パフィアエキス(ブラジル人参)の男性に嬉しい効果とは?

せせりたつおせせりたつお

パフィアエキスとはパフィアという南米原産の植物に含まれる成分を凝縮させたエキスです。

パフィアは朝鮮人参などと見た目が似ていることからブラジル人参などと呼ばれていて、ブラジルのインディオ達からは300年以上も昔から滋養強壮や不老長寿の薬として親しまれてきたそうです。

このパフィアエキスには抗酸化作用や血液の循環をよくする成分である「サポニン」や筋肉増強効果が期待出来る「エクジステロン」や「エクジソン」、またEDと相関関係にある前立腺肥大の予防効果があるとされる「β-シトステロール」などが含まれています。

それらの成分による様々な効果により勃起力アップや精力増強の効果が期待できることから、最近では精力剤やサプリメントにパフィアエキスを含む商品もいくつか発売されています。

特に中高年男性の大半が悩む症状に対しての効果が期待出来る成分ばかりですので、40代以降の男性は飲んでみる価値があるでしょう。

パフィアエキスは勃起力に効果はあるのか?その理由とは?

パフィアエキス 勃起力

勃起力に自信が持てない男性にお勧めのエキスとして注目を集めているのが、パフィアエキスです。

パフィアエキスには勃起力を回復するための様々な効果が期待できます。

 

そもそも勃起力が低下することや以前のように勃起しても芯まで硬くならない理由として大きいのは、血液がペニスに流入しない(量が少ない)からです。

血液がペニスに流入することで、海綿体が膨張してペニスが固くなるのが勃起のメカニズム。

パフィアエキスには血行促進効果がありますから、当然ながら勃起力アップが期待できるというわけです。

 

また前立腺肥大の症状がある男性はED(勃起不全)になる傾向がみられると言われています。

その点、パフィアエキスに含まれる成分の中には、前立腺肥大を抑制する作用があるという報告もあります。

40代に差し掛かってくると前立腺は徐々に肥大していって、80歳以上になると実に8割もの男性が前立腺肥大を発症しているのです。

パフィアエキスが前立腺肥大の対策にも効果が期待できますから、結果的に勃起力維持にも一役買うことになるでしょう。

勃起力アップ以外のパフィアの代表的な3つの効果

美容効果

パフィアエキス 美肌効果

パフィアエキスの効果の中でも最も研究が進んでいるのが、コラーゲン合成促進の作用です。

女性の中でコラーゲンを知らない人はいないというくらいにスキンケアに欠かせない成分として広く認知されています。

コラーゲンは肌の弾力を維持するために欠かせない成分で、たるみやしわ対策に効果が期待できます。

 

また、パフィアエキスにはビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2 ・ビタミンE ・ビタミンKなどのビタミン類も豊富に含まれてます。

これらのビタミン類に加えて、コラーゲンをどんどん促進することで、いつまでも若々しい体を維持できますから、女性のみならず輪皮示唆をいつまでも保ちたい男性にとっても嬉しい効果ですね。

筋肉増強効果

パフィアエキス 筋肉増強効果

パフィアエキスの中には、エクジステロンやエクジソンという成分が含まれています。

あまり聞きなれない名前かもしれませんが、アナボリック作用があると言われています。

このアナボリック作用とはたんぱく質を筋肉に変える働きのこと指していて、スポーツでドーピングの問題は長く指摘されていますが、違反薬物に該当するものの中にはこのアナボリック作用のあるものも少なくありません。

それくらい筋肉を増強するために欠かせない成分が、パフィアエキスには含まれているのです。

更年期障害の改善

パフィアエキス 更年期障害の改善

中高年の女性のみならず中高年男性を悩ませる更年期障害の症状を改善する効果も期待できます。

更年期障害とはホルモンの分泌が鈍くなって、ホルモンバランスの崩れることで体にいろいろな不調を起こすのが原因です。

パフィアエキスには植物性ホルモンが含まれていて、足りなくなったホルモンを補う働きがあります。

ホルモンバランスの大きな崩れを防ぎ、重度の更年期障害が起こらないように対策できると考えられています。

そもそもパフィアとは?

