緊張して勃たない

せせりたつおせせりたつお

緊張していつものように勃起してくれないという経験は男性なら1度や2度はあるのではないでしょうか?

僕も基本的に気が小さくてセックスに自信がなかった時代がありますので、その気持ちがよくわかります。

特に20代男性は緊張が原因で勃起しないことは多く、その状態を若年性EDと呼ぶことがあります。

EDと聞くとちょっとショックですが、最もやってはいけないことはその緊張を引きづってしまって、一時的なEDではなく本格的にED(勃起不全)になってしまうことです。

ですので早い段階で緊張しない工夫をみつけておくなり解決策をみつけておく必要があります。

今回はセックスの際に緊張してしまう根本的な原因とそのための対策を紹介していきます。

なぜ、緊張すると勃たないのか?勃起しない原因は「精神的な不安や恐れ」

緊張してたたない

過度の緊張状態が原因でED(勃起不全)になる事は多々あります。

その根本的な原因として考えられることとしてまず第一に「男がプライドの高い生き物」だからという事があります。要はセックスで女性にカッコ悪い姿を見せたくない、失敗したくないという気持ちが強いからです。

男らしさを見せたいのに実際は自分のセックスに自信がないとか、精力旺盛になって女性を喜ばせたいのにテクニック不足だとか、格好悪いところは見られたくないなどの気負いから過度の緊張状態に陥ってしまいます。

さらに相手の女性が綺麗でオシャレで、しかもセックスの経験がありそうに見えると更に怖じ気づいてしまう事でしょう。

この様な状況では血管を極度に収縮させてしまいますし、血流が一気に悪くなります。

また緊張状態では十分に男性ホルモンの分泌が起こりません。ペニスは交感神経ではなく、リラックス時に働く「副交感神経」の際に勃起するのです。

緊張した状態では性的刺激がちゃんと脳に伝わらないですから、せっかく興奮状態へ上り詰めるための環境が整っているのに、体はちっとも反応しない為に勃起状態が弱まってしまいます。

時には本番で全く勃たないケースもあるでしょう。

つまり男性は失敗からの恐れや不安で緊張してしまい、それが原因で十分に勃起ができなくなる事があるのです。

特に10代や20代男性の多く見られる傾向です。

⇒20代男性で勃起しない、朝立ちしないと言う男性はコチラの記事が役に立ちます。

緊張して勃たない主な5つの心因的な原因

せせりたつおせせりたつお

一口に緊張して勃たないといってもその心理的な原因は人それぞれです。

中でもよくありがちな緊張してしまう原因となる心理を5つ紹介します。

過去のセックスでの失敗からのトラウマ

過去の失敗 トラウマ 立たない

初体験やsexの経験が未熟な間は、ふとした事で極度に緊張し、一時的な心因性(精神的な)のED(勃起不全)になる事があります。たった、1度だけでもEDになる可能性があります。

