オナホ おすすめ ランキング

せせりたつおせせりたつお

今回はこれからオナホを初めて使ってみたいけど、どれがいいのかわからない・・・。

そんなオナホビギナーの為にオナホの最低限の選び方や初心者におすすめのオナホールをランキングで紹介しています。

オナホは手コキに比べると比較にならないほどの気持ちよさがあり、モノによっては女性のアソコより気持ちいいとすら思うことがあります(ホントに)。

ぜひ、これを機会にオナホの世界を体験してみてください。

きっと手でシコシコとオナニーをやっていたあの頃が馬鹿馬鹿しくなるでしょう(^^♪

目次

オナホ歴15年の俺が教える初めてのオナホの選び方

初めてのオナホールの選び方

初めてオナホールを購入する際に選ぶポイントは3つだけチェックすればOKです。

  • 価格は2000円前後くらい
  • 非貫通型のオナホを選ぶ
  • 使い捨てより繰り返し使えるオナホール

まず、オナホールの価格ですが安すぎず高すぎず、だいたい2000~3000円前後くらいのオナホを選ぶと無難です。

中にはワンコインで買えるようなオナホもありますが、劣化が早い傾向にあり、逆に数万円するようなオナホ(据え置き型)も相性が悪かった時の経済的なダメージが大きいので初心者には向きません。

また、オナホには主に貫通型と非貫通型という形状の2種類があるのですが、よりリアルかつ気持ちよさを考えると非貫通型がおすすめですね。

さらに、同じ非貫通型のオナホでも大きく「まったり系」と「ハード系」に分かれるのですが、これは好みで構いません。

じっくり長くオナホを楽しみたい男性は「まったり系」、ギュッと締め付ける感じでよりオナホールでの快感を強く味わいたい男性は「ハード系」を選ぶといいでしょう。

基本的にはこれら3つの条件に加えて、販売店の口コミレビューなど参考にしながら、売れ筋のオナホを選べば初心者でも失敗することは少ないです。

ちなみにオナホにはTENGAなど使い捨てのオナホもありますが、日常のオナニーでオナホを使用するのであればコストがかかってしまうので、繰り返し使えるオナホが断然コスパ的にはおすすめです。

⇒オナホールの正しい使い方についてはコチラの記事をどうぞ!

 

失敗しない初心者におすすめのオナホ人気ランキングTOP10

せせりたつおせせりたつお

では、実際にオナホール初心者におすすめの人気オナホをランキング形式で紹介します。

  1. 17 セブンティーンボルドー

    17 セブンティーンボルドー

    初めてのオナホ選びでおすすめなオナホールは超人気のオナホ「17 セブンティーンボルドー」です。

    この「17 セブンティーンボルドー」はセブンティーンシリーズの第三弾のオナホになります。非貫通型ですね。

    女性器の造りにはリアリティがあり、内側や子宮は非常に精巧。

    用いられている素材も特殊なもので、まるで人間の肌のような触り心地です。

    ペニスを挿入すれば、ねっとりと絡み付いてきますし、優しく包み込まれているような感覚が楽しめます。

    また、バキューム感もそこそこ強いので、ねっとりとした感覚が味わえると同時に、強めの刺激も感じられます。

    中に指を入れていただければ分かるのですが、非常にきつい吸い付き具合となっています。

    口コミ評価も高く、使用すればやみつきになるオナホールであること間違いなしです^^

  2. ヴァージンループハード

    ヴァージンループハード

    ねっとりとした優しい刺激や、時間をかけてオナニーをするのは好きじゃない!

    オナホールに求めるのは強い締め付けや強い刺激だッ!

    そんな、刺激的なオナホールが好きだというアナタには、非貫通型「ヴァージンループハード」がおすすめです。

    ギュッと締め付けるオナホの圧力でペニス全体をしっかりと刺激することができます。

    ちなみにこのオナホールを使用する際にはローションの量はいつもより少し多いほうがいいでしょう。そうでないと、ペニスが大きい人は少し挿入時に窮屈かもしれません。

    また、この「ヴァージンループハード」はオナホールにありがちな嫌な臭いや触った時の油っぽい感じも比較的少なく、使用後は洗いやすくて耐久性も抜群です。

    同じくらいの価格のオナホに比べて「ヴァージンループハード」は断然長持ちするので、毎日のようにオナホールでオナりたいという男性におすすめできます。

    ただし、早漏気味の男性は締め付けがいいので、挿入後すぐにイっちゃう可能性もあるので17のようなマイルドなオナホールがいいかもです^^

  3. 温泉欲情

    温泉欲情

    温泉欲情」は内側にある螺旋状の精巧なひだが、男性器全体をしっかりと刺激してくれるオナホールです。

    オナホールの奥に挿れれば挿れるほどきつくなり、ぴったりと密着してくるような造りが癖になる名器。

    そのため、ペニスの先端までぴったりと絡み付くので、オナホールから抜き出すときに得られる快感は抜群です。

    どの角度から挿入しても、満足できる快感が得られるでしょう。

    また温泉欲情は素材もなめらかなものが用いられており、女性器のしっとり感が再現されています。

    刺激は比較的強めなのですが、ゆったりと時間をかけたオナニーができる独特なオナホールです。

    ちなみに長さも15.5cmセンチあるので、ペニスが大きめの男性でも奥まで完全に挿れることができるでしょう。

    長くオナニーを楽しみたい方にも、強めの刺激で早く気持ちよくなりたい男性にもおすすめができるオナホールとなっています。

    ただし吸い付きや締まりはそれほどきつくないので、強い締め付けを求めている人には物足りないかもしれません。

  4. ふわトロめいき

    ふわトロめいき

    ふわトロめいき」の特徴としては、他のオナホよりも非常に柔らかく絡み付いてくる肉の感覚が特徴的なオナホです。

    オナホールに挿入すれば男性器が優しく包み込まれます。

    内側の柔らかい肉を掻き分けていく感覚は他のオナホでは味わえません。

    刺激はそれほど強くありませんが、しごけばしごくほどゾワッとした心地よさに体が震えるでしょう。

    「ふわトロめいき」は根元から先端までじっくりと快感を与えてくれるような、そんなオナホールになっています。

    また、品質が高いだけでなく「ふわトロめいき」は耐久性があるので何度でも使うことができるのでコスパも抜群。

    このオナホ1つで、満足がいくオナニーライフを長く味わうことができることでしょう。ゆったりとしたオナニーが好みの方におすすめです。

  5. こちら布袋駅前つるぺたガール研究所

    こちら布袋駅前つるぺたガール研究所

    射精に至るのに時間がかかってしまうような男性や、強い刺激に慣れている男性でも、使った途端に絶頂を迎えイってしまうこと間違いなしのオナホが「こちら布袋駅前つるぺたガール研究所」です。

