シトルリン 効果 スゴイ

せせりたつおせせりたつお

シトルリンは血管拡張や血液の循環を良くする成分であることから、様々な効果が期待できます。

例えば男性にとって嬉しい効果で有名なものといえば、「勃起力アップ」「ペニス増大」の効果が期待出来る点でしょう。

シトルリンは体内でアルギニンに変換される際に一酸化窒素を発生させますから、勃起に直接関わる効果があります。

その他にも「血行不良は全ての病の根源」とも言われるように、血行促進することによる効果は多数ありますから、男性女性関わらず意識して摂っておきたい成分の代表格でしょう。

シトルリンで期待される11のすごい効果

ペニス増大、勃起力アップ

シトルリン ペニス増大

シトルリンの有名な効果としてペニス増大・勃起力アップの効果が期待できるという点です。

シトルリンは体内でアルギニンという物質に変換され、その後シトルリンに変換されるというサイクルを繰り返します。

その過程で一酸化窒素が生成されるのですが、この一酸化窒素は血管を拡張させる働きがあります。

一酸化窒素は勃起するメカニズムを語る上で欠かせない必須の物質ですから、その一酸化窒素が増えるということは勃起力アップにつながることになります。

ペニス増大やちんこのサイズアップに必要不可欠なのが、海綿体に流れ込む血液の量を増やすことです。

ペニスの大部分を占めているのは、スポンジ状の海綿体と呼ばれる血管の集合体なのです。

つまり、流れこむ血液量を増やし海綿体の血管を太くすることがペニス増大につながります。

シトルリンは血管拡張作用と血流促進によって、この海綿体に流れ込む血液量を増やすことでペニス増大の効果を生み出すのです。

性欲向上・精力アップ

シトルリン 精力アップ

シトルリンの効果で注目されるのが、性欲向上や精力増強の効果です。

シトルリンは勃起力アップの他にも、アルギニンと同じような働きをするため、脳下垂体を刺激し成長ホルモンの分泌を促進します。

男性ホルモンであるテストステロンは性欲向上や精子・精液の生成など男性の生殖機能に大きな関わりがあります。

ですから、テストステロンが増えることで、より一層の精力アップへとつながるのです。

筋トレ効果(筋肉増強)

シトルリン 筋肉増強

次にシトルリンの効果として挙げられるのが、筋肉増強効果です。

シトルリンは、少しでも効率よく筋肉をつけたいという男性の願いをかなえてくれるスーパーアミノ酸です。

筋トレで最も重要なのは、血行を良くしてたんぱく質や酸素を巡らせることです。

シトルリンには血管拡張効果があり、血流が良くなるため効果的な筋トレに役立ちます。

さらに、たんぱく質を多く摂ると分解の過程でアンモニアが発生しますが、シトルリンはアンモニアの体外への排出を助けてくれるという働きもあります。

アンモニアの分解を助けることで、二日酔い防止や疲労回復などの効果も期待出来ます。

疲労回復

シトルリン 疲労回復

筋肉が疲労する主な原因は、乳酸などの疲労物質が筋肉内にたまることです。

筋肉内にたまった疲労物質を素早く体外に排出することで、疲労回復を助けることができます。

シトルリンは血管を拡張する働きがあるため、乳酸などを効率的に体外に排出することが可能です。

さらに、タンパク質の分解過程で多く発生するアンモニアが体を疲れさせますが、シトルリンはそれを尿素に変換する働きもあるので、疲れた体を素早く回復させる大きな働きをしてくれます。

