霊芝 効果 効能

せせりたつおせせりたつお

霊芝は「幻のキノコ」とも呼ばれる古木10万本に2~3本程度しか生えない希少な原材料です。

霊芝に含まれる「β-D-グルカン」「ガノデリン酸」という成分により免疫力の向上や血流の改善など健康促進に一役買ってくれる効果が期待できます。

特に血流の悪化は健康不良だけではなく様々な病気の元になりますし、男性は勃起力の低下を招いてしまう根源的な原因となります。

ですから、霊芝が滋養強壮効果があると言われるのも、血流の改善効果によるものから来ていると思われます。

霊芝そのものをメインとした精力剤や精力サプリはほとんど見かけることがありませんが、成分の1つとして配合しているサプリメントはいくつかありますので、勃起力に悩みを持つ男性は試してみる価値はあるでしょう。

霊芝(レイシ)の勃起力アップ効果とは?

霊芝 勃起力

霊芝には様々な効果が期待できますが、その中でも特に注目を集めているのは、血液のクリーニング作用です。

霊芝に含まれるガノデリン酸という成分が血液をきれいにして流れを改善する効果効能があるとされています。

血液の流れが悪くなると、高血圧・低血圧・高脂血症・心臓疾患・脳卒中など様々な症状を引き起こしかねません。

 

さらに男性の場合、血流の流れの悪化は勃起力の低下にも密接に関係しています。

勃起は簡単に言いますとペニスの血管に血液が多量に流入することで起こるのですが、血液の流れが悪くなると当然ながらペニスに血が集まりにくくなりますので、勃起しない、または十分な硬さにならないなどの問題が生じます。

体の健康のためにも霊芝の血液クリーニング効果は有効ですが、勃起力の低下や勃起不全(ED)に近い症状がある男性は霊芝の配合されている精力剤や精力サプリメントを使ってみることを検討してみてもいいでしょう。

 

 

霊芝の主な5つの効果

免疫力の調整作用

霊芝 免疫力アップ

私たち人間には免疫システムがあり、自分の力で病気などを治す能力が備わっています。

ところが免疫力が何らかの問題でうまく機能しなくなると、病気を発症してしまうのです。

逆にあまり過剰に免疫力が機能しすぎてしまうと体にとってマイナスに働き、例えば花粉症などのアレルギー症状は免疫の過剰反応が原因です。

 

霊芝には免疫機能を正常化させる効果・効能があるといわれおり、免疫システムを強化するほかに、アレルギーなどで悩んでいる人のために免疫の働きを正常化する作用も期待できます。

このような免疫異常に対して西洋医学では対症療法しかできないことから、霊芝は医療の世界でも広く注目を集めています。

抗がん作用

霊芝 抗がん作用

がんはもはや不治の病ではないのかもしれませんが、とはいえ末期まで進行すると完治が難しいことは明白です。

がんは人間の体内で行われる細胞分裂の中で生じるのですが、通常であればがん細胞ができてもNK細胞や白血球がその細胞を撃退するので、増殖することはありません。

しかし免疫がうまく機能しないと増殖してしまい、がんを発症してしまうのです。

霊芝にはβ-D-グルカンやガノデリン酸という成分が含まれていて、いずれの成分も免疫力を向上する効果があり、がんが発症しないように予防できるのではないかと注目されています。

花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー反応の抑制

霊芝 花粉症

春先になると花粉症で悩まされている人、アトピー性皮膚炎により年中かゆみで困っている人は少なくありません。

いずれもアレルギー反応が原因で、免疫の働きが過剰になっているために発症する症状です。

霊芝に含まれるβ-D-グルカンには免疫システムを正常にする作用も期待されています。

このため、花粉などに対する免疫システムが過剰反応しなくなって、アレルギー症状を軽減・解消できる可能性があります。

 

霊芝にはそのほかにもガデノリン酸が含まれているのですが、アレルギーを発症する原因といわれているIgE抗体の過剰放出に対して、ガデノリン酸はこのIgE抗体が過剰に放出されないように抑止する効果も報告されています。

このような免疫システムを正常に作用させアレルギー反応を抑制する働きによって、花粉症やアトピー性皮膚炎に悩まされるリスクを軽減することができます。

生活習慣病の予防・改善

霊芝 生活習慣病予防

霊芝には先述したように、β-D-グルカンやガデノリン酸という成分が含まれています。

このβ-D-グルカンとガデノリン酸にはほかにも優れた効果・効能があるとされており、その代表的な効果にはコレステロールを低減する作用が期待されています。

コレステロールが生活習慣病の原因となることは、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

コレステロールが過剰に血液内に含まれると、血管にコレステロールがこびりつきます。その結果、血液の通り道がどんどん狭くなってしまい、動脈硬化や高血圧症を引き起こし、悪化すると心筋梗塞や脳梗塞などの原因となる恐れもあるのです。

