男の潮吹き やり方 方法

せせりたつおせせりたつお

女性が気持ちよさそうに潮を吹くのをみて「俺も1度は潮を吹いてみたい」なんて思った男性も少なくないのではないでしょうか。

ご存知ない方もまだいらっしゃいますが、男性も女性と同様に潮を吹く事は可能です。

その快感はオナニーやセックスの射精感とはまた違った気持ちよさで、何度でもイケる(ドライオーガズム)ことから癖になる男性も続出中だとか。

ただし、1度や2度挑戦したくらいで男性は潮を吹くのはなかなか難しく、コツも必要となります。

ですので、この記事では基本的な男の潮吹きのやり方(亀頭責めのやり方)からコツ、注意点など余すところなく男が潮を吹くための方法について解説していきます。

男の潮吹きのための基本的なやり方や方法

男の潮吹き やり方 方法

男の潮吹きを味わってみるやり方には2種類あります。

1つ目は、オナニー後に射精して精液が出たあとに亀頭を刺激するやり方です。

男性が絶頂に至ると精液が放出されるわけですが、普通だとそこでオーガズムは終わってしまいます。

ですが、精液が出たあと、ペニスがまだ硬い間に亀頭の先端を手で責め続けると、下半身に意識が集中していきます。

精液を出したあとの男性器は敏感で、触っていると少々しんどいかもしれませんが、数分間触り続けてみてください。

おしっこが出てきそうな感じや、言葉にできない快楽が生じてくるはずです。

最後には透明な液体がペニスから出てくるでしょう。

これが男の潮吹きの基本となる方法です。

⇒亀頭オナニーの方法の詳細はコチラの記事でまとめています。

 

もう一つの男の潮吹きのやり方は、前立腺に刺激を与えるやり方です。

肛門の奥のほうにある前立腺を触ることで、男の潮吹きが味わえます。

肛門から奥に5cmくらい指を入れ、腹部の側を軽く押してみてください。しばらくすると快楽が生じてくるはずです。

そのまま亀頭を刺激すれば、そちらにも快楽が生じ、最後には男の潮吹きを味わえることでしょう。

ですが、自力で前立腺の場所を特定するのはなかなか骨が折れるので、普通は最初に挙げたやり方、オナニー後の亀頭を刺激する方法で体験している人の方が多いです。

個人的におすすめするのもやはり最初の方法ですね。

誰でも実践できるくらい簡単ですし、肛門に抵抗がある人でも問題なく実行できるでしょう。

男の潮吹きを実践する前の準備

男の潮吹き 準備

「潮吹き」とは要するに体の中にある水分が体外に放出されることですから、始める前に水分補給をしておくといいでしょう。

500mlのペットボトル一本か二本程度を飲んで事前に飲んでおけばいいかと思います。

また、精液が出たあとに亀頭を刺激することになるので、こそばゆい感じがしたりするかもしれませんが、そこは我慢してください。

あくまでも射精後に亀頭を責め続けることが大切です。

なお、刺激している最中は、便を排出するときのような感じでお尻の穴を緩めてみてください。

そうすることで、より潮吹きがしやすくなります。ですので、前もってトイレにも行っておくことといいですね。

男の潮吹きの具体的な手順や方法・やり方~亀頭オナニー

男の潮吹き 亀頭オナニー

では、実際に男の潮吹きの具体的なやり方を紹介していきます。

まず、実際に亀頭をいじりながらオナニーをやってみましょう。要は亀頭オナニーですね。

基本的にはローションやオイルを用いて亀頭をマッサージしていきます。

ローションやオイルを用いない場合、なるべく亀頭は優しく刺激するようにしてください。

あまり強く刺激してしまうと、亀頭が赤くなったり傷ができたりしてしまいます。痛みや菌の増殖を防ぐためにも、なるべく力を入れないようにしましょう。

亀頭は裏筋のほうが感度がいい場合がほとんどなので、そこを中心に刺激を与えましょう。

ローションを用いるのであれば、手のひら全体にローションを塗り、亀頭を手のひらで押すようにしたり、あるいは指先で刺激するようにしましょう。

もしもローションを用いないのであれば、直接ペニスに触れるよりも布か何かを一枚挟んで刺激するのがいいですね。

薄手の生地であればなんでも構いませんが、可能であれば女性用の下着(パンティ)やストッキングを使うのがおすすめです。

女性の下着は肌に優しい素材で作られているものが多いので亀頭を痛めることもなく、なおかつ肌触りが気持ちいいですよ。

店頭で購入するのはさすがに難しいでしょうが、通販を使えばいくらでも女性用の下着くらい誰でも購入することができます。

⇒女性のストッキング(パンスト)を使ったオナニーの詳細はコチラの記事にまとめています。

 