    パッケージにも載っている通り、ロリ系のオナホールになっています。

    オナホールに挿入すると幼い女の子と交わっているような、そんな感覚になれる逸品です。

    そのためオナホの全長も短めであり、ペニスが小さい男性でも問題なく奥のポルチオを突くような挿入をすることが可能です。

    また、内側はきつめになっていて、突起やひだも精巧に作られており、しっかりとペニスに絡み付いてきます。

    こちら布袋駅前つるぺたガール研究所は、圧力や抵抗感で、非常に強い快感が得られるようになっているのもおすすめポイント。

    挿入口も狭めであるため挿入するのが少しきついかもしれませんが、そこもコンセプト通りの造りになっています。

    ロリ系好きの男性はもとより、通常のオナホールの刺激に慣れてしまった男性も1度は試してみてもらいたいオナホですね。

  6. 初々しい妹

    初々しい妹

    初々しい妹」は内側がやわらかく肉厚なのが特徴的なオナホです。

    重さが400グラムもあり、他のオナホとは内側の肉厚感がまるで違います。

    比較的大型なオナホールですが、挿入することで実際のセックスを彷彿とさせるような感覚と、絡み付いてくるような締め付け感が得られるでしょう。

    名前から分かるように、幼い妹の女性器のように作られたオナホールで、使用時の興奮度も高いです。

    そして、他のオナホとの決定的な差は、最初は硬めにも関わらず次第に柔らかくなるところにあります。

    挿入してすぐはきつい締め付け感を、しかし奥のほうに挿れれば挿れるほど、男性器全体が包み込まれるようなやわらかい刺激へと変化していきます。

    ねっとりとしたオナホールが好きな人におすすめしたいのが「初々しい妹」ですね。

  7. オナホ妖精

    オナホ妖精

    オナホ妖精」の特徴は、ずばりその造りです。

    オナホールの挿入口だけでなく、奥のほうでもしっかりと快感が得られるように設計されています。

    オナホールの奥のほうへ男性器を挿入すると、オナホールの形状が変化するという、少し変わった造りになっています。

    大きさも他のオナホと比較すると小さめで、ペニス全体にまとわりついてきて、じっくり刺激してくれます。

    また「オナホ妖精」は、耐久性も高いので何度使用しても得られる気持ちよさはそのままです。

    コストパフォーマンスが高いので、毎日のようにオナホールを使ってオナニーをしているという方におすすめです。

    まとわりついてくる感覚を味わうのが好きという方も、一度試してみてほしいオナホールの1つです。

  8. 極生腰

    極生腰

    極生腰」は女性の膣だけでなく、腰回りまできっちりと作られている据え置き型のオナホールです。

    非常にリアリティがあるので、外観だけで非常に興奮できます。

    膣は非常に精巧であり、実際に存在する膣から型取ったのではないかと思えるほどの出来映えです。

    また、素材が特殊であり、人の肌に極めて似た手触りになっています。

    とりわけ膣の指触りは格別で、実際の性行為に極めて近いオナニーを行うことが可能です。

    さらに「極生腰」は肛門もあり、アナルセックスよろしくとばかりに、アナル独特のきつい締まりを味わうことがあります。

    通常のセックスだけでなく、肛門を用いたアナルセックスに近いオナニーが楽しめるので、アナルファック好きな男性にはおすすめです。

    以上のように、「極生腰」は非常に出来のいいオナホールなのですが、値段は非常に高価であることがデメリットでしょう。

    購入をためらう方も多いかもしれませんが、一度試すと、これなしではオナニーができなくなるほどの満足感が得られることは間違いありません。

    オナホールを毎日のように使っている方や、いろいろ試してみたけれど自分に合ったオナホールと出会えなかった、という方は、「極生腰」を一度購入してみてください。

    値が張るのに売れ続ける理由が分かるでしょう。

  9. 名器の品格・下つき

    名器の品格 下つき

    こちらの「名器の品格・下つき」は、実際の女性器に似せて作られたオナホールです。

    刺激が特段と強いわけではないのですが、実際の女性器に挿入したときのようなやわらかさや、根元まで包み込まれる感覚を楽しむことが可能です。

    また、「名器の品格・下つき」は挿入口の見た目も実物に非常に似ており、締まり加減から外観まで、すべてが女性器そのものに寄せて作られています。

    リアリティのあるオナホが好きだという方や、ゆったりとオナニーを味わいたいという方におすすめです。

    ただし、デメリットとしては「名器の品格・下つき」は油っぽさがあり少々べたついています。

    また、刺激臭もあるので、もし苦手な方は使用する前にまずオナホールを水で洗うと良いでしょう。

    とはいえ、「名器の品格・下つき」には欠点もいくつかありますが、そうした欠点が目立たなくなるくらい、非常に精巧な造りになっているリアルなオナホールです。

  10. ダブルス まったり母とキツキツ娘

    ダブルス まったり母とキツキツ娘

    ダブルス まったり母とキツキツ娘」の他のオナホとの違いは、女性器が2つもついていることです。

    母と娘の親子の女性器を味わえるというコンセプトで作られたオナホになっています。

    母親のほうの女性器は、ひだが男性器にまとわりついてくるようになっており、ねっとりとした刺激をペニスに与えてくれます。

    また、娘の方は挿入口から内側まできつめに作られており、内部の突起が男性器をしっかりと刺激してくれます。

    値段も比較的安めのオナホールであり、貫通タイプのオナホールを探している方は、ぜひ一度試してみてください。

    何度でも使いたくなること間違いないですし、女性器が2つもあるので、飽きずに使うことができるでしょう。

オナホには絶対に欠かせないアイテム!初心者おすすめのローション3選

