ED 病院 費用

せせりたつおせせりたつお

日本人の成人男性の3人から4人に1人がED(軽度も含む)と言われる時代ですから、ED治療を病院で受診しようとする男性は数多くいます。

その際に「どんな治療を受けるのだろう?」「費用はどれくらいかかるのだろう?」

ということで、実際にEDクリニックを受診した経験がある私が初診時の費用の相場や治療法別の料金相場を解説してみたいと思います。

ED治療で病院を受診する際の初診時の費用の相場は?

ED 病院 費用

「自分はEDかも?」と思って、初めてED治療を受診するために病院に行った際の初診時にかかる費用の主な内訳は「初診料」「検査代」「薬代」です。

ただし、「検査代」に関しては初診時は問診だけ(病院によっては血圧とか採血する場合もあるらしい)の病院がほとんどの為、実質は「初診料」「薬代」だけの費用であることが大半となります。

処方されるED治療薬は国内で認可を受けている「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3つの治療薬のみです。

それぞれの費用の相場ですが、

バイアグラ
・25mg1錠:1,000円~1,300円
・50mg1錠:1,500円~2,000円

レビトラ
・10mg1錠:1,200円~2,000円
・20mg1錠:1,400円~2,500円

シアリス
・10mg1錠:1,500円~2,500円
・20mg1錠:1,900円~3,000円

くらいが目安の料金となります。

単純に初診時にバイアグラ50mgを10錠処方された場合は薬代で約1万5000円~2万円程度、そこに初診料を加えて金額が総額となります。

ただし、ED治療は健康保険適用外ですので全て自己負担となります。そのため、各病院で料金を設定するため金額が倍以上違う場合もあります。

ですので、ED治療を受ける病院を選ぶ際にはホームページに明確に料金体系を表記しているクリニックを選びましょう。

また、最近では大手のED治療専門のクリニックでは初診料や再診料が無料で薬代のみしか費用を負担しなくていい病院も増えてきています。

出来るだけそういった患者に良心的なED治療の病院を選ぶようにしましょう。

2回目以降のED治療の費用はどうなる?

ED 病院 費用 再診

2回目以降も処方箋だけであれば、薬代+再診料だけの費用となります。

ただし、バイアグラなどのED治療薬を処方しても効果が薄い場合や改善が見られない場合は別の治療方法へと移行することもあります。

その際には治療費+検査費用がかかってきます(ED治療薬も継続の場合はそのまま薬代もかかります)

では、具体的にどういったED治療方法があり、どれくらいの費用相場がかかるのかを次の項目でみていきましょう。

病院に行かずにED治療薬を購入することは可能なのか?

ED治療薬 通販

できれば、病院に行かずにバイアグラなどのED治療薬を手に入れたい、そう考える男性は少なくありません。

ですが、残念ながら国内ではED治療薬を購入するためには医師の処方箋が必要となります。通販などで販売することは法律で禁止されているのです。

国内でED治療薬を手に入れるためには病院や専門のクリニックに行くほか方法はないのです。

ただし、海外から購入する分には国内の法律とは関係ありませんので、手に入れることは可能です。実際にED治療薬など海外の薬の個人輸入代行をしている通販サイトや業者は数多くあります。

処方箋も要らずに誰にもバレずにED治療薬を購入できることから人気ではあるのですが、悪質な業者も少なくありません。実際に海外から購入するED治療薬の4割が偽物であるという厚生省の報告もあります。