むくみ予防、むくみ解消

シトルリン むくみ解消

シトルリンは体内でアルギニンに変換され、アルギニンはシトルリンに変換され一酸化窒素を作り出します。

一酸化窒素は血流を促進する働きがあるので、デトックス効果を期待することができます。

血管が狭くなったり血流が悪くなったりすると老廃物が蓄積してむくみにつながりますが、一酸化窒素による血流改善によって老廃物が体外に排出され、むくみが解消します。

シトルリンを摂取することで血液の流れが良くなり、むくみにくい体を作ることもできます。

美容効果、アンチエイジング

シトルリン アンチエイジング

シトルリンはアミノ酸ですので、高い美容効果やアンチエイジング効果が期待できます。

シトルリンは、天然保湿因子を構成するアミノ酸の中で大きなウェイトを占めており、肌に潤いを保つのに役立ちます。

他のアミノ酸はたんぱく質を構成するものですが、シトルリンは遊離アミノ酸として存在しており最も効果を発揮する成分です。

さらに一酸化窒素によって血流が改善されるため、肌のターンオーバーも正常化し、きめ細やかな肌を保つことが可能なのです。

動脈硬化予防

シトルリン 動脈硬化

体内のアルギニンがシトルリンに変換されるときに発生するのが一酸化窒素なのですが。この一酸化窒素は動脈硬化の防止に大きな役割を果たします。

年齢とともに血管が老いてくると血管が拡張しにくくなったり、血管の壁が厚くなって硬くなります。これが動脈硬化の原因です。

シトルリンは血管を修復し、しなやかにする働きがあります。

年齢とともに一酸化窒素は減っていきますが、外部から取り入れることで動脈硬化を防ぐことができます。

冷え性の改善

シトルリン 冷え性

多くの女性が悩むのが冷え性ですが、実は男性にも隠れ冷え性といって自覚症状はないですが冷え性の男性は数多くいます。

冷え性の主な原因は手足などの末端に血液が十分に行きわたっていないということが挙げられます。

シトルリンを摂取すると、一酸化窒素の働きで末端の毛細血管までもが拡張するため、大量の血液が手足に行きわたります。

温められた血液が手足の先にまで到達するので冷え性改善の効果が期待できます。

血管拡張効果によって新陳代謝もアップするので体が温まり、エアコンの風などを受けても冷えづらい身体づくりにも役に立ちますね。

ダイエット効果

シトルリン ダイエット

意外に思われるかもしれませんが、シトルリンには冷え性の改善などの他にも抗肥満効果があります。

ですので、男性でもダイエットに励んでいる人にとってシトルリンは非常にありがたい成分です。

精力剤などでよく使用される成分であるアルギニンにも脂肪燃焼効果がありますが、シトルリンには新陳代謝を良くする働きがありデトックス効果なども相まってダイエットの役に立ちます。

ですので精力剤や精力サプリなどでアルギニンとシトルリンを同時に摂取することによって勃起力アップ以外にも、ダイエットにもより大きな効果を期待することができるのです。

さらにシトルリンは筋力増強の効果もありますから、ダイエットと同時に筋トレもやることで多くの女性が好きな男らしい細マッチョな肉体も期待できますね。

集中力・記憶力アップ

シトルリン 集中力アップ

人は集中したり何かを記憶したりするときには、脳に多くの血液が必要になります。

体は血液によってたくさんのエネルギーを得ているため、血液が滞ると脳に行きわたるエネルギーが足りず、集中力の低下や記憶力の低下につながります。

シトルリンの血管拡張効果によって、より多くの血液が脳に届くことにより集中力の向上や記憶力アップが可能になります。

加えてシトルリンはボケの原因と言われるベータアミノロイドを阻害する働きもあるので将来のボケ防止にも役立つのです。

二日酔い対策

シトルリン 二日酔い

お酒好きな方でも二日酔いは避けたいところですよね。

そんなお酒好きな方にとっては嬉しい効果がシトルリンにはあります。

シトルリンは体内でオルチニンに変化することができる成分で、このオルチニンは肝臓の働きを高めてアルコールの分解を助けます。

またアルコールの分解によってアンモニアが発生し、これが二日酔いの原因となるのですが、シトルリンはアンモニアを尿素に変換する働きがあることに加えて、体外への排出も助ける働きもあるんです。

ですので、シトルリンは二日酔い対策に非常に効果があるとされているんですよ。

シトルリンは女性にも、もちろん効果あり!

シトルリン 女性 効果

シトルリンは勃起力アップや精力増強やペニス増大に効果があると聞くと、男性が摂取するといい成分というイメージが強くなるかもしれません。

しかしシトルリンは血管拡張や血液の循環を良くすることが元々の働きですから、シトルリンは女性にとっても大きな効果があります。

 

多くの女性はむくみや冷え性に悩んでいますが、冷え性の原因は末端まで血液がうまく循環していかないことが原因の1つですから、血行を促進するシトルリンは冷え性改善に効果が期待できます。