疲れていて上手に勃起できなかった、挿入後すぐにイってしまって女性に残念な顔をされてしまった…etc。

そしてこのセックスでの失敗がトラウマとなって、それ以降の本番時に自分でプレッシャーを掛けてしまいます。

こういった緊張状態では、例え精力旺盛な20代など若者でも思う様に勃起がキープできません。

また焦れば焦る程、ED(勃起不全)は深刻になります。

セックスのポイントは、始めはリラックス状態から徐々に興奮を高めて、一気に爆発するといったイメージです。

この初めのリラックスができていないので、そこから先に進めないのです。

セックスの「経験人数が少ない、経験不足」からくる自信の無さ

経験人数が少ない

20代でED(勃起不全)になるケースでは、そのほとんどがセックスの女性経験人数の不足が原因にあります。

性体験の経験値が低いと、女性とのセックスの度に戸惑いが生じて悩んだり不安になって、思わぬ失態をしてしまう事があるのです。

そして自分はダメな男だと落ち込んで、次のセックスが怖くなってしまいます。

こうして心因性のEDへ落ち込んでいきます。

このパターンは自分に自信が持てない男性に多く、いつも疑心暗鬼でセックスをする方は要注意です。

女性をセックスで「満足させたい、イカせたい、スゴイと思わせたい」など頑張りすぎる

プレッシャー 立たない

男性のプライドに、セックスで女性を満足させたいという欲望があります。

ですがそんな気持ちとは裏腹に、日本人男性の半分くらいは仮性包茎でペニス自体も小さめです。さらに、セックスの経験人数も少ないとしたらどうでしょうか。

これで女性をセックスで満足させられるかどうか心配するのはもっともでしょう。

ですが、いつもみるAVビデオに出てくる男優はほとんどが大きなペニスで、しかも勃起力も持続力もテクニックも凄いときています。

それと自分を比べるとさすがに自信を持てなくなるのは当たり前ですよね。

この様な悪条件が重なって、ちゃんと女性を満足させたいけどできないと不安がる状況が出来上がります。

このプレッシャーが勃起力を低下させてしまいます。

セックスの相手を自分より格上にみている(美人、経験人数が多いなど)

格上 女性

セックスをする相手が自分より格上だと認めてしまうと、男性は自分を極端に卑下してしまう傾向があります。

つまり格下の自分では、きっと彼女の相手は無理だとプレッシャーを感じるのです。

これによって過度の緊張が生じてリラックスはできない、血流が悪化、結果的に勃起力も最悪になります。

もちろん女性としては、セックスをするということはある程度、既に相手を受け入れている状態ですので、その様な価値判断はしないものです。

これは男性側が勝手に想像しているにすぎません。

こういったメンタルの脆さから、男性は勝手にED(勃起不全)になることがあります。

コンプレックス(早漏、短小、包茎など)

コンプレックス 短小 包茎

日本男性はもともとペニスサイズでいうと、世界的には短小の部類だと言われています。

しかも、仮性包茎率は日本人男性の50%を大きく超えますから、ほとんどの男性が何かしらの性的コンプレックスを抱えている事になります。

ですが、普段は互いのペニスを比べたりしませんので、自分だけが貧弱なペニスであると誤解をしてしまいがちです。

また普段アダルト動画などでみるAV男優と無意識に比べてしまい、余計に自分のちんこを卑下してしまうのです。

そして早漏の男性はさらに要注意でしょう。

これでは女性を喜ばせる事ができないと落ち込んでしまうばかりですから、セックスが楽しくなく、プレッシャーしか感じない行為になってしまいます。

これではセックスの本番の時に勃たなくて当たり前ですよね。

20代男性が精神的な問題で勃起しない場合(若年性ED)はED治療薬で改善される場合があります

20代男性が精神的なトラブルで勃起できない場合(心因性の若年性EDと呼びます)は、バイアグラなどのED治療薬を処方してもらうことで改善されることがあります。

ED治療薬は強制的に勃起させることが出来ますので、そうやってセックスを繰り返すうちに経験を積み、自信を取り戻して男性機能が回復する場合があるのです。

ですので、手遅れの前に1度専門のEDクリニックに相談してみることを検討してみるといいでしょう。

国内では法律で医師の処方箋なしでED治療薬を購入することはできませんので、必ず医師の診断を受けてから服用するようにしてください。

セックスの時に緊張を和らげるための8つの対策

せせりたつおせせりたつお

原因そのものが自分自身のコンプレックスなどに関する精神的な問題であれば、対策も基本的にはメンタルをいい方向に持っていくための対策や方法が有効となります。

加えてお酒や精力剤などを効果的に使っていくことでより緊張を和らげることができる可能性があります。

とにかくあまり深く悩み過ぎずに、セックスをいかに楽しめるかという事が重要なポイントです。

ちょっとお酒を飲むことでリラックス

お酒を飲む セックス前

自分の精力が弱いとか、中折れやED(勃起不全)を心配している方は、セックスの前にちょっとお酒を飲む様ことをおすすめします。

それはお酒の作用で緊張が解け、セックスの時に性的な興奮を受けやすく、十分な男性ホルモンを分泌させる事ができるからです。

基本的に性的刺激でスムーズに性的興奮状態に至るためには、何よりもリラックスした状態でセックスを始めるのがベストです。人は自律神経にも交感神経と副交感神経があるのですが、セックスで勃起するためにはリラックス時に優位に立つ副交感神経が働く必要があるのです。