せせりたつおせせりたつお

オナホールでオナニーをする際に必須なのがローションです。

快感を味わうためだけではなく、ペニスへのダメージの軽減なども含めて必ずローションは使用してください。

「どんなローションを使っても一緒でしょ?」と思う男性も多いのですが、実はどんなローションを使うかによって、オナホールで得られる気持ちよさは劇的に変化します。

オナホールを試せば試すほど、潤滑油としてのローションの大切さが分かるようになってくるはずです。

ローションはいろいろなメーカーが販売しており、バリエーションも豊富にあります。

粘性が高く、ねばねばしたローションや、肌触りのいい、さらっとしたローション、さらには、ナホールのために開発されたオナホ専用のローションまであります。

どのような成分かで触ったときの感覚がずいぶん違ったものになるので、購入する際は成分を確認してみるといいでしょう。

  1. ペペローション 360ml

    ペペローション 360ml

    ローションの中で一番知名度が高いのは、こちらの「ペペローション」ではないでしょうか。

    ペペローションを知らない人はローションのことを何一つ知らないと言ってもいいくらい、超メジャーすぎるローションです。

    ペペローションは容量も多く、一度にたくさん使っても長持ちするので、コストパフォーマンスはかなり高めです。

    粘性は他のローションと比べると高めなのですが、薄めて使えば自分好みの手触りにすることが可能です。

    また水に溶ける性質があるので、服や物に誤ってついてしまっても、きれいに洗い流すことができます。

    薄めずに用いるで刺激が少なくなりますし、薄くして用いることで、オナホールの内側をしっかりと味わうことができるようになります。

    あれこれ試行錯誤しながら使いたいという人におすすめできるローションとなっています。

    また、今ままでローションを使ったことがないという人にも優しいローションだと言えるでしょう。初めてのオナホで使うローションはぺぺで決まりですね。

  2. おなつゆ

    おなつゆ

    あらゆるオナホールに合うローションがこちらの「おなつゆ」です。

    どのような造りのオナホールにも合う万能タイプのローションですが、内側が緩めのオナホや、まったりとしたオナニー向きのオナホと特に相性がいいローションです。

    そのため、オナホールを使ったことがない初心者の男性にも使ってほしいローションの1つだといえますね。

    他のローションと比較すると「おなつゆ」は薄めで、触れた感覚は非常に緩めです。

    しかし、伸びがいいのでオナホール全体に簡単に馴染ませることが可能です。

    また、潤いも長いこと持続するので、まったりとしたオナニーをしたい方に特におすすめできます。

    使いやすいので、ぜひ一度試してみてください。リピートしたくなること間違いなしです。

  3. さいおな無香ローション

    さいおな無香ローション

    満足度の高いオナニーライフを実現するために製造されたオナニー専用ローションが、こちらの「さいおな無香ローション」です。

    「さいおな無香ローション」は、粘性はそれなりで塊になりにくく、適度な量を取り出すことができます。

    また、糸を引くこともないですし、べったりとした感じも薄いです。

    たくさん使わなくてもしっかりとした滑りが出せますし、乾燥しにくいので途中で足したりしなくても長い間、オナニーにふけることができます。

    さらに、臭いもないので、匂いがするタイプのローションが苦手な方には特におすすめです。

    使い終わったあとはティッシュなどでさっと拭うことができるので、後始末も非常に簡単。

    「さいおな無香ローション」もオナホール初心者の方におすすめできます。

いちいち使った後にオナホを洗うのが面倒な方や衛生面が気になる方はコンドームを使おう!

オナホール コンドーム おすすめ

毎回、オナホを使った後に洗うのが面倒な方やオナホの衛生面が気になる方はコンドームを使ってオナニーするのがおすすめです。

実は僕もオナホを使う際にはコンドームをペニスに装着してからオナニーする派です。

コンドームを使ってオナニーするメリットは僕が考えるに3つあって、1つはオナホを洗わなくていいこと。オナホに自分のペニスを生で挿入するわけではないので、精子で汚れることもありません。オナホ内のローションはぺぺの洗い不要のローションを使っているので、別に毎回洗う必要がないんですよね。

2つ目はそれに付随しますが、生でオナホにペニスを挿入しないので衛生面でも安心です。

さらに、分厚めのコンドーム(0.1mm)を使うことでオナホの刺激を少し緩和することが出来て長くオナニーを楽しめる上に、早漏防止のトレーニングにもなります。

ですので、コストがかかるというデメリットはありますが、面倒臭がりの方などにはコンドーム着用のオナホオナニーはおすすめですね。

コンドームと言えばオカモトやサガミオリジナルといった超メジャーなコンドームメーカーがありますが、毎日のオナホオナニーに使うなら業務用の超お得なコンドームのパック買いがおすすめですよ(^^♪

オナホ選びに迷ったらココ!人気のオナホメーカー3選

メンズマックス(Men’sMax)

どのオナホを使ったらいいのか分からない場合はこのメーカーにしておけばいい!というくらい有名なのが、このメンズマックスシリーズです。

オナホールを複数所持しているヘビーユーザーからも、非常に高い満足感が得られると好評です。

使用後も、裏返してきれいにすることができるので、オナホールを使ったことがない人でも簡単に掃除することができます。

また、外観も非常におしゃれであり、家に置いてあってもオナホールだと分かりにくいところもよいですね(そもそも見つかっちゃダメですけどね)。

初めてオナホールの購入を検討している殿方や、オナホールの隠し場所に難儀している方は、ぜひこちらの製品を購入してみてください。非常におすすめです。

テンガ(TENGA)