 

霊芝にはコレステロールを低減し血液の流れを良くする働きがありますから、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクを軽減できる可能性があります。

さらにβ-D-グルカンには血糖値の急激な上昇も抑制するため、生活習慣病でも代表的な糖尿病の予防効果も期待できるわけです。

腸内環境を整える

霊芝 腸内環境

霊芝に含まれるβ-D-グルカンは食物繊維の一種であり、食物繊維には腸内を掃除する効果・効能があります。

便のかさを増し、便意を催す効果があるのです。もし便秘で悩んでいて、数日間以上お通じがなく困っている人がいれば霊芝を摂取してみるのもいいでしょう。

霊芝を摂取することにより食物繊維の働きで頻繁に便意を催しやすくなり、定期的に排便することで、体内の有毒物質がどんどん排出されます。

 

その結果、腸内環境が改善されます。腸内環境は健康維持に重要な役割を果たすといわれていますから、便秘に悩んでいる人は霊芝を摂取してみるといいかもしれませんね。

その他の効果(血糖値の調整作用,血圧降下,血栓を防ぐ,高脂血症やB型肝炎の改善など)

霊芝 効果 効能

霊芝は高脂血症や血栓の予防効果も期待できるといわれており、実際にラットの実験でも実証されています。

高脂肪食と高脂肪食・霊芝を食べたラットを20日間飼育したところ、コレステロール値だけでなく中性脂肪値も正常に保っていることが判明したのです。

 

また霊芝は血液の流れを正常化してきれいな状態で維持する働きがあることから、高血圧対策にも効果が期待できます。

霊芝にはそのほかにも肝臓病に対する効果も期待できるといわれていますし、血液に含まれる栄養分などを使ってダメージを受けた細胞も回復していくことからB型肝炎などに対する効能も期待されています。

このように霊芝には様々な効果・効能が期待されていることから広く注目を集めているわけです。

そもそも霊芝とは?

霊芝とは

霊芝という言葉は聞いたことがあるけれども、具体的にどのようなものかよくわからないという人も多いかと思います。

霊芝とはサルノコシカケ科のキノコの一種で、マンネンダケという名称で紹介されることもあります。

梅やナラ、クヌギなどの古木に寄生する傾向があり、霊芝は「幻のキノコ」と呼ばれることもありますが、それは自然界には古木10万本に2~3本程度しか生えていない希少植物だからです。

 

しかし最近では栽培方法が確立されているので、それほど入手するのが難しいキノコというわけではなくなっています。

日本でも栽培されていますので、国産の霊芝も購入可能です。

霊芝の中にはいくつか種類があるのですが、その中でも鹿角霊芝がおすすめです。

霊芝から変異したキノコなのですが、栄養分が霊芝の中でも特に多く含まれているといわれていて、より高い効果・効能が期待できるわけです。

霊芝の種類とは?

霊芝 種類

霊芝と一言で言いますが、その種類は実に62種類もあるといわれています。

その中でも食用に適しているといわれているのが6種類あり、中医学では種類によって、期待できる効果・効能が異なります。

もし霊芝を使って何かしらの効果効能を期待しているのであれば、アナタの目的に合った霊芝の種類を探してみましょう。

 

赤芝は胸の病気に対する効果を発揮する種類ですし、青芝は目や肝臓の働きと深いかかわりがあります。

黄芝は風邪や暴飲暴食、過労などの病気の予防・改善効果が期待できますし、白芝は胸や咽頭部に突き上げるような症状・具体的には激しい咳などに対して高い効果があるといわれています。