あるいは成人向けの雑誌に付録でついてくることがあるので、そちらを購入しても構いません。

ゆっくり、ねっとりと亀頭を触るようにするのがいいでしょう。

そんなに高速で手を動かす必要はありません。亀頭の先端に触れたときに思わず腰を引いてしまいそうになる箇所があるかと思いますが、そこをそっと刺激し続けるのがポイントです。

擦るだけでなく、指の腹や手のひらを押し当てるのも効果的です。

なお、尿道を刺激してもいいのですが、炎症を引き起こす可能性が高いので、なるべく避けたほうがいいかもしれません。

男の潮吹きを成功させるためのコツ

男の潮吹き コツ

男の潮吹きはオナニーなどによる射精後に生じる現象です。

通常だと、男性は精液が出たあとに賢者タイムに襲われるますよね。

ご存知の方が多いかと思いますが、賢者タイムとは射精後に性的な興奮が一気に落ち着いていき、無気力になったり、冷静になったりする状況のことです。

⇒賢者タイムが起きる原因と克服する方法はコチラの記事

 

ですが、このような賢者タイムの状態でも我慢してペニスをいじり続けてみてください。その辛さの限界の先に未だ味わったことがない快感があります。

そうしなければ男の潮吹きを味わうことはできないのです。

とはいえ、なかなか自分一人でやるには初めのうちはハードルが高いでしょう。

では、一体どのようにすれば比較的簡単に男性が潮を吹くことができるのでしょうか。

もっとも簡単かつシンプルなのは、男の潮吹きを売りにしている風俗(M性感)に1度行ってみることです。

なんせ男に潮を吹かせるプロですから、最も簡単かつ確実に男の潮吹きを体験できる可能性が高いです。

一人でやるより知らない女性にやってもらう方が興奮度も高いのでより高い快感を得ることができるでしょう。

なおかつ、こういった風俗店の女性はSっ気が強い嬢の場合が多いので、M気質の男性には最高のご褒美です。

その他には、もし可能であれば、付き合っている女性(または奥さんやセフレ)に手伝ってもらうこともいいでしょう。

射精後にフェラしてもらったり、亀頭を手で触ってもらってください。

絶頂を迎えたあとペニスをいじられるのはなかなか辛いかもしれませんが、そこは限界まで耐えてましょう。

また、この際に腕を縛られるとより興奮できる、という男性もいるので、興味があれば挑戦してみてください。

どうしても射精後にペニスを触れられると刺激が強すぎて嫌だという人の場合は、乳首やアナル、前立腺をいじってみるのもいいでしょう。

男の潮吹きを体験するための風俗店選びでの注意点

男の潮吹く 風俗店

性感マッサージや性感エステなどで男の潮吹きを味わうためにはそういった風俗店を探す必要があるわけですが、注意点があります。

まず大前提として、男性用の性感マッサージや性感エステには性的なサービスが含まれている風俗エステと、含まれていないメンズエステの2種類があります。

当然ながら前者でなければ男の潮吹きを味わうことはできません。

かといって、性感マッサージや性感エステの全ての風俗店が男の潮吹きを体験するためのサービスがあるわけではありません。

男の潮吹きのサービスがある風俗店を見つけるには、お店の名前や概要欄に男の潮吹きという言葉が書かれているところを探してみましょう。あるいは、M性感という言葉でも構いません。

そのあとその風俗店のHPや公式サイトを見てサービスの内容に書かれていれば間違いありません。

分かりづらい場合には店に問い合わせてみてもいいですし、オプションでやっている風俗店もあるので色々と調べてみましょう。

電動オナホールを使うのもアリ

男の潮吹き 電動オナホール

男の潮吹きを味わうためのオナニーには難点があります。

それは、何度も書いてあるように射精後に自ら亀頭を責め、いじり続けなくてはならないというところです。

ご存知の通り射精後の亀頭部分は非常に敏感になっているので、刺激を与えるのが辛くてやめてしまいがちなわけです。

ましてや賢者タイムも襲ってきているわけですからね。

これが男の潮吹きのハードルの高さの1つでしょう。

ですので、この状況を改善するためには電動のオナホールを用いることも有力な限界を超えるための1つの克服方法です。

射精後でもこうしたオナホなどのアダルトグッズを使えば、自分で亀頭を刺激するのとは違い、勝手に刺激を与え続けてくれますから途中で亀頭責めをやめてしまう可能性を低くすることができます。

電動オナホを使用する際には早さを調整できるようなオナホを使えば、ペニスにも優しく刺激を与えられるでしょう。

⇒安くて使いやすい管理人おすすめの電動オナホールはコレ

 

そもそも、男の潮吹きとは?