参考:半分以上がニセモノでした|厚生労働省

もちろん、良心的で優良な通販サイトもありますが、いずれにしても1度、医師の診断を受けてから購入することをおすすめします。

⇒僕がED治療薬を購入したことがある個人輸入代行はコチラから

ED治療には主に3つの方法があります

せせりたつおせせりたつお

EDの治療方法にはバイアグラなどED治療薬を飲む方法を含めて主に3つの方法があります。

では、1つずつ治療方法と費用相場をみていきましょう。

ED治療薬を使った方法と費用

ED治療薬 費用

まず、ED治療で病院を受診した際に受ける治療方法が処方箋によるED改善です。

費用については冒頭に書いたようにバイアグラ、レビトラ、シアリスで各々微妙に変わってきます。

それぞれ効果の持続時間や副作用など特徴が異なりますので、医師とよく相談してからどれを飲用するかを決めるといいでしょう。

ICI治療(陰茎海綿体自己注射療法)による治療方法と費用

ICI療法 費用

この「ICI治療」とは簡潔に言えば、自分で直接、ペニスに薬剤を注射をして勃起させる方法です。

費用はクリニックなどで打つ場合は1本約1万円程度、大学病院などの場合でも6000円+検査費用など高額な部類の治療方法となります(1回セックスするのに1万円払うなんて、狙った女とセックスする時じゃないと使いたくない金額ですよね^^;)

バイアグラなどのED治療薬との大きな違いは、ED治療薬の場合はあくまで性的な興奮を受けることで勃起するという通常の勃起するメカニズムと同様の手順を踏む必要がありますが、ICI治療は薬剤の力で強制的に勃起させます。

ですから、ED治療薬で効果がなかった患者さんや持病の為に投与できない男性の方に用いる場合がある治療方法です。

ただし、ICI治療は国内では認可されていない治療方法のため、あくまで自己責任で行うという点や2回目以降の注射は自分で打つ必要があるという点がデメリットでしょうか。

また、バイアグラなどとは違って強制的に勃起させるため感度が著しく低下する場合もあるそうです。

参照:陰茎海綿体自己注射療法(ICI療法)|帝京大学医学部泌尿器科

ED1000機器を使った治療方法(勃起不全衝撃波治療)と費用

ED1000 費用

ED治療の中でも最新かつ根本的なED改善が期待出来る方法がこの「ED1000機器を使った治療方法(勃起不全衝撃波治療)」です。

費用は1回で約3~4万円程度、それを最低6回から12回程度行うため、総額では約20万~40万円程度かかります。

具体的な治療方法としてはED1000という機器を使って加齢などで衰えたペニスの血管を再生させるという方法なのです。

海外ではすでに2013年から確立されているED治療方法で国内でも徐々に効果を認める大学や研究機関が出てきていることから、近い将来、メジャーなED治療方法になる可能性があると注目されています。

デメリットしては費用が高い点や治療に半年から1年程度かかるなどクリアすべき点は多いですが、この治療方法がもっと身近になればEDに悩む多くの男性が救われことでしょうね^^

参照:ED1000|湘南メディカル記念病院

実際にED治療を行って治る確率ってどれくらいなの?

ED 治療 確率

ED治療は保険適用外で全額自己負担という事があり、どの治療方法も非常に高額です。

もちろん、費用がかかってもEDが改善されて勃起力を取り戻すことができるのであれば問題ないですが、実際問題どれくらい効果があるのか気になりますよね?

上記で紹介した3つのED治療の治る確率ですが、ED治療薬とICI治療に関しては根本的な治癒の可能性はほとんどないと思っていいでしょう。

バイアグラなどのED治療薬を飲むことで根本的なED改善が見込めるのは20代など若年性の心因性EDの男性だそうです。

参照:日本泌尿器科学会|「ED診療ガイドライン」(第3版)

ED治療薬によって勃起を繰り返すことで徐々に心の問題(経験不足による自信の無さや緊張など)が解消されることで薬の力がなくても自力で勃起できるようになることがあります。

ただし、身体の問題が原因のED(器質性ED)の場合はそれには当てはまりません。

ですので、あくまで対処方法、言い方は悪いですがその場しのぎの治療法とも捉えることができます。

一方、ED1000機器を使った治療方法(勃起不全衝撃波治療)ですが、治る確率は2011年に帝京大学医学部が行った臨床試験では27人中18人の男性患者に改善が見られたという報告があります。

参照:「EDを根本的に改善へ 医師も驚いた“衝撃波”の威力とは?」|AERA

その他にも国内の別の臨床試験で75%の有効性という報告もあるそうですから、現状では約70%前後くらいの確率だと考えていいのかもしれませんね。

自力でEDを改善、治す方法とは

ED 治す 自力

バイアグラなどのED治療薬で勃起させることも大事なことですが、根本的な治療ではありません。

ですので、並行して自力でEDを改善することも必要不可欠です。

ただ、本当に自力でEDを治すことは可能なのか?