オナホといえば、一番知名度が高いのはこのテンガ(TENGA)ではないでしょうか。

評判が評判を呼び、非常に売れた使い捨てのオナホルールです。

このオナホールの特徴はずばり!使い捨てでなおかつ洗練されたデザイン性でしょう。

使用後に洗わなくてもいいというのは非常に楽で、オナホールを買ったことがないけど、1度試してみたいといったライトユーザーにはおすすめできます。

価格もワンコイン程度と安いので、気軽に快適なオナニーを行えます。

また、テンガ(TENGA)は使い捨てだけではなく再利用できるタイプも発売しているので、長く使用したいという方のニーズにも答えてくれます。

テンガ(TENGA)は他のオナホールよりも掃除しやすい造りになっているので、どのオナホがいいかで悩んでいる方は、まずテンガ(TENGA)を選ぶという選択肢もアリでしょう。

それくらい安定感のあるオナホです。ぜひ手にしてみてください。テンガ(TENGA)を知らずしてオナホを語れませんからね。

トイズハート

トイズハートはオナホールの販売を手掛けている有名企業です。

トイズハートの有名なオナホだと、初心者向けのオナホランキングでも1位で紹介したセブンティーンシリーズがあります。

他にもロリ系で刺激が非常に強いオナホールなどもあり、様々なバリエーションのオナホールが売られています。

トイズハートの公式ホームページを見れば分かるのですが、非常に種類が豊富ですし、人気のオナホをたくさん手掛けているだけあって各販売店でも口コミレビューがたくさんあるので参考になります。

個人的にもお気に入りのオナホールが多くあるメーカーで、初心者からオナホヘビーユーザーまでおすすめできる有力メーカーの1つです。

オナホを購入できるショップはどこがあるの?安心して買えるお店はこの4つ

せせりたつおせせりたつお

初めてオナホを購入する際には大手のショッピングモールでアダルトグッズの取り扱いがある「FANZA通販(旧DMM.R18)」「Amazon」、もしくは専門のネット通販ショップで人気の「NLS」や「エムズ」などアダルト専門ショップが良いでしょう。

オナホールの品揃えはもちろんですが、コンビニ受け取りや営業所止めなど誰にもバレずに購入して受け取ることが出来て、さらに支払い方法なども豊富に取り揃えています。

どのショップも基本的には価格は定価よりも安く販売していますが、各ショップでセールを行う時期が違うので、その都度、まとめて購入するのがおすすめです。

Amazon

Amazon

一般の大手ショッピングモールでオナホを始めとするアダルトグッズを取り扱っているといえばやっぱり「Amazon」ではないでしょうか。

単純にオナホを購入している男性の人数だけならアマゾンが1番でしょう^^;

大手だけあって配送の早さや価格、品ぞろえなどは文句なし。何よりアマゾンという大手ならではの安心感があるのは初めてのオナホユーザーにとっては大きなメリットですよね。

ただ、デメリットとしては商品によって出品者が違うこと(※Amazonの販売ではなくマーケットプレイス)、コンビニ受け取りや郵便局留めなどの配送方法が使えない点がネックです。

その点を気にしないのであれば初めてオナホを購入する方には、Amazonはおすすめの購入先だといえるでしょう。

FANZA通販(旧DMM.R18)

FANZA通販(旧DMM.R18)

言わずと知れた超大手の「FANZA通販(旧DMM.R18)」です。

アダルト動画やVR、DVD通販と日頃のオナニーネタでお世話になっている男性はかなり多いかと思いますが、意外とアダルトグッズの取り扱いがあることを知らない方も多いです。

FANZA通販(旧DMM.R18)では、オナホールはもちろん、ローションやコスプレ衣装、コンドームやラブドールまで一通りのアダルトグッズを揃えています。

Amazonと同様に大手という安心感や支払い方法なども多岐に渡る点がオナホール初心者の方にはメリットですね。

個人的には半額セールの時などにまとめ買いするのに使っています。

アダルトグッズショップNLS

NLS

アダルトグッズのネット通販といえば「NLS」というくらい有名なアダルト専門の通販ショップです。

品揃えや価格、当日配送などはもちろんのこと、アダルトグッズ専門店だけあって、二重包装やコンビニ受け取りなど誰にもバレずに購入するという点での気遣いは相当なものです^^

アマゾンやDMMよりも価格が安いグッズも多く、オリジナル商品なども手掛けており、大手にはない良さがあります。

購入後の対応など総合的に含めてアダルトグッズを購入するなら断トツでおすすめなのはNLSですね。もちろん、初めての方にもおすすめです。

大人のデパート エムズ

エムズ

こちらも「NLS」と並ぶアダルトグッズ専門の人気のショップ「大人のデパート エムズ」です。

秋葉原を初めとして関東に実店舗が7店舗もあるのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

何を隠そう僕が初めてオナホを購入したのもエムズですし、今でもオナホだけでなく電マやローターなどありとあらゆるアダルトグッズを購入する際に使っています。

品揃えや価格、オリジナル商品やレビューの数、当日配送やプライバシーに配慮した梱包や配送など全ての面において文句なしのアダルトグッズ専門の通販ショップです。

購入するサイトの作りもキレイでわかりやすくて個人的にも気になっています。実店舗があるのも初めてオナホールを購入する方には安心なのではないでしょうか。

NLS同様にアダルトグッズを購入するならかなりおすすめのショップです。

初めての方でも安心!オナホなどアダルトグッズ購入の際の注意点を確認する

実店舗よりもネット通販(オンラインショップ)が断然おすすめ

オナホールなどアダルトグッズを買いたいと思っている場合、実店舗よりもオンラインショッピングで購入することをおすすめします。

実店舗よりもネットの方が品揃えが揃っている上に安いことが多く、配送に関しても上記で紹介したような通販サイトであれば当日、ないしは翌日配送であることがほとんどです。