男の潮吹きとは

潮を吹くのは女性だけだと考えている人は多いですが、実は男性も潮を吹くことが分かっています。

男の潮吹きとはセックスやオナニーで絶頂を迎えたあと亀頭を刺激し続けることによって、男性器から無色透明の液体が排出されることです。

通常、射精後にこの現象は生じます。どれくらいの量の液体が出るかは人によってまちまちで、小さじ一杯くらいの人もいれば、コップ一杯くらいの量が出る人もいたりします。

一般的に、男の絶頂は精液が出ることを意味します。

精液が出るとペニスもふにゃふにゃになり、興奮も一気に冷めるわけですが、そこから限界を超えるとさらに快楽が得られる状態が男の潮吹きです。

射精せずに気持ちよさを味わえる(ドライオーガズム)ので、癖になってしまう男性も多数います。女性のように連続で何度も快楽を味わえるといった強者の男性もいるほどです。

男の潮吹きはどうやって起こるの?そのメカニズムとは

男の潮吹き メカニズム

性的な快楽によってぺニスから色のない液体が排出されるのが「男の潮吹き」。

ですが、現在のところ、どうしてこのような男の潮吹きと呼ばれる現象が起こるのかは科学的には証明されていません。

しかしながら現象が起こる理由はわからないのですが、どのようにすれば男の潮吹きを起こすことができるのかはすでに判明しています。

男が潮を吹くにはコツがいるので、最初はなかなか難しいかもしれませんし、中にはどんなに頑張っても男の潮吹きを体験できない男性も残念ながら存在します。

ただし、1回でも男の潮吹きを体験するとコツが掴めるので、次第に潮吹きをするのが簡単になって病みつきになっていくはずです。

男の潮吹きを試す際に注意する点

男の潮吹き 注意点

男の潮吹きを味わってみたいと思った場合、汚くなっても構わないような場所で行う必要があります。

というのも、潮を吹いた場合、液体で自分の周りがびしょびしょに濡れて汚れてしまうからです。

潮は勢いも強く、数メートル先まで汚れてしまうことがあるので注意が必要です。

潮は精液とは違って水に近いので、片付けるのは結構大変ですので、布団や敷物が濡れないように気をつけましょう。

男の潮吹きを試してみるのに、おすすめの場所は浴室です。

周囲が濡れても問題ないですし、股間などもすぐに洗い流せるので可能であれば誰もいない時にお風呂場で試してみましょう。

潮吹きでイク時の感覚ってどんな感じ?

男の潮吹き イク感覚

男の潮吹きを経験したことがない男性は、潮を吹く感覚とは一体どんな感じなのだろうか?と気になっていることでしょう。

潮吹きに至るまでは結構大変なので、そんなにも大変な思いをしてまでやる必要があるのか?と感じる男性も多いかと思います。

ですが、実際に経験すると病みつきになるほどの快感が男の潮吹きにはあるのです。

具体的には、おしっこを我慢して、ギリギリで出した時の気持ちよさといった感じで例えられることが多いですね。

1回でも潮吹きの気持ちさを味わってしまうと、もう癖になってしまうのです。

とは言うものの、潮吹きそのものに強烈な快楽があるかというと、そういうことではありません。

単純な気持ちよさで比較するなら、普通にオナニーをして精液を出す方が遥かに気持ちいいというのが、多くの男性の意見です。

しかし射精のあともいじり続けて潮を吹くと、言葉にできない満足感を感じたり、あるいは女性になったような羞恥心が感じられるのです。

そのような感覚が実際に気持ちいいかどうかはさておき、普通であればなかなか感じることができない快楽であることは確かです。

射精のあと亀頭をいじっていると「足の先がプルプルと震えてくる」「上手く言えないけど何かが亀頭の先から出てきそう!そんな感じ」そういった未知の感覚なのです。

ですから、男の潮吹きは実際に試したことがある人でないと、なかなか良さが分からないものだといえるでしょう。

男の潮吹きが向いている男性とは?