その為に少しお酒を飲んで、不安や緊張を解消すると良いでしょう。

ただし、完全に酔ってしまうと、脳から伝わる神経が麻痺して反対に性的興奮を受けにくくなり、勃起できなくなる可能性が高くなってしまうので要注意です。

セックスという行為そのものを思い切り楽しむ

中折れ まとめ

仕事的な奉仕としてセックスを続けていると、男性はプライドを傷つけやすく疲れやすいし楽しめません。それでいて、性欲減退やED(勃起不全)を起こしてしまう可能性が高い。

もともと男性は本能的に、セックスで相手女性を征服したいという欲望を抱く生き物です。

その欲求が全く満たせないセックスをいつも行う事は逆にストレスを感じてしまう可能性があります。

もちろん喜んで奴隷状態を楽しむ方もいますが、多くの場合はセックスへのマンネリ化や飽きを感じて性欲が湧かなくなります。

そうならない為にも、セックスそのものを楽しむ必要があるでしょう。

すると結果的に女性も同時にセックスに対して積極的に自分を開放できるのでイキやすくなるのです。

自分の快楽だけ考えてみる

セックスを楽しむ 快楽

女性を懸命に喜ばせようと、つたないテクニックを駆使して頑張る男性がいますが、そういった行為自体が自分をダメにさせる事があります。

つまり自分自身がセックスを楽しんでいないという事です。

男性にはトレーニング好きなストイックな部分があり、スポーツ選手なみにプロフェッショナルになりたがる傾向もあります。

ですが、セックスに関しては快楽追求が本分ですので、練習じみた性行為は性的興奮に至らない場合があります。

そこで精力が減退気味の方やED気味の方は、一旦、自分の快楽だけに集中してみると力強い勃起が得られる可能性が高くなります。

オナ禁しておく

オナ禁 立たない

精子量が低下すると勃起力も低下します。

つまり、セックスの前に射精をすれば、その後は勃起し難くなるのが普通なのです。

精子や精液は個人差はありますが、約2日から3日程度で精嚢に満タンになると言います。

そこで勃起力をフルにするコツとして、セックスの2,3日前からはオナニーを禁止にすると効果的です。短期のオナ禁ですね。

玉袋にたっぷりの精子や精液を溜めこんで、しかも3日分の禁欲生活がここ一番で性的興奮をマックスにしてくれます。

普段から性欲や勃起力に不安のある方には是非おすすめです。

本番以外を重視する(前戯、キスなど)

キス 前戯

マンネリ化したセックスでは、前戯やイチャイチャタイムのないセックスがよくみられます。

これは女性側が物足りないだけではなく、実は男性側にもトラブルが生じやすいのです。

つまり性的な興奮状態を十分に高めないで本番をすれば、途中で勃起力が減退し、中折れを起こしてしまう可能性が高くなるのです。

また相手を満足させる精力も発揮できない可能性が高くなれば、それだけ自分の精神面でもデメリットです。

よく淡白なセックスと女性が男性のセックスを評価しますが、さっさと射精を済ませて終わりでは女性も不満が募るばかりです。

そこでED予防のためにもセックスでは前戯を楽しんでしっかりと性的興奮を高める様にしましょう。

前戯で勃たなかったペニスも、そのうち前戯中に勃起出来るようになるかもしれません。

素直に緊張してうまくいかないことを事前に打ち明ける

打ち明ける セックス

性的未熟者に限って、プライドが高いばかりにセックスで惨めな結果になる事があります。

強がって焦っている自分を誤魔化していては、とてもセックスを楽しむ余裕はありませんし、緊張のあまり勃起できない心配もあります。

そこで初体験や久しぶりのセックスの時に過度の緊張をしている場合は、相手の女性に素直に話してみると良いでしょう。

おしゃべりなどをしているうちに、自然と緊張は解けていきます。本心を打ち明ける事で、互いを労わり合う良いキッカケになり、結果的に女性も協力してくれて気持ちがいいセックスを出来るかもしれません。

こういったコミュニケーションはセックスを満足のいくものに変える力があるものです。

実は女性もそういった男性からのアプローチを待っている場合だってあるのです。

 