なにより店員さんや他のお客さんの視線が気にならないのもネットショップならではのメリットです。

そもそも地方に住んでいると近くに品揃えがいいアダルトグッズショップなんかないですよね。

ネットでオナホを購入する際の注意点としては、氏名やクレジットカードをはじめとした個人情報の入力をする必要があるので、メジャーな販売店を選んで注文するのがよいでしょう。

上記で紹介したエムズやNLS、またAmazonやFANZA通販(旧DMM.R18)であれば全く問題ありません。

配送伝票の商品名を変更することを忘れない

上記で紹介したアダルトショップの場合はプライバシーに関する配慮はかなりのものですので基本的には何も気にしなくても配送の段階で他人に中身がバレるようなことはありません。

商品名や発送元は全く別の表記になっていて、アダルトグッズだとばれないように送ってくれます。

とはいえ、なるべく自分がいる時間帯に届くようにしておくのがベターではあります。

仮に上記で紹介したような大手のアダルトグッズショップ以外のネット通販で購入する場合は配送伝票の商品名を変更できるか必ず確認しておきましょう。

もし出来ない場合は、営業所留めや郵便局留め、コンビニ受け取りなどが可能かも確認しておくべきです。

クレジットカードよりは代引きの方が安心

念には念を押すのであれば、クレカよりも代引きなどの方が安心です。

というのも、クレジットカードを使用して購入すると、クレカの明細に企業名が載ります。

一見するとアダルトグッズの企業だとは分からないように配慮してくれていますが、奥さんなどに何を買ったのか問い詰められた場合やネットなどで調べられた場合には、白状することになってしまうかもしれません。

そうなると人生おしまいですよね。

なので、ほんの少しでもバレる可能性を減らしたいのであれば、代金引換やコンビニ払いなどで注文するようにしましょう。

郵便局留めや宅配便営業所留め、コンビニ受け取りを利用する

自分が不在のときに配達されてしまうと、家の人が勝手に中身を見てしまう恐れがあります。

もし見られてしまった場合、どうしようもありません。実はオナホなどアダルトグッズを買ったときに家族にバレてしまうのは、このパターンがかなり多いそうです。

なので、より確実にバレないようにするために、郵便局留めや配達業者の営業所止め、コンビニ受け取りなどを活用し、自分で取りに行ったりするようにしましょう。

少々手間かもしれませんが、身内に知られるよりはよほどいいでしょう。

おさらい!初心者が知っておくべきオナホールの選び方

2000円程度のオナホを購入する(安すぎるのは買わない)

オナホの選び方 価格

オナホールは高いものから安いものまで幅広く存在しています。オナホの中には3~4万円を超えるものがあったりします。

かと思えば、300円程度で購入できるオナホもあったりします。

高いオナホは当然ながら質が高く、オナニーのときに得られる気持ちよさも素晴らしいものに違いない、と考える人も多いかもしれませんが、値段と得られる快感は必ずしも比例しません。

なので、最初に購入するのであれば、2000円~3000円程度のオナホにしておくのが無難で失敗しづらいのでおすすめです。

初めてオナホを使うオナホ初心者の男性にとっては、まずはオナホールがどういったものか知ることのほうが大切です。

とはいえ、あまりに安すぎるオナホには手を出さないようにしてください。

全てとはいいませんが、安すぎるオナホはそもそも男性器を根元まで挿れられなかったり、流し込んだローションが漏れてきたりと、オナニーに集中できない可能性があります。

2000円程度のオナホであれば、最低限の品質は保たれていることが多いので、それくらいの価格帯のオナホを購入するようにしましょう。

非貫通型のオナホがおすすめ

オナホの選び方 非貫通型

オナホールには貫通タイプと非貫通タイプのオナホが存在しています。

ここで推奨するのは非貫通タイプのオナホです。

ネットショップなどでオナホールの商品ページを見ていただくといいのですが、内側の造りがどうなっているか、画像で見ることができます。

清掃面では貫通型のオナホの方が洗いやすく衛生的にも良いですが、実際のセックスに近い快感ということであれば非貫通型のオナホの方が断然優れています。

また、貫通タイプのオナホだと、射精した際に精液が周りに飛び散ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

じっくり楽しみたいなら「まったり系」、強い快感なら「ハード系」のオナホを

オナホの選び方

オナホールについて検索していると、まったり系とかキツキツ系、ハード系といったオナホールの用語を目にすることが多いと思います。

これはオナホールの分類についての用語です。

オナホールに男性器を挿れたときの感触や、オナホールの外形、どういったコンセプトで作られているか、といった点から分類分けされています。

いくつか例を挙げてみましょう。

たとえばまったり系オナホールだと、時間をかけてオナニーができるように作られており、内部の刺激も穏やかな造りになっています。

また、ハード系オナホールだと、挿入口や内側が狭めに造られており、強い締め付けが味わえます。

ほかにも、実際の女性器に似せて作られたリアル系のオナホや、女性の口をイメージして作られ、フェラされている感覚が体験できるフェラ系のオナホ、さらには幼い女の子がコンセプトのロリ系のオナホなど、幅広いジャンルのオナホールがあります。

その他にも内側の造りによっても分類分けされたりします。

ですが実をいうと、オナホールの分類に明確に決定された基準のようなものは存在しません。

オナホを利用した人たちのあいだで勝手にジャンル分けされることもあれば、販売元の企業が自らこういうジャンルですと言っていることもあります。

この分類のオナホールはどういう特徴なのか。それを把握するには、自分で実際に使ってみるほかはありません。

インターネット上の評価だけを読んでも、なかなかよく分からないことが多いのが現状です。

なのでいろいろオナホールを試してみるうちに、自分に合ったオナホールが見つかると思います。

とりあず初めてオナホを購入する際には長くじっくりオナニーを楽しみたい方は「まったり系」オナホール、ギュッと締め付ける感じでよりリアルに強い快感を味わいたい場合は「ハード系」オナホールを選ぶといいでしょう。

⇒オナホールの正しい使い方についてはコチラの記事をどうぞ!