男の潮吹き 向いている男性

男の潮吹きのためのオナニー、要するに射精後の亀頭オナニーが向いている男性とは、自分はマゾだという自覚がある男性には、おすすめできるオナニーのやり方です。

実際、M性感風俗から流行りだしたものですからね。

絶頂後の痛くて気持ちのいい感じはサドでもマゾでもあまり変わりませんが、その感じに耐えたまま性器に刺激を与え続ける場合、痛みや拘束が好きな人のほうがより興奮できるでしょうし、気持ちがいいはずです。

また、様々なやり方のオナニーをやってみたいという好奇心を持っている人や、今までに感じたことのない快楽を味わいたい、という性への好奇心が強い男性にもおすすめできます。

男の潮吹きは精液が出たときのような快楽を味わえると同時に、出すのを我慢していたおしっこを一気に放出するときの満足感をも味わえます。

普通だと決して味わうことができないので、癖になる要素がありますから、これまで様々なオナニーをやってきた男性でも、満足できる可能性が高いですね。

男の潮吹きに関するQ&A

男の潮吹きってホントに気持ちいい?ちょっと怖いんだけど・・・
男の潮吹きは、オナニーやセックスなどで絶頂を迎えることとは性質が異なっているので、精液が放出されるときに感じる快楽とは別の気持ちよさです。

例え方は人によってまちまちですが、我慢していた尿を放出するときの感じに近いと話す男性が多いですね。

射精の快楽だけでなく、言葉にできない満足感を覚える男性も多いです。

実際に男の潮吹きを味わうことができる性感エステや性感マッサージ店も人気ですし、癖になってリピートしてしまう男性もたくさんいることが証明してくれています。

興味があるのであれば、1度試してみることをおすすめします。

女性の潮吹きとはどう違うの?
女性の潮吹きは絶頂を迎える前、もしくはイク瞬間に潮を吹きますよね。

ただし、男性の場合は1度絶頂を迎えた後に亀頭を刺激することで味わいますから、その点が女性と男性の潮吹きで最も違う点でしょう。

また、女性はイクこと自体の快感は男性と比較にならないほどの気持ちよさがあるようですが、潮を吹くこと自体に気持ちよさは感じないようです。

その点、男性は潮を吹く際には射精感とはまた違った気持ちよさを感じる人が多いですので、その点も女性と男性の違いといえるでしょうか。

男の潮吹きで出てくる液体って何なの?
男の潮吹きによって放出される液体が何なのか?

