シトルリン 副作用

せせりたつおせせりたつお

シトルリンはスイカなどウリ科に多く含まれる成分で、副作用は今のところ特に報告はないそうです。

とはいえ、服用方法を守らずに摂取すると人体に害があることは容易に想像がつくかと思います。

特にシトルリンの主な働きは血管拡張や血液の循環を促す効果ですから、逆に言えば血管系の疾患などをお持ちの方は避けるべきですよね。

基本的に服用方法を守って飲む分には問題ないですが、持病をお持ちの方は念のためにかかりつけの医師に相談しておきましょう。

シトルリンで考えられる副作用について

シトルリン 副作用

シトルリンは現状では服用方法を守って摂取する分には特に際立った副作用はないとされています。

 

ですが、効果も高い分まったく副作用がないとは言い切れませんよね。

シトルリンは主に血管拡張や血液の循環を促進する効果が主な働きで、それによって勃起力アップや精力増強、他にも美容効果や冷え性などの改善、疲労回復に二日酔い解消など様々な効果があるとされています。

ですから、血液や血管に疾患がある方は注意が必要です。

また、血管を拡張することで血圧が下がる可能性がありますし、降圧剤を飲んでいる方は摂取をしないように注意しなくてはなりません。

具体的な副作用の種類ってどんなもの?

シトルリン 副作用 種類

シトルリンを過剰に摂すると、よく頭痛を起こす方がいます。

そもそもシトルリンはアミノ酸のひとつで害になる成分ではないのですが、摂取量と個体の反応度によって副作用の症状が顕れる事があるのです。

この頭痛が起きる原因は、シトルリンのもつ血流アップ効果によって脳内の血管が拡張し、脳全体を圧迫するためです。

もちろん時間が立てば頭痛の症状は治まります。

 

また目の充血や鼻づまりを起こす可能性もあります。

こちらも目や鼻の毛細血管が拡張して、その部分の器官が圧迫されて副作用が生じます。

 

それから要注意の副作用にシトルリン血症があります。

この症状を持っている場合は、血液中のシトルリン量が高まると、それを体外に排出する過程でアンモニアの代謝がいちじるしく低下して、結果としてアンモニア中毒を引き起こすのです。

アンモニア中毒が酷いケースでは、精神症状やけいれん・あるいは体の硬直や昏睡・肝不全などを発症する事もありますのでシトルリン血症の方は使用しない様にすべきです。

シトルリンを摂取しない方がいい人とは?

シトルリンをおすすめしない人

勃起力アップや精力増強効果などを期待してサプリメントなどを摂取したい男性の方でも飲んではいけない人も存在します。

 

まず、シトリン欠損症の人は絶対に摂取しない様にしましょう。

この疾患は遺伝子異常による先天性疾患で、シトルリン血症と診断されている方は、尿素のサイクルに問題があるためシトルリンの濃度が非常に高くなってしまうことがわかっています。

 

また、持病の種類に限らず、医師から処方された薬を常時服用している方も医師に確認するまでは控える方が良いでしょう。

シトルリンが血管の拡張・血流アップをさせますから、常用している薬の作用に支障が出る可能性があります。

 

低血圧の方も要注意です。

低血圧の症状は血管の拡張によって血流が良すぎる状態を言います。そこにシトルリンで更に血流アップさせてしまうと、血圧が必要以上に下がる危険があるのです。

シトルリン自体には副作用がほとんどないのですが、この様に複合的な条件が重なって副作用をもたらす可能性があることを知っておくと良いでしょう。

シトルリンの1日の摂取量や上限は?

シトルリン 摂取量

シトルリンを摂取する際の1日に摂取する量には基本的に上限はありません。

一般的にはアスリートなど特殊な男性であっても1日2000mg程度が推奨量といいますから、一般男性はそれを大幅に超えるような量を摂取するのはいかがなものかと思います。

一般男性の1日の摂取量の目安としては最低800mg程度が必要で1000mg程度が適正の量だと言われています。

 

食品では摂取量を計算するのは非常に困難ですが、サプリメントであれば含有量が明記してありますので、それに従って服用すると良いでしょう。

食品からの摂取では最もシトルリンの含有率が高いスイカでも100g中の含有量は180mgですから普通に食事をする分には上限量を超えることはまずありません。

その他の食材でもシトルリンを含有量が比較的に多いとされるキュウリでも100g中に10mgですから心配する事はまずありません。

シトルリン(サプリ)を摂取するタイミングや効果的な飲み方

シトルリンを飲むタイミング

基本的にはシトルリンを含むサプリメントは健康食品に分類されますので、飲むタイミングなどは特に指定はありません。

個人的にも飲み忘れないように自分が1日で飲みやすいタイミングで飲めばいいと思います。

 