時間はかかりますが、生活習慣を改善することでEDを改善することは不可能ではありません。

勃起力が低下する主な根本的な原因は血行不良でペニスへうまく血液が循環しないことや、男性ホルモンであるテストステロンの低下によるものです。

ですから、血液の流れを良くする日常生活や男性ホルモンを増やす生活習慣に意識的に取り組むことで勃起力の回復を促すことが大切になります。

⇒テストステロンを増やす方法の詳細記事はコチラから

また、最近では勃起のために必要なNO(一酸化窒素)を増やすために有効な成分である「アルギニン」と「シトルリン」に特化した質の高い精力剤(精力サプリメント)もいくつかあります。

サプリメントとしては価格は安くはないですが、ED治療薬に比べると格段にリーズナブルです。

食生活の改善や運動に加えて、精力剤も並行して飲み続けることでよりED改善に近づく事が期待できますね^^

⇒管理人おすすめの精力剤ランキングはコチラから

ED治療の病院に行く前によくある疑問や不安について

そもそもED治療の病院って何科を受診すればいいの?
一般的には泌尿器科ですよね。ただ、内科など多くの診療科目で受診できるそうです。もし、近場にED専門のクリニックがあればそちらがいいでしょう。
初めてED治療の病院に入った時の診察の流れは?
医療機関によって変わってくるとは思いますが、一般的には問診があって特に問題なければ治療薬を処方して終わりです。検査するとしても、せいぜい血圧とか採血くらいじゃないでしょうか。僕も初めての時にはすごく緊張して来院しましたが、あっけないほどすぐに終わりました^^;仮に心臓などに持病を持っていて薬を処方できない場合は注射など別の治療方法を行う可能性があると思います。
ED治療で病院に行く際に持っていった方がいい持ち物はありますか?
ED治療は保険が効かないので健康保険証も要ら無しですし、特にはないと思います。もし、持病などで今飲んでいる薬があれば持っていくとイイと思います(どのみち問診で聞かれますけどね)。
EDの病院(泌尿器外科)に行って相談するのが恥ずかしいです
お気持ちはすごくわかります^^僕も恥ずかしかったし、めっちゃ緊張しましたから。ですが、病院側は毎日腐るほどたくさんの患者さんを診察しているので全然気にする必要はありません。実際に初めてED治療で病院を訪れた男性の8割以上が「行ってよかった」「相談してみてよかった」と回答しているそうです。ですので、普通に他の診療科目に行くくらいの気持ちで行って大丈夫ですよ。
女性の看護師とか医師にいると行きづらいです
確かにそうですよね。まして、その看護師さんが若くて可愛かったりすると余計に行きたくないですよね^^;。大学病院や近くの内科や泌尿外科だと女性の看護師さんがいる可能性も十分ありますが、ED専門のクリニックなどでは受付から全て男性スタッフだけの医院もあります。最寄りにそういったクリニックがあればいいですよね。

⇒男性スタッフだけの全国13か所にあるED専門クリニックはコチラ

直接、触診(ペニスを)ってありますか?
ないです。だって薬を処方するだけですから^^ただし、注射をする場合はあるかもしれないですね(打ったことがないのでわからないですがm(__)m)

まとめ~明確な料金体系で初診料や再診料が無料のED専門のクリニックがおすすめ

ED 病院 費用

ED治療で病院を受診した際の費用相場ですが、基本的に薬代+診察料だけですので、薬の種類と分量にもよりけりですが高くても約2万円程度ではないでしょうか(※バイアグラ25mgが1錠1500円程度と計算)。

ED専門のクリニックでは初診料が無料であったり、処方するED治療薬も1錠から処方することが可能ですので、そういった場合は2000円程度しか費用をかけずに抑えることも可能です。

ですので、事前に出来るだけ最寄りの病院やクリニックを調べてホームページをよく確認しておきましょう。

出来るだけ明確な料金体系が書いてあって、初診料や再診料が無料のクリニックを選ぶといいでしょう。

また、女性の看護師などに会いたくない場合や他の症状の患者さんと一緒にいたくない場合はED専門のクリニックで男性スタッフのみの医院もあります。