ヵ月はみておきたいですよね。

すぐに効果が出ないからと言ってあきらめてしまうのではなく、根気強く飲み続けることが必要になるでしょう。

過剰摂取した場合の副作用とは?

シトルリン 副作用

シトルリンに限ったことではありませんが、どんな成分もサプリメントも過剰摂取には注意が必要です。

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸ですから現在のところ、シトルリンを飲んだからといって特に副作用が出たという報告はないそうです。

 

しかし、過剰摂取するとやはり危険が伴います。

シトルリンには血行を促進する効果があるので、血管に問題を抱えている人の場合には何らかの異常をきたす可能性があります。

さらに血管拡張効果が出てくるので、もともと低血圧の方はさらに血圧が下がって貧血気味になったり気を失ってしまったりすることもあるかもしれません。

食品から摂取する場合は過剰摂取になる心配はありませんが、サプリメントからシトルリンを摂取する場合はしっかりと服用を守って飲むことが重要です。

シトルリン摂取をおすすめしない人

シトルリンをおすすめしない人

シトルリンは基本的に副作用のない成分ですが、中には摂取しない方が良い人もいます。

例えば、シトルリン血症の方はシトルリンの摂取によってシトルリン濃度が異常に高まり、けいれんや硬直、嘔吐、昏睡といった重篤な症状になることもあります。

スイカを食べるといった程度の摂取であれば問題ありませんが、サプリメントを飲みたいといった場合には必ず医師に相談してからにしましょう。

また妊娠中の方も、シトルリンをサプリメントで飲むのは避けた方が賢明です。

シトルリンをサプリメントで摂取するメリット

シトルリン サプリ メリット

シトルリンは食品で摂ることももちろん可能ですが、サプリメントで摂取した方がはるかに効果的です。

というのは、最低でも1日800mg摂取する必要があるわけですが、これは毎日スイカを440g食べなければならないということです。

他のウリ科の植物であれば、それ以上を毎日食べ続けなければなりません。

これは現実的ではないので、サプリメントの方が効率よくシトルリンを摂取できるでしょう。

 

さらにサプリメントには外出時でも摂取できると言うメリットがあります。

旅行や外出先でも、ウリ科の植物を探す必要はなくサプリメントを飲めばよいだけなのです。

飲むだけなので味わう必要もなく誰でも手軽に継続して飲むことが出来ます。

その他にもシトルリン以外のアルギニンや亜鉛など男性に嬉しい成分も一緒に摂取することもサプリメントであれば可能です。

 

シトルリンを摂取したい方はサプリメント以外から摂取する理由はあまり見当たらないというのが現状です。
 

 

まとめ~加齢による勃起力の低下や精力減退を感じている男性には絶対に欠かせない

シトルリン 効果 まとめ

シトルリンは体内でアルギニンやオルチニンと密接に関係して体の健康を守るのに役立ちます。

さらに遊離アミノ酸として存在しているので、すぐに働ける準備をしている成分です。

たくさん体内に取り入れることで勃起力アップや精力アップ、ペニス増大効果が期待出来ますし、他にも疲労回復、筋肉増強、アンチエイジングやダイエット効果など、その効果は計り知れません。

 

スイカやキュウリなどウリ科の植物で摂取することもできますが、現実的には食品からシトルリンの1日の推奨量を摂取することは現実的ではないでしょう。

シトルリンを摂取するのであればサプリメントを使って毎日無理なく摂取しましょう。

服用方法を守って飲めば特に副作用もなく様々な効果の恩恵が期待できます。

即効性こそありませんが毎日継続して飲むことで効果を実感できるはずです。

特に加齢による勃起力の低下や精力減退を感じている男性には絶対に欠かせない成分でしょう。