一応、サプリメントを飲むのに効果的であると言われているのは食間など空腹時です。

空腹時は体内への吸収率が高くなることからサプリメントを摂取するのには有効だとされています。

その他には就寝前も体内の吸収率がよく成長ホルモンが分泌されるのが午後の10時~午前2時であることから有効だと言われます。

ただ、栄養素は単体では体内に吸収されないことを考えるとシトルリン単体のサプリを飲む場合は食後に服用するのが最も効率的だといえます。

 

1点確実に言えることとしてはサプリメントは1日数回に分けて飲むのが効果的であると言うことです。

一度に体内に摂取できる栄養素の量は上限がありますので、オーバーした成分は尿などから体外へ排出されてしまいます。

ですので飲み忘れのリスクもありますが可能であれば、サプリメントであれば1日に何度か分けて飲むことおすすめではあります。

シトルリンの代表的な効果とは?

シトルリンの効果

男性にとって嬉しいシトルリンの効果としては「勃起力アップ」「ペニス増大」「精力増強」の効果が挙げられます。

シトルリンの主な働きは血管拡張作用ですので、血流が良くなった結果としてペニスの海綿体へ注ぎ込む血液量が大幅に増すというメカニズムになります。

 

実際に嘘か真かはわかりませんが、シトルリンの精力剤を飲み続けた男性のネットの体験談を見ますとペニスが2~5センチも大きくなったという話もみることができます(信ぴょう性はわかりませんが)。

ただ理屈的にはペニスへの血流を多量に流し込むことで、その人本来が持つペニスの大きさを実現するということは期待出来る効果ですので、シトルリンが勃起力アップのサポート成分であり、ペニス増大成分である事は間違っているとは言えないでしょう。

 

もちろん血行促進するのは下半身だけでなく体全体に及ぼす効果ですから、健康面の改善も得られます。

例えば代表的な効果としては疲労回復や筋肉増強など男性にとって嬉しい効果もありますし、女性で悩みの多い冷え性やむくみの解消、また美容効果やデトックスの作用があることからアンチエイジング効果も期待されます。

シトルリンをサプリメントで摂るメリット

シトルリン サプリメント

シトルリンは食物中の含有量が低い成分ですから、なかなか食事だけでは十分な量を摂取する事が難しいものです。

例えばもっとも含有量の高いスイカでも100g中に180mgしか含まれていません。

精力アップに必要な量は1日に最低でも800mgぐらいと言われていますから、スイカを毎日400g前後食べなければなりません。

他の食材でもせいぜい10mg~30mgと含有量は低レベルで、とても効果を上げるための推奨量には及ばないのが現状です。

 

ですので、やはり食事からだけではなくサプリメントを併用してシトルリンを摂取することが望まれます。

サプリメントであれば手軽に飲めますし、苦手な食品を食べる必要もありませんし、何よりシトルリン以外の精力増強や勃起力アップなどに有効な成分も同時に摂取することが出来ます。

特にシトルリンはアルギ二ンと一緒に服用する事でより相乗効果が得られることで知られていますので、出来るだけ両方の成分がしっかりと配合されているサプリメントを選びましょう。
 

 

まとめ~シトルリンは特に副作用はなく、むしろ血管拡張によるメリットがはるかに大きい

シトルリン まとめ 効果

いかがでしたか?

シトルリンは服用方法を守って飲む上では基本的には副作用がないとされている成分です。

むしろ、血管拡張や血流の改善による様々な効果を得らることが出来るメリットの方が遥かに多い成分です。

 

とはいえ、1日の推奨量を食品から摂取することは現実的にはほぼ不可能だといっていいでしょう。

ですので、シトルリンをメインとするサプリメントから摂取する方が手軽で効率がいいのです。

 

特にシトルリンはアルギニンと一緒に摂取することで、男性にとって嬉しい「勃起力アップ」「ペニス増大」「精力増強」、さらに筋肉増強や疲労回復効果にも高い相乗効果が期待できます。

実際に私もシトルリンとアルギニンを多く含む精力サプリメントを継続して飲むことで年齢以上の勃起力や性欲、精力増強を実現できています。

ぜひ、参考にしてみてください。