これは、科学的にも解明されていません。

粘り気がなく、色もありませんが、おしっことはまったくの別物です。

精子や前立腺に関係する液体とも異なっており、今なお研究がなされています。

ちなみに潮吹きの直前におしっこが排出されることもあるので、おしっこだと間違えてしまう人も結構います。

男の潮吹きで出てくる液体の量については、少ない人だと小さじ1杯程度の男性から、多い男性だと湯飲み1杯まで、人によってずいぶん異なります。

男の潮吹きは自力でも出来るものなの?
男の潮吹きを自力で味わうことはもちろん可能です。

しかし射精後に自ら性器をいじることで男の潮吹きを体験しようとするやり方の場合、少々難しく感じてしまうかもしれません。

男性ならご存知の通り、射精後はちょっと亀頭に触れただけでも強い刺激を感じてしまいます。

また、射精後の賢者タイムもありますので、途中でいじるのをやめてしまう人が多いからです。

なので、可能であればM性感などの性感エステを利用してプロのエステ嬢にやってもらった方が確実かつ気持ちいいと思います。

男性が潮を吹くにはコツが必要ですし、体質などの関係で潮が吹くにくい人もいるので、少なくとも何回かはチャレンジする必要があるでしょう。

1回でも成功すれば潮を吹く感じが掴めるので、そういった意味でも初めは風俗を利用してみることを推奨します。

男の潮吹きを観ることが出来るアダルト動画ってある?
以前に比べてアダルトビデオでも男の潮吹きは人気を誇っています。

ネットで検索すれば男の潮吹き動画は数多く出てくると思いますので「男性 潮吹き 動画」などというキーワードで検索してみてください。

ユーチューブでも、男の潮吹きに関する雑学や、潮を吹くためのオナニーのやり方の動画がたくさん投稿されています。

射精後に亀頭を弄っていれば必ず潮は吹ける?
男性だけに限りませんが、潮吹きは万人が経験できるわけではありません。

それなりにコツが必要ですし、そもそも体質的に潮を吹かない人がいます。

また、メカニズムなども科学的に解明されていませんので、やり方に間違いがなくても潮を吹かないことは十分あり得ます。

とはいえ、潮を吹かなくても通常のオナニーとは異なる気持ち良さが得られるのであれば、男の潮吹きはオナニーとして成功しているとも言えます。

普段感じたことのない気持ち良さを感じた場合は、繰り返し繰り返し挑戦してみてください。

射精した後って勃起がおさまってペニスが柔らかくなるのですが、それでも亀頭を責め続けるということでしょうか?
男の潮吹きを味わってみようとしたけれど、結局うまくいかずにやめてしまう人が多いのは、まさにこうした理由によるものが多いです。

途中で刺激を与えるのをやめてしまうと、潮を吹くことはできません。

なのでペニスの勃起がおさまってしまっても刺激を与え続けることが大切です。

ただし、男性器が完全に萎えてしまって、いくら刺激を与えても何も感じないような場合は、また次回チャレンジしてみましょう。

そのままやり続けても効果はないですし、なにより亀頭に傷がいったり、擦れたりして痛めてしまう可能性があります。

いくら男性の潮吹きを経験したいからと言ってペニスや亀頭を痛めてしまっては本末転倒ですからね。

決して無理はしないように、優しく根気よくやってみてください。

男の潮吹きができないです。うまくできる方法はありますか?
なかなかハードル高くて難しいですよね^^;特に自力だと賢者タイムも邪魔しますし、射精後に亀頭を擦り続けるのはなんとも敏感になりすぎてて・・・。

ですので、最も簡単にできるおすすめの男の潮吹きの仕方は、この記事でも紹介しているようにM性感など風俗店を利用して嬢にやってもらうことです。

技術がある女性(しかも知らない女性)に強制的に拘束でもしてもらって亀頭をしごいてもらうのが最も簡単な方法でしょう。

ただ、費用も馬鹿にならないので、自力でやるのであれば、電動オナホールなどオナホを使用する方が確率は高くなります。出来れば刺激強めのオナホールを使うといいでしょう。

とにかく射精後に亀頭を刺激し続けられるかどうかが成否の分かれ目ですから、我慢あるのみですね^^

男の潮吹きには射精前後の「前潮」と「後潮」があると聞いたのですが・・・
仰る通り、男の潮吹きには前潮と後潮と呼ばれるものがあります。

要は射精の前に潮を吹くのか、後に吹くのかの差だけなのですが。

今回紹介している男の潮吹きのやり方とはまた少し違った方法になるので、自力ではなかなか難しいと思います。

まずは普通に男の潮吹きを出来るようになりましょう。その後に、M性感などで嬢にお願いしてみてもイイと思いますよ(^^♪

まとめ~初めはM性感エステやM性感マッサージなど風俗店でプロの女性にお願いすることを強くおすすめします

男の潮吹き まとめ

男の潮吹きは、射精後に亀頭をいじり続けることで、おしっこや精子とはまったく別の液体が放出される現象のことです。

その快感は言葉にするのが難しいですが、例えれば我慢していたおしっこを放出するときのような満足感を味わうことができます。

これは精液が出るときの快楽とはまた違ったもので、何とも言えない気持ちよさです。

M性感エステなど風俗の業態の中には、男の潮吹きが味わえるようなサービスを提供しているところもあり、癖になってしまうい重度のリピーターになる男性も少なくありません。

男の潮吹きを自力で味わう場合、射精後に自分で亀頭を触り続ける必要がありますが、絶頂を迎えたあとの亀頭は敏感になっており、いじり続けるのはなかなか大変です。

コツも必要なので、初めての場合は特に難しく感じてしまい挫折する男性も多いです。

なので、初めは性感エステや性感マッサージなど風俗店でプロの女性にお願いすることを強くおすすめします。

今までに感じたことがない快楽を味わってみたい男性や、普通のオナニーや性行為に物足りなくなった人は、ぜひ男の潮吹きにチャレンジしてみてください。こ

れまでに体験したこともないような新たな快感に出会えるかもしれませんよ^^