パフィアエキスとは

パフィアという名称は、日本人にはあまり聞きなれないかもしれません。

南米の熱帯気候地帯に自生している植物のことで「アマゾンニンジン」や「ブラジルニンジン」などと呼ばれることもあります。

これは根っこの部分が朝鮮人参に似ていることからこのように呼ばれています。

ただしパフィア自体はヒユ科パフィア属と呼ばれる低木のつる植物です。パフィアは原産地の南米・アマゾンの先住民の間では古くから重宝されていた植物で、「不老長寿の薬」と言われていました。

 

実際パフィアは万能薬に近い効果があると言われていて、エクアドルでは動脈硬化や糖尿病の治療の際に今でも用いられています。

そのほかにもヨーロッパではホルモンシステムのバランスを改善するため、更年期障害や女性の生理症状の緩和・改善のために使用されています。

アマゾンでは昔から使われている民間療法だったのですが、現在では科学的な研究も進められていて、世界各国で有益な生薬として医療の現場でも活用されています。

パフィアに含まれる代表的な有効成分とその効果

ゲルマニウム

パフィアエキス 免疫力アップ

パフィアには様々な成分が含まれているのですが、その中でもゲルマニウムは多く含有されていることで知られています。

ゲルマニウムは体内に入ると触媒作用に優れた働きを発揮します。

細胞内の酸素量を増加する作用があると言われていて、細胞の働きを活性化する効果も期待できるのです。

このため、サプリメントの中にはゲルマニウムの配合されている商品もしばしばみられるほどです。

細胞の働きを活発にして、免疫力を強化し、風邪など病気にかかりにくい健康な体に導く効果も高く期待できます。

サポニン

パフィアエキス サポニン

パフィアには様々な成分が含まれているのですが、その中でも主成分の中の一つにサポニンがあります。

成分割合で比較すると、パフィアの実の1割以上がサポニンによって占められていると言われています。

サポニンには血流を改善する効果があるとされていて、動脈硬化予防などの症状改善以外にも男性にとっては嬉しい勃起力の強化に必要なものです。

 

そのほかにも血行促進の働きにより、冷え性や肩こり、頭痛といったいわゆる不定愁訴の改善・解消効果も期待できます。

さらにサポニンには血糖値をコントロールする働きもあるとされているので、糖尿病などの生活習慣病予防でも使えるでしょう。

エクジステロン

パフィアエキス 筋力増強

エクジステロンとは植物性ステロイドと言われる成分で非ホルモン性のアナボリックサプリにしばしば使われており、主に筋力増強効果が期待できます。

筋肉をより強化していくことで、肉体的なパフォーマンスを向上する働きが期待できるためにアスリートなどが好んで摂取する成分の1つです。

また、エクジステロンは、いわゆるドーピングとは異なる植物由来の成分なので、そういった点でもアスリートが安心して摂取できます。

実際にエクジステロンを含んだサプリメントの継続的な摂取により高い身体的パフォーマンスを引き出すことから、オリンピック選手の間でも愛用されているほどだそうです。

β-シトステロール

パフィアエキス 前立腺肥大予防

パフィアに含まれる成分として男性に嬉しい成分の1つが、β-シトステロールです。

β-シトステロールには中高年男性にとって避けたい前立腺肥大を抑制する効果があります。

実際に医療の世界では前立腺肥大の抑制効果を立証する事例もいろいろ報告されています。

前立腺肥大を発症すると、ペニス周辺の血管を圧迫して血行を悪化させますので、結果ペニスに血液が流入しにくくなって、いわゆるEDを発症するきっかけになる可能性もあります。

 

