スクワレン 効果 効能

せせりたつおせせりたつお

今回はスクワレンという成分の効果・効能について紹介します。

スクワレンの効果

新陳代謝を活発にする効果

スクワレンの効果

スクワレンには酸素を全身にスムーズに送り出す作用があります。細胞が活動するにあたって、酸素が必要です。

酸素を細胞がスムーズに受け取ることができれば、活動が活発になって新陳代謝の力を向上する効果が期待できます。

新陳代謝が酸素不足によってスムーズに行われないと、健康を維持できなくなります。

人間の体は約60兆個の細胞によって構成されていて、この細胞は一定の周期で生まれ変わっているのですが、DNAとRNAの働きと酸素がないとこの活動がうまくいかなくなります。

またスクワレンの働きによって、新しく生まれる細胞が健康になる可能性も高まります。

健康な細胞が多ければ、丈夫な体を維持できるわけです。

美肌効果

スクワレンの効果  美肌

スクワレンは美肌効果が期待できるということで、スキンケア化粧品などに含まれることも多いです。

私たちの肌はターンオーバーといって、細胞が一定の周期で新しい物に生まれ変わります。

このターンオーバーですが、20歳前後だとだいたい28日前後の周期で行われます。

しかし年齢を重ねていくと、このターンオーバーの期間がどんどん長くなり、30~40歳くらいになると45日程度かけてやっと新しい肌細胞に生まれ変わります。

肌のターンオーバーが上手くいかなくなると、古い角質がいつまでも留まるようになってシミやくすみ、しわ、たるみなどのいろいろな肌トラブルが起こりやすくなるのです。

スクワレンにはこのターンオーバーを促進することで、きれいな肌に変身できるかもしれません。

またスクワレンは浸潤性が優れているので、より高い効果が期待できます。

肝機能障害を改善する効果

スクワレンの効果  肝機能

スクワレンには肝機能障害を改善する効果が期待されています。

肝臓は「沈黙の臓器」と言われていて、いろいろな症状があってもなかなか自覚症状が出てきません。

その結果、どんどん病状が悪化してしまって、肝炎や肝硬変、肝臓がんといった深刻な病気に進行しやすいのです。

肝機能障害が進行すると全身の倦怠感や食欲不振、黄疸などの症状が出やすいですが、ここまでくるとかなり深刻な状況といわざるを得ません。

スクワレンには酸素を全身に供給する働きがあるので、肝臓を含めた全身の臓器の機能を高める効能も期待できます。

肝細胞に酸素が十分供給されるので活動も活発化し、肝機能を回復する、肝臓の強化も期待できます。

免疫力を高める効果

スクワレンの効果  免疫力

人間には自然治癒力があると言われています。

外部からウイルスや細菌が侵入してきても、自分の体を守る術があって、リンパ節や骨髄、副腎、肝臓などから白血球などの働きでこのウイルスや細菌を撃退するシステムがあります。

ですから細菌やウイルスが体内に入ってきても、感染症や病気を防げるようになっているのです。

ところが肉体的に疲れている、ストレスなどで精神面のコンディションが悪化していると免疫力もダウンし、その結果、細菌やウイルス感染しやすくなります。

スクワレンにはこの免疫力を高める効能があります。

免疫機能が強化されることで、風邪をひきにくい丈夫な体に変身できる可能性が高まるでしょう。

血液を浄化する効果

スクワレンの効果  血液

生活習慣病などにかかると、血液が汚れることもあります。

具体的に汚れた血液とは、水素イオンが大量に混合している状態のことです。

糖尿病に罹患している患者を診ると、このような水素イオンが血液中に多く含まれる傾向が見られます。

スクワレンには、この余計な水素イオンを血液から取り除くことができると言われています。

つまりスクワレンを定期的に摂取することで、血液中の水素イオンが少なくなって血液が浄化できるわけです。

水素イオンが減少され血液がきれいになることで、血流の改善効果が期待できます。血行が促進されることで動脈硬化や高血圧のリスクを低くし、脳梗塞や心筋梗塞の発症を予防できるでしょう。