そして黒芝は腎機能をサポートし、残尿感で悩んでいる人にお勧めです。紫芝は聴覚障害や関節の不調の改善効果が見込めるといいます。

それぞれ霊芝によって効果効能に違いがありますので、参考にしてみてください。

霊芝に含まれる主な2つの有効成分

β-D-グルカン

霊芝 β-D-グルカン

霊芝に含まれるβ-D-グルカンは食物繊維の一種で、ブドウ糖がβ結合しているため、このように呼ばれます。

キノコのほかにも酵母の中に豊富に含まれていると言われる成分です。

β-D-グルカンは免疫系に作用する働きがあるといわれていて、医学の世界でも注目されており、いろいろな研究が行われています。

免疫を活性化する効果のほか、期待されているのがアレルギーの改善やがんの予防などへの効果です。

食物繊維の一種なので便秘を解消する効果や、食べ物の流れをゆっくりにすることにより血糖値の急激な上昇を防ぎ、糖尿病予防にも効果が十分期待できます。

ガノデリン酸

霊芝 ガノデリン酸

トリペルテン類の中でも霊芝には、ガノデリン酸が多く含まれています。

霊芝を実際に食してみるとわかるでしょうが、苦みが結構強いです。この苦みを構成する成分がガノデリン酸です。

ガノデリン酸の研究はまだそれほど行われていないので、はっきりしたことはわかっていませんが、アレルギー対策に使える成分ではないかとみられています。

アレルギーの症状はIgE抗体が過剰に放出されることに起因していますが、IgE抗体の適切な放出を促す効果がガノデリン酸にはあるのではないかという研究が進んでいます。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギーに悩まされている人は少なくありません。

アレルギーに悩みがある方は霊芝を試してみてもいいかもしれませんね。

さらにガノデリン酸には高血圧対策や肝臓を健康な状態で維持する、インフルエンザ予防などの効果効能も、まだはっきり解明しているわけではないですが期待されています。

霊芝の副作用とは?

霊芝 副作用

霊芝の副作用に関しては、あまり心配する必要はないでしょう。中国医学では上薬に分類されていて、長期にわたって服用しても健康を害することはないといわれています。

ただし3か月以上継続摂取した場合、口が乾く、胃に不快感がある、かゆみがひどい、かゆみを感じた場合には注意しましょう。

先ほども紹介したように霊芝には、血圧や血糖値を調整する効果があります。

このため、血圧降下剤や血液凝固防止薬などを服用している人が霊芝も摂取すると、必要以上に薬の効果を高める恐れがありますので、主治医と相談したほうがいいでしょう。

霊芝の摂取方法

霊芝 摂取方法

霊芝をそのまま食べるという方法もありますが、細胞壁が固いためにあまりおすすめはできないといわれています。

せっかく霊芝を丸ごと摂取しても消化できず、有効成分を十分体内に吸収できないのでは意味がありません。

ですから一般的にはサプリメントや漢方薬、ドリンク剤など加工されている霊芝を摂取するのがおすすめです。

このように加工された霊芝であれば、固い細胞壁を粉砕されていますので、効率的に有効成分を体内に取り入れることができます。

霊芝をおすすめする人とは?

霊芝の摂取がおすすめな人として、以下のような方には最適です。もし心当たりがあれば、霊芝を試しに摂取してみてもいいでしょう。

  • 若いころと比較するとおなかのでっぱりが気になる
  • 会社の健康診断で生活習慣病・メタボリックシンドロームを指摘された
  • 最近ちょっとしたことで風邪などを引きやすくなった
  • 頑丈な体を手に入れたい
  • 花粉症などのアレルギー症状で悩んでいる、いろいろ対策したけれども思っている効果がなかった
  • お通じが何日も来ない
  • 便秘を何とかしたいけれどもわざわざ病院に行くのが躊躇してしまう
  • 若いころと比較するとムラムラすることがなくなった
  • 女性とベッドインしても勃起しない
  • 勃起しても十分な硬さにならない

…etc

 

こういった方は霊芝の効果効能が有効ですね。

まとめ~霊芝による血流が改善することによる健康増進の効果は大きい

霊芝 効果 まとめ

いかがでしたか?

今回は霊芝の効果効能をメインに紹介してきました。

霊芝の効果効能にはβ-D-グルカンによる免疫力の向上やガノデリン酸による血流改善などが挙げられます。

特に「体の不調の根本の原因は血行不良にある」と言われるくらいですから、血流が改善することによる健康増進の効果は大きなものがあります。

 

また、血流の悪化は勃起力の低下にもつながりますから、霊芝が持つ働きは男性機能の改善にも役に立つでしょう。

霊芝そのものをメインとした精力サプリメントはほとんど見ることが出来ませんが、成分の中の1つとして配合しているサプリメントはいくつかあります。

精力増強や勃起力アップ目的で霊芝の摂取を検討しているのであれば、シトルリンやアルギニンなどの成分、またはクラチャイダムなどの原材料をメインとする精力サプリを選ぶといいでしょう。