つまりパフィアを摂取することでβ-シトステロールによる前立腺肥大予防だけでなく、結果的にはEDの症状改善効果も期待できるわけです。

中高年男性の中にはトイレに行っても残尿感があるという人は多いですが、これも前立腺肥大によって尿道を圧迫して、排尿がうまくいかないことに原因があるとされています。

パフィアは中高年男性の悩みに適したおすすめの植物ということができるでしょう。

アダプトゲン

パフィアエキス ストレス解消

パフィアに関する研究事例は決して多くはありません。ですから断言こそできませんが、アダプトゲンの候補の可能性があるとみられています。

アダプトゲンとは物理学・化学・生物学的をはじめとしてありとあらゆるストレスに対して抵抗力を高める成分のことです。

アダプトゲンには乱れた生理機能を正常にする作用があるのではないかと考えられています。

パフィアの副作用とは

パフィアエキス 副作用

パフィアは体にとってプラスに作用する可能性はあっても、副作用を起こす心配は極めて少ないと考えられています。

実際に世界中でパフィアは利用されていますが、副作用が発生したという報告は見られません。

ただし先ほど紹介した成分の1つであるサポニンは過剰摂取すると副作用の起こる可能性がありますので、ほどほどの摂取にとどめておきましょう。

とはいえ、サプリメントや精力剤に記載されている用法・用量を守って摂取すれば、まず副作用の起きることはないと考えていいでしょう

パフィアの効果的な摂取方法とは

パフィアエキス 摂取量

日々の食事の中でパフィアを毎日摂取するのは現実問題して難しいでしょう。

そうなると一般的にはパフィアエキスを配合したサプリメントからの摂取ということになります。

最近注目を集めている成分ということもあって、パフィアの配合されている精力サプリもいくつか販売されています。

 

サプリメントで医薬品ではないので、厳しい用法のルールはありませんが、過剰に摂取しないように注意しましょう。

より効果を出すためにはサプリメントを1度に摂取するよりも何度かに分けて摂取する方が吸収率が良くなります。

 

パフィア(パフィアエキス)をおすすめする男性とは?

パフィアの配合されているサプリメント(精力剤)の摂取がおすすめな男性は以下のような人です。

  • 中高年に差し掛かっていて、勃起力が若いころと比較して衰えてしまった
  • 残尿感があって夜中何度もトイレに行くために目が覚めてしまう
  • 更年期障害の症状が深刻で日常生活に影響が出てしまっている、少しでもつらさを軽くしたいと思っている
  • いつまでも若々しい体を維持したい・筋力アップ効果
  • アンチエイジングに興味がある
  • 夏場でも手先の冷たい冷え性に悩まされている
  • 肩こりがつらくて定期的にマッサージに通っている
  • 頭痛がしばしば起きて仕事・家事どころではない

 

以上のような希望がある男性やこういった症状に悩まされている男性であれば、パフィアを定期的に摂取してみてもいいかもしれません。

サプリメントですので即効性はさほど期待できませんが、早い方で1ヶ月程度、基本的には3ヵ月程度毎日摂取を続ければ徐々に効果を実感する方は多いです。

まとめ~パフィアエキスに含まれる成分は男性機能の低下を防止するためにも重要な働きがある

パフィアエキス まとめ 効果

いかがでしたか?

今回はパフィアエキスの効果や副作用、摂取方法などを紹介してきました。

パフィアエキスに含まれる成分であるサポニンやβ-シトステロール、コラーゲンやエクジソン、エクジステロンなどには血行を促進する効果や筋肉増強効果、アンチエイジングや前立腺肥大の予防などの効果が期待できます。

これらの効果は男性機能の低下を防止するためにも重要な働きがあり、結果的に勃起力アップや精力増強などに効果的だとされています。

 

これといった副作用もないですし、最近では精力剤やサプリメントにも含まれている商品も出回っていますから、40代以降の中高年男性は一度は試してみたい原材料の1つですね。

精力アップや勃起力アップ目的の方はその他にも有効な原材料や成分を含む精力剤や精力サプリを摂取する方がパフィアエキス単体のサプリメントよりも効果的でしょう。