 

オナホの形状から自分の求めるオナホを選ぶ

せせりたつおせせりたつお

どのオナホールにするかを決める際に大切なことの1つは「オナホの形」です。

ペニスに被せ上下にしごく非貫通型オナホールや、寝具やクッションの上に置いて用いる据え置き型オナホール、最近人気の自動で動いてペニスに刺激を与える電動型オナホールをはじめとし、カップ型や手コキ型、フェラチオ型など、オナホールにはたくさんの形があります。

自分がどのようなオナニーをしたいのか、それによって買うべきオナホールの形状は異なってきます。

ここでは、オナホのそれぞれの形の特徴や性質などを述べていきたいと思います。

非貫通型オナホ

オナホ 非貫通型

「非貫通型」オナホールとは男性器に被せ、しごいて使うタイプのオナホです。

極めて一般的なオナホの形で、オナホの大半はこの形をしていると言っても過言ではありません。

普通、オナホールといえばこの形を思い浮かべる人も多いでしょう。

内側には突起などがあり、ペニス全体に刺激がいくような構造になっています。

また、内側の空気を排出することで、内側が男性器に密着し、より強い快感を得られることが可能です。

数が多いだけあって「非貫通型」のオナホはバリエーションも様々で、安価なものも多数あり、オナホールを使ったことがない人は、「非貫通型」のオナホを購入すればいいでしょう。

「非貫通型」オナホールはシンプルで使いやすいので、初めての方にも非常におすすめです。

貫通型オナホ

オナホ 貫通型

オナホールには、挿入口だけでなく先端にも穴があるタイプのものがあります。

これが「貫通型」と呼ばれるオナホです。

こちらの貫通型タイプのオナホを用いた場合、男性器をすべて挿れると当然ながら構造上、男性器が突き抜けます。

ペニスの出入りがばっちり見えるので、臨場感にあふれたオナニーをすることが可能です。

利点として、オナホールの手入れの楽さが挙げられます。

二つの穴から水を流し込めるので、洗い残しが生じにくくなります。

逆に欠点としては、先端にも穴があるので、注意していないと射精したときに精液で周囲が汚れる可能性があることです。

避妊具を用いれば防ぐことができますが、刺激そのものが弱めなので、避妊具を使うと気持ちよさが減ってしまいますし、コストもかかってしまいます。

他にもバキューム効果などもないので、得られる快楽は他のタイプのオナホと比べるとどうしても弱くなってしまいます。

据え置き型オナホ

オナホ 据え置き型

こちらの据え置き型タイプのオナホは大型で、寝具やクッションなどの上に置いて用います。

貫通タイプのものを大型にしたものや、女性のお尻周りを再現したものなど、バリエーションは豊富です。

また、女性器だけでなく、肛門が備わっているオナホも存在します。

据え置き型のオナホでは全身を使ってオナニーをすることになるため、本当のセックスに限りなく近いような興奮を楽しむことが可能です。

しかし大型ゆえにどうしても値が張り、質のいいものだと数万円はします。

通常のオナホールで散々シコってきた男性や、より興奮できる本物の女性に近いオナニーがしたい方は、据え置きタイプのオナホを選ぶとよいでしょう。

オナホールが初めての方は将来の楽しみとしてとっておきましょう(^^♪

カップ型(使い捨て型)オナホ

オナホ カップ

こちらのカップ型のオナホは内臓的には非貫通型とほとんど同じですが、大きな違いは「使い捨て」のオナホであることです。

そのため、使用後に手入れをする手間がかかりません。さらに、一個当たりの値段は他のタイプのオナホールに比べて抑えられています。

しかし、再利用ができないため、日々のオナニーに使用する場合はコストがかかってしまうのが最大のデメリットです。

ですから、とりあえず1度、オナホールがどういったものか試してみたいという初めての人や、普段のオナニーには使用しない方にはおすすめできるタイプのオナホールです。

僕のように日常のオナニーのたびにオナホールを使うという場合は、再利用が可能なタイプを選ぶようにしましょう。

ちなみに、容器の中にスポンジなどをはめ込んだ簡易的なオナホールもありますが、こちらはオナカップと呼ばれています。

手コキ型オナホ

オナホ 手コキ

手コキ型のオナホールは内側に突起などがある袋状の本体をペニスに被せ、上下させて用います。

他のオナホールと比べる極めて安価であり、使用感も、オナホールを用いるという感じではありません。

いつものオナニーを少し刺激的にするというような意味合いが強い商品です。

そのため、オナホールだと刺激が強すぎる方や、普段のオナニーにもう少し刺激がほしいという方におすすめです。

フェラチオ型オナホ

オナホ フェラ

女性に口でされているときのような刺激を感じられるのが「フェラ型」のオナホです。

非貫通型をベースに人間の口内がよく再現されていて、女性にくわえられているような感じになれます。

吸い付き具合が強力なものが多く、口でされることが好きだという方にはぴったりです。

ただし外観が独特なので、合わない人は興奮できず、気持ちよくなれないかもしれません。

ある意味、使う人を選ぶオナホのタイプだといえるでしょう。

電動型オナホ

オナホ 電動

最近人気で各メーカーも力を入れているのが電動型のオナホです。

電気の力で上下に動いてくれたり、微細な振動で快感をもたらしてくれます。

オナホを自分で動かす必要がなく、挿入すれば勝手にペニスを刺激してくれますし、しごいたときの快感とも通常のオナホールとも、また違った快感が得られるので、癖になる男性も続出しています。