また、シトルリンが生成する一酸化窒素の働きは、体全体に影響を与えます。

血管が広がることで体内に栄養や酸素が行きわたるとともに、体内の老廃物が体外に排出され、デトックス効果によるアンチエイジングが期待できます。

血流が良くなるということは肌のターンオーバーが促進されるということなので、いつでもみずみずしく艶のある美肌でいることもできますよね。

男性にとっては精力アップという嬉しい効果ですが、女性にとってはアンチエイジングや美容効果など女性なら誰しも嬉しい効果がシトルリンは期待できます。

シトルリンとは?シトルリンの働き

シトルリンとは

シトルリンとはアミノ酸の一種で、体の健康にはなくてはならない物質です。

スイカから発見された成分であるため、学名シトルラス・ブルガリスにちなんでシトルリンと命名されました。

多くの場合、アミノ酸は他のアミノ酸と結合してたんぱく質を形成しますが、シトルリンは結合せず単体で存在しています。

こうしたアミノ酸を遊離アミノ酸といい、いつでも効果的に働けるようになっているのです。

シトルリンの大きな働きの一つが、一酸化窒素の生成です。

一酸化窒素の生成によって血管がしなやかになり、動脈硬化の防止や勃起力アップ、ペニス増大、精力増強に効果があるとされています。

シトルリンはまた「スーパーアミノ酸」と呼ばれるほど、勃起力アップなどの精力アップ以外にもたくさんの効果があることで知られています。

シトルリンの適正な摂取量や上限は?

シトルリン 摂取量

シトルリンは適正に摂取することで、副作用なく効果を得ることができます。

シトルリンの適正な摂取量は特に明確に定められていませんが、最低でも1日当たり800mg摂取しなければ効果を感じられないと言われています。

一般男性が通常摂取するのであればだいたい1日当たり1000mg、つまり1g摂取するくらいが適正といえるでしょう。

これがアスリートレベルになると1日当たり2000mgを1~2回程度、摂取するのが推奨されるそうです。

シトルリンの摂取量の上限も特に明確には決められてはいませんが、一般男性が4000mgを超えて摂取するのはやめておいた方がいいでしょうね。

シトルリンの効果的な飲み方やタイミング(※サプリメントの場合)

シトルリンを飲むタイミング

個人的にはシトルリンに限らずサプリメントを飲むタイミングはアナタが飲みやすいタイミングでいいと思っています。

というのも、サプリメントを効果的に飲むタイミングは諸説ありますが、正確にはどれがいいという医学的な根拠を僕は見つけることができませんでした。

確かにサプリメントはタイミングを間違えて飲むと体外に排出されてしまう量が多くなるそうなので、適切なタイミングで飲む必要があります。

一般的にもっとも効果が高いのでは?とされるのが空腹時です。

空腹時は体への吸収率が高くなるため、シトルリンを飲むのに効率がよく効果的です。

また、成長ホルモンがもっとも分泌されると就寝前にシトルリンを飲むこともタイミングとしては推奨する向きもあります。

成長ホルモンは就寝後一時間半くらいで分泌がピークに達しますので、就寝する直前に飲んでおくと、より一層成長ホルモンの分泌を促進することができるという理屈です。

 

一方で、食事中にシトルリンを飲むのは効率が良くないという説があります。

食事中は食物からのたんぱく質摂取が優先されるため、サプリメントからのシトルリンの摂取があまり行われなくなるからだそうです。

ですが、成分単体では体内には吸収されないので食事中の方が効果的だという話もあります。

結局、色々な諸説まとめるとサプリメントは食品扱いですので、飲み忘れなければいつ飲んでもいいという結論になるような気がしますね。

シトルリンの効果が出るまでの期間(時間)とは?即効性はある?

シトルリン 効果 時間

シトルリンのサプリメントなどを飲んでどのくらいで効果が出るのかというのは、気になるポイントです。

ですが医薬成分を含まないサプリメントは基本的には即効性はないので、飲んだその日に効果が実感できるとか、夜飲んで朝起きたら効果が現れているということは残念ながらありません。

一定期間、シトルリンを摂取し続けることが重要になります。

その期間(時間)には個人差がありますが、早い人であれば数週間~1ヶ月前後、通常は3ヵ月~半年程度はかかると言われています。

もちろん、飲む期間が長いほど効果が現れる確率は高くなっていきます。

シトルリンの副作用とは?