誰にでも緊張のあまりにセックスで勃起できない時はあります。今はセックスの猛者たちも、初セックスの頃は緊張したはずです。

そこでトラブル回避のために、前もって緊張している事を打ち明け、ちょっと心配だと女性に助け船を求めると良いでしょう。

意外と大半の女性は上手くサポートしてくれますし、例え失敗しても事前にわかっていれば責めるようなこともないはずです。

失敗してもいい女性で練習しておく

緊張して勃起しない 対策

言い方に語弊はあるかもしれませんが、要はセックスで失敗してもイイ、カッコ悪い姿を見せても構わない女性を相手にセックスの練習、勃起させる練習をしておくのも効果的です。

そうすることで、徐々に自分のセックスへの自信を取り戻せる可能性があります。特に女性経験が少ない男性や初体験から日が経たない男性にはおすすめです。

何といっても場慣れは大事で、慣れてしまえばいちいち緊張することもなくりますからね。

僕も今でも、ちょっとセックスの間隔が開いたり、これは!と思う狙っているいい女と遊びに行く前には風俗(ソープ)に行ってよく練習(というか勘を取り戻すみたいな)に行ってます。

やっぱり奥さんや彼女、初めてエッチする女性には出来ないことも、風俗の女性には思い切りできたりするじゃないですか^^。本当はそういうセフレが何人もいればベストなんでしょうけど。

ともかく、自分がセックスを思い切り楽しめる場所、例えば風俗などで勃起の練習をしてみましょう。

別に勃起できなくても誰も責めませんし(むしろ内心、風俗嬢は喜ぶくらいです)、アナタも過度に傷つく必要もありませんよ。かかるのはお金くらいです^^;

即効性のある精力剤を飲んでおく

精力剤を飲む セックス前

究極の方法ですが、即効性を求めるのであれば、医薬成分が入ってある精力剤(バイアグラなどのED治療薬)をセックスの前に飲んでおくのも効果的です。勃起させるためにはリスクもありますが、最も確実にちんこをたたせる方法でしょう。

ただし、薬局やドラッグストア、コンビニなどで売っているような精力剤(精力ドリンク)では無意味です。あくまで医薬成分が配合されているバイアグラなどのED治療薬でないと即効性は全く期待できません。

バイアグラやレビトラ、シアリスなどの国が認めた勃起薬(ED治療薬)は日本では医師の処方箋が必要となります。病院に行くのがちょっと抵抗があるという男性は海外の薬局から購入すれば処方箋なしで購入することも可能です。最近ではバイアグラなどもジェネリックが登場しているので以前より安価で購入できます。

ただし、個人で海外から購入する場合は偽造品のデメリットもあります。また、心臓系の持病などお持ちの方は飲むことが出来ませんし、そうでない男性でも副作用のリスクがありますので、1度専門医に診断してもらってから、購入することがおすすめです。

まとめ~決して独りよがりにならずに、セックスを楽しむ

緊張して立たない まとめ

過度の緊張をしてしまう場面は人それぞれですが、共通している点は緊張がED(勃起不全)を引き起こさせるという事です。

これはセックスの経験の浅い10代や20代などの若い男性によく見られる傾向で、勃起しないことへの焦りが増せばそれだけ事態は深刻化してしまいます。

そこでいかにセックス前とセックス中での緊張を解く工夫が必要となります。

簡単な対策だとセックス前にお酒を少し飲むとか、勃起しやすくなるためにオナ禁しておくなどの方法も有効ですし、気持ちの持ち方ひとつでも自信を高める事ができます。

そうすれば、自分が卑屈になりそうな程、ステキな女性を相手にしても、勇気ややる気が湧いてきて、臆せずにセックスを楽しむ心の余裕が湧いてきます。

 

また、どうしても不安が解消されない時は、素直に相手に自分の心情を話してみるのも効果的です。

互いに信頼し合っている事が分れば、女性としても嬉しいものなのです。

セックスでの緊張を解くポイントは決して独りよがりにならずに、セックスを楽しむ事ですね。

あまり女性を満足させることばかりに意識を集中させずに、自分が今、目の前の女性とのセックスを楽しんでみてください。

早漏でも仮性包茎でも、短小ペニスでもいいじゃないですか!自分の本能むき出しに勃起したペニスを挿入して好きなだけ腰を振ってみましょう(^^♪

本来、セックスは楽しい行為なのですから。

それでも、どうしてもダメな場合はバイアグラなどのED治療薬の力を一時的に借りることもアリだと思いますし、ED専門のクリニックで医師に相談してみることが手遅れにならずに済む方法でしょう。