ただし値段は通常のオナホールとは違って1万円以上するオナホが多いです。

また、手入れをサボると故障の原因にもなり得るオナホールなので、購入の際はよく検討してからがいいでしょう。

内部構造から自分に合ったオナホを選ぶ

オナホ 内部構造

挿入口からオナホールの内側を覗き込んでみると、非常に精巧かつ複雑な造りになっていることがわかります。

突起がたくさんあったり、いくつもの溝があったり、言葉にすることが難しいような造りになっているオナホもたくさんあります。

そしてこのオナホの内側が一体どのような造りになっているのかはとても重要です。

なぜなら、オナホにペニスを挿入したときの感覚が劇的に異なっているからです。

ですから自分に合ったオナホールを探すことは今後のオナニーライフにとってすごく大切な事なのです。

では、一般的な内部構造を紹介していきたいと思います。

イボ

オナホールのイボの場合、その大きさは様々です。大きなものが複数ついていたり、小さなものが無数にあったりします。

小さい場合はザラッとした感覚を、大きい場合はコリッとした感覚を味わうことができます。

オナホールには一般的な内部の造りであり、亀頭を強く刺激してくれます。

亀頭を攻められるのがたまらないという方はこちらのタイプがいいでしょう。

ヒダ

オナホの内部にヒダがあるものの場合、内側にある溝が男性器を刺激してくれます。

ヒダの方向も様々で、縦向きと横向きでも味わえる感覚はずいぶん異なります。

オナホを複数買って比較してみてもいいかもしれません。

オナホールの内部のV溝の場合、非常に細かな溝がこれでもかというくらい用意されています。

挿入したとき、ジョリッという独特の感覚を味わうことができます。

微細な刺激を絶えず感じることができるので、好き嫌いが分かれるかもしれないタイプです。

スパイラル

オナホールの内部がスパイラルの場合、内側が捻れています。挿れたとき、男性器全体が刺激されるような造りなわけです。

ただ捻れているだけでなく、突起や溝などが備わっているものもあるので、なかなか刺激的なタイプのオナホールとなっています。

無次元加工

オナホールが無次元加工の場合、内側が非常に狭くなっています。

オナホールに挿れると男性器が非常に強く締め付けられ、内側がまとわりついてきます。

素材によっては、本物の女性器のような、リアルな感覚を味わうことが可能です。

全体をねっとりと包まれているような味わいは非常に特徴的です。

二重構造

オナホールが二重構造の場合、オナホの外側と内側で用いられている素材が違います。

外側はしっかりめ、内側はやわらかめの素材が用いられている場合が多いです。

外側はしっかりとした素材なので持ちやすく、使いやすいです。内側はやわらかめなので、ゆったりとしたオナニーができるでしょう。

バキューム

オナホールの内部がバキュームタイプの場合、強力な吸い付きが特徴的です。

男性器を挿れる前に内側の空気を外へ出しておけば、いっそう強い快感を得られます。

なお、オナホール使用時は大きめの音が出るので、その点には注意が必要でしょう。

ハード系、まったり系、どちらが好みかでオナホを選ぶ

オナホール ハード ソフト

どのようなオナニーのやり方が自分に合うかは人によってずいぶん異なります。

これまで、オナホールの外形や内側の造りについてお話してきましたが、いまいちピンとこない人も多いかもしれません。

そういう人は、自分が普段どのようなオナニーをしているかでオナホールを選択することを推奨します。

オナホールには、男性器を強く刺激して一気に射精へと導くハード系や、ゆったりとした刺激を与えてじっくり射精へと導く「まったり系」のオナホがあります。

合わないタイプのオナホールを用いてオナニーをしてしまうと、射精にまで至れないことだってありえます。

どういったオナニーがしたいのか、どういった刺激が好みか、しっかり決めてからオナホールを選択するようにしましょう。

そうすることで、快適なオナニーを行うことができるでしょう。

ハード系オナホの特徴

オナホ ハード系

射精したときの気持ちよさがたまらない、という人に合っているのがハード系のオナホールです。

ハード系のオナホールの素材はしっかりとしていおり、内側が狭いものは多いです。

また、突起やV溝、二重構造のタイプのオナホールが多いのも特徴的です。

吸い付く造りのものもあり、男性器にしっかりと絡み付いてくるようなオナホールも多く、中にペニスを挿れると痛みを感じるほどきついオナホールも中には存在します。

もし初めてハード系のオナホールを購入しようと考えている人いきなり激しすぎる刺激のものではなく、まずはある程度の刺激のオナホを購入する方が無難です。

またペニスが大きい男性は、挿入口が狭すぎてそもそも挿れることができない可能性もありますし、逆に男性器が柔らかい状態でも挿れるのが難しいです。

そしてハード系のオナホの刺激に慣れて多用しすぎると場合によっては普通のセックスでイケない、膣内射精障害の原因にもなることがありますので気を付けましょう。

とはいえ、ハード系のオナホの気持ちよさは女性のアソコを超えるほど?の快感を覚える場合もあるので、病みつきになること間違いなしですね^^

まったり系オナホの特徴

オナホ まったり系

おちんちんをこすっているときの気持ちよさがたまらない、という人に合っているのがまったり系のオナホールです。

まったりソフト系のオナホールで用いられている素材はやわらかめで、内側のスペースが広めのものが多いです。

また、オナホールは無次元加工のものが多く比較的大型に作られており、男性器全体をしっかりと刺激することができます。

全体を優しく包まれているような、そんな感覚を味わえるでしょう。

ただし刺激は抑えめで、射精に至るまでに少々時間を要します。

また、挿入口も広めに取られているので、男性器の大きさによっては刺激が弱くなってしまい、思っているような快感を得られない可能性もあります。

そして、まったり系のオナホはやわらかい構造なので壊れやすく、すぐ劣化しやすい傾向があることも理解しておきましょう。

個人的にはオナホを選ぶ際にはまず初心者はまったり系のオナホールを選ぶ方が無難だと思います。

また、長くオナホによって亀頭を刺激し続けることで射精時間を長くすることは早漏防止にも繋がるトレーニングにもなるので一石二鳥ですね。

オナホを選ぶときの注意点

せせりたつおせせりたつお

オナホールを選んで購入する際に気を付けておくべき注意点をまとめたいと思います。

自分に合っているオナホールを選択したはずが、悪臭がしたり、サイズが合わなかったり、すぐにダメになってしまったりすることはよくあります。

せっかくオナホを購入するなら誰しも失敗したくありませんよね。

ですので、継続してある程度の期間オナホールを使うことできるのかどうかや、使用後のオナホールの手入れのしやすさ、そしてオナホそのものの臭いや油っぽさ、重量や外形、耐久度や使用する状況など、見逃しがちなポイントも合わせて述べていきたいと思います。