シトルリン 副作用

非常にさまざまな嬉しい効果があるシトルリンですが、副作用がないのか気になるという方も多いはずです。

今まで非常にたくさんのシトルリンを含むサプリメントが販売されてきましたが、シトルリンによる副作用の報告は特にないそうです。

ですので、基本的にはどんな方でも一日の摂取量をしっかり守っていれば、副作用を心配する必要はないでしょう。

ただし、シトルリンは血管や血行に作用する成分なので、心臓など血管や血液に関係する部位に病気をお持ちの方は控える、もしくは医師に相談する方がいいでしょう。

他にも低血圧の方も、血管拡張作用によってさらに血圧が下がり、めまいや気絶といった症状を起こす可能性もあるので注意が必要です。

効果を早く出したいからという理由で大量に摂取することは持病をお持ちでない方でも絶対に避けましょう。

シトルリンとアルギニンとの関係性とは?アルギニンとの違いや相乗効果

シトルリン アルギニン 関係性

シトルリンとアルギニンは全く別の物質でありながら、相互に深い関係があります。

体内ではシトルリンがアルギニンに、またアルギニンがシトルリンに変換されながら様々な働きをしています。

このアルギニンがシトルリンに変換されるときに一酸化窒素が生成されて血管が拡張され、勃起力アップやペニス増大効果、また精力増強やアンチエイジング効果などたくさんの嬉しい働きをします。

 

ただしアルギニンは体への吸収率が低く、しかも肝臓で代謝されてしまうため、もしアルギニンだけで高い効果を得ようと思った場合、かなり大量に摂取することが必要になります。

それに比べてシトルリンは、他のアミノ酸と結合しない遊離アミノ酸といわれる物質です。

ですのでシトルリンは体に吸収されにくいアルギニンの吸収を助け、しかも代謝されないで血液中に存在することが可能なのです。

したがって、シトルリンとアルギニンを両方サプリメントや食事などで摂取することができれば、相乗効果でより大きな効果を期待することができということになります。

シトルリンを多く含む食べ物

シトルリン 食べ物 スイカ

シトルリンは基本的にウリ科の植物に多く含まれる成分です。

その中でも最も多く含まれているのはスイカで、100g当たり180mgのシトルリンが入っています。

そのほかのウリ科の植物では、メロンには100g当たり50mg、冬瓜には18mg、キュウリには9.6mgのシトルリンが含まれています。

ウリ科の植物以外でシトルリンを摂取する場合には、ニンニクや牛肉という選択肢がありますがその量は少なく、ニンニクには100g当たり3.9mg、牛肉には0.88mgとかなり少量なので、スイカやメロンなどウリ科の植物から摂取した方が効率的です。

シトルリンをサプリメントで摂取するメリット

精力剤 精力サプリ メリット

シトルリンを多く含む食べ物としてスイカやメロンなどが挙げられますが、現実問題として一日1000mgのシトルリンを摂取すると仮定すると、スイカであれば500g以上を毎日食べなければならないということになります。

メロンや他のウリ科の植物であればさらに多くの量が必要です。

これだけの量を毎日食べ続けるのは不可能に近いですので、実際にはサプリメントで手軽に飲むことになります。

シトルリンをサプリメントで摂るメリットは多く、手軽な上に外出先でも飲むことができますし、ウリ科の食べ物が苦手な人にとっても摂取しやすいですよね。

さらにシトルリン以外にもアルギニンや亜鉛など勃起力アップや精力増強に有効な成分も一緒に摂取できるのでより効果的です。

 

まとめ~シトルリンとアルギニンの両方を摂取することで相乗効果を狙おう

シトルリン 効果

シトルリンは血管拡張作用によって勃起力アップやペニス増大、精力増強といった男性にうれしい効果だけでなく、美肌効果やアンチエイジング効果、ダイエット効果など男性女性問わず魅力的な効果もたくさん期待することができます。

まさにスーパーアミノ酸と呼ばれるにふさわしい成分ですよね。

ただし、食べ物から1日に必要な量を摂取するのは現実的には難しいですので、サプリメントで摂取することになります。

特に副作用もありませんし、精力剤や精力サプリの多くにシトルリンは配合されていますので、摂取すること自体は難しくないでしょう。

おすすめはアルギニンと一緒に摂取することで相乗効果も期待できますので、シトルリンをメインの成分としながらアルギニンを始めとする勃起力や精力アップに有効な成分を含むサプリメントを選びましょう。