スクワレンと精力アップの関係

スクワレンの効果  精力アップ

スクワレンには先ほども紹介したように、血液の流れを改善する効果が期待できます。

血液の流れが良くなれば、ペニスに流入してくる血液量も増加しますから、勃起しやすい状況になります。

血流が良くなれば、細胞に必要な栄養分・酸素を十分供給でき、体が元気になります。

また肝機能を改善することもでき、丈夫な体に変身できるかもしれません。

丈夫な体が手に入れば、精力の増強にもつながっていきます。

ですからいろいろな意味でスクワレンを摂取すると、精力増強の効能も間接的に期待できます。

スクワレンとは

スクワレンとは

スクワレンとは人間の体にとって必要とされる不飽和脂肪酸の一種です。

深海鮫エキスという名称で紹介されることからもわかるように、サメ類に含まれる成分で、サメ類の肝油に多く含まれています。

サメが生息している深海は光も届きませんし、水圧は高く酸素の少ないため、生物が生きていくには過酷な環境といえます。

このような過酷な環境に耐え抜くためにサメの肝臓で作り出される成分が、スクワレンです。

スクワレンを体に取り入れると体内の水分を還元して水素を取り込んで、酸素を作り出す性質があります。

このスクワレンの存在によって、酸素濃度の薄い深海でもサメは生き抜くことができるのではないかと考えられています。

スクワレンの働き

スクワレンの働き

先ほども紹介したように、スクワレンは自ら酸素を補給する働きを有しています。

もう少し詳しくみていくとスクワレンが体内に取り込まれると、水の中に含まれる水素を取り込み、スクワランという物質に変化します。

このスクワランに変化するときに、酸素を発生されます。この酸素は血液に溶け込むことが体中をくまなく回っていき、細胞に必要な酸素を供給しているわけです。

スクワレンは人間の体内でも生成されていて、皮膚やリンパ節、骨髄などに特に多く含まれています。

しかし25歳を境に、年齢を重ねれば重ねるほど減少していく傾向があり、細胞は酸素不足の状況に陥って、代謝の力がダウンしてしまいます。

シミやしわ、たるみなどの老化現象の原因の一つになってしまうのです。

スクワレンとスクワランの違い

スクワレンとスクワランの違い

スクワレンとスクワランはもともと同じ物質です。

スクワレンはサメの肝油に含まれる成分で、これが水とくっつくことで水に含まれる水素を取り込みます。

この時にスクワランという物質に変化します。

スクワレンの場合、不飽和炭化水素なので酸化しやすいですが、ここに水素を加えてスクワランになると分子が安定します。

酸化しにくくなって、化粧品などの成分としても活用できるようになるのです。

スクワレンの摂取方法

スクワレンの摂取方法

スクワレンはサメの肝油に含まれている物なので、サメの肝油を摂取することで体内に取り込めます。

サメの中でもアイザメの肝油がおすすめと言われています。

アイザメの肝油に含まれているスクワレンの量は全体の80%と言われていて、この割合は他のサメと比較すると群を抜いている数字です。

ちなみにサメの肝油のほかにもオリーブオイルやアボカド油、綿実油にも含まれています。

しかしこれらだけで十分なスクワレンを摂取するのは難しいものです。

積極的な摂取にはスクワレンの配合されているサプリメントの利用が中心となるでしょう。

スクワレンの1日あたりの摂取量と副作用

スクワレンの1日あたりの摂取量と副作用

スクワレンの配合されているサプリメントを購入するのであれば、含有量を確認することです。

1日当たりのスクワレンの摂取量は1000~2500mg程度が目安になります。

スクワレン自体には副作用が起きる可能性が極めて低く、実際に報告事例もありません。

しかしあまりに高濃度のスクワレンのサプリメントを長期間摂取し続けると発疹や風邪の症状が出た、ひどくなると肺炎を引き起こす原因の一つになりえます。

ただし使用量をきちんと守って、適切な用量で摂取していれば、このような問題が起きることはまずないでしょう。

スクワレンを必要とする方

スクワレンを必要とする方

スクワレンの摂取がおすすめなのは、年齢のせいなどでしわやたるみ、シミなどの肌トラブルが起きている人です。

スクワレンには新陳代謝の力を高め、肌のターンオーバーを促す効能がありますので、新しく美しい肌を維持できます。

また肝機能の健康診断の値が悪かった人も、肝臓強化の意味で摂取したほうがいいでしょう。

免疫力を強化して、風邪をひきにくい体質にするためにもスクワレンを摂取するのはお勧めです。

血流を改善して、精力増強したい方も摂取したほうがいいでしょう。

まとめ

スクワレン 効果 おすすめ

スクワレンは新陳代謝を高め、肌を美しくする効果が高く期待できます。

肌への浸透性も優れているので、奥深くにまで効果の及ぶ可能性が高いです。

また血流を改善して体を健康にし、精力増強の効能も見込めます。

スクワレンやスクワランというと女性のスキンケアのための成分というイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし男性にも精力アップという見逃せない効果が期待できます。

精力減退気味で悩んでいるのであれば、スクワレンの配合されているサプリメントを購入しましょう。