ただし、オナホールをネットで購入する場合、商品の詳細や口コミレビューなどを読むのは当然ですが、それでも使ってみないとわからないものです。

ですから、何度も失敗していくうちに自分に合ったオナホがみつかっていくものであるという認識の上でオナホを使っていくといいでしょう。

オナホの臭い、油っぽさについて

オナホールは製品によって、なんとも言えない油のような臭いを放っていることがあります。

どういった素材が用いられているかにもよりますが、あまりに強い臭いを放っているものもあり、その場合オナニーどころではありません。

購入前はレビューなどを見て、なるべく臭いがしないものを選ぶようにしましょう。

そのほうがオナホールを買ったときに後悔しなくて済むでしょう。

また、オナホールを手に持ったときにベタつきがあるオナホも存在します。

この場合も不快感のせいでオナニーどころではなくなってしまいます。

手触りに関して言えば、さらさらしているオナホールを選ぶとよいでしょう。さらっとしたオナホールは、触れているだけで気分がよくなります。

手触りには非常に重要なので、こちらもよくオナホール購入前に口コミレビューなどで確認しておく事が大切です。

オナホの耐久性について

耐久性に難があるオナホールも存在します。

とりわけ柔らかい素材が用いられているオナホールにその傾向が強いです。

継続して利用可能なように製造されてはいるのですが、数度使用しただけでダメになってしまうことがあります。

オナホの持ちやすさについて

オナホールを握ったときの感覚にもぜひ気を配ってみてください。

外側が柔らかいものの場合、手で掴みにくく、オナホールを動かす際に多少のストレスを感じるかもしれません。

もちろん何度も繰り返し使っているうちに上手に使えるようになるでしょうが、初めてオナホールを買う方は外側がしっかりしているものを選びましょう。

ちなみに、柔らかい素材が用いられている場合、濡れると滑りやすくなり、極めて使いにくくなってしまいます。

浴室でのオナホールの使用を検討している場合は、注意しましょう。

オナホのサイズや重さについて

男性器よりオナホールが大きすぎたり小さすぎたりするようなオナホールは選ばないようにしましょう。

あまり大きいと射精できないことがありますし、小さい場合はそもそもオナホールに挿入できない恐れがあります。

長さが自分のペニスと一緒くらいのオナホールがいいでしょう。

また、あまりにオナホールの重量があると、次第にしごく手に疲労が溜まり、オナニーどころではありません。

ですが逆にオナホールが軽量すぎる場合、オナホールを使っている感覚が失われてしまいます。

どういった重量のオナホを選ぶかは、自分のオナニーのやり方に合わせるようにしましょう。

オナホの見た目について

見た目が女性器そっくりなオナホールもあります。

なので、本物に近ければ近いほど興奮するという方は、ぜひそうしたオナホールを選びましょう。

視覚から得られる情報はバカにできません。非常に興奮できる大切な要素です。

また、据え置くタイプのオナホも、本物の女性に似せて作られているものが多いです。

ネットショップなどでは、アダルトゲームやAV女優とタイアップしたオナホールも多数存在します。

自分が好みの女優さんがモデルになっているオナホールを使うことで、より強いリアリティと興奮により高い快感が得られるでしょう。

使い捨て メンテナンスのしやすさ

多くのオナホールは、使用した後に清潔に保つことでより長く継続して使うことが可能です。

コスパを考えても使い捨てのオナホールよりも何度もオナニーができるというメリットもあります。

ですので、面倒ではありますが賢者タイムが終わった後はぜひ、オナホールを早いうちに水洗いして清潔に保管しておきましょう。

オナホを水洗いしたあとは乾燥させ、その後日光が当たらない場所にしまってください。

内側の構造が複雑な場合は、汚れやかびの原因になりやすいので特に注意です。

専用の清掃グッズもあるので一緒に購入してみてもいいでしょう。

とはいえ、メンテナンスが面倒だから嫌という方も少なからずいらっしゃるでしょう。

そういった方は裏返せるオナホや貫通型のオナホ、また最近では開閉式の電動のオナホなどもありますので、そういった種類のオナホールを購入することで清掃の面倒さを解消できます。

まとめ~まずは自分が気になったオナホを2~3使ってみることから始めよう!

オナホ おすすめ 選び方 まとめ

いかがでしたか?

今回は初めてオナホを初めて使う男性のためにオナホの選び方や初心者向きのおすすめのオナホをランキングで紹介してきました。

オナホと言っても色々な種類があり、どれを選んでいいのかわからなくなるものです。

僕もオナホ歴15年以上ですが、次々に新作のオナホールも出てきますし、未だに全てのオナホを把握しているわけではありません。

ですが、あまり難しく考えずに今回紹介したような最低限の条件を満たしたオナホであれば、自分が気になったものを2~3個使ってみてください。

使わないことには何も分からないですし、色々なオナホを使っていくうちに自分に合った好みの傾向のオナホが見えてきます。

最近のオナホは本物の女性よりも気持ちいいくらいの快感を得るものも多く、1度使うともう手でシコシコとやるオナニーなんてやってられなくなります。

それくらい、オナホを使わない人生なんて損しているとすら僕は思っています。

ぜひ、この機会に素晴らしきオナホの世界を味わってみてください!