ヒスチジン まとめ

せせりたつおせせりたつお

ヒスチジンは人間にとって必要不可欠な必須アミノ酸の1つです。

ヒスチジンの効果としては子供の成長や脳を作る効果があると言われています。

子供は体内でヒスチジンを自分で生成することが出来ない為、食品から意識的に摂取することが望ましいです。

また、ヒスチジンは腐敗して分解することでヒスタミンという成分に変化されるのです、このヒスタミンは血管を拡張させる効果があります。

ヒスチジンを多く含む食品としてはサンマやサバなど青魚が代表的です。

ヒスチジンの4つの効果

成長を促進する効果

ヒスチジン 効果 成長

ヒスチジンは人間の体を成長させる効果が期待できます。

子供の頃には体内で合成できない必須アミノ酸をしっかり外部から取り入れることによって、体が作られていきます。

しっかりとした食生活をしていないため体が成長していない子供は、このヒスチジンが大きな原因の1つになっているのです。

ヒスチジンを摂取するためには、魚や肉に乳製品などを積極的に食べる必要があります。

しっかり食べないと大きくなれないという言葉は子供のしつけによく使われますが、その言葉にはしっかり根拠があったのです。

栄養量が不足しているからだけではなく、成長するために必要な物質が不足してしまうという意味で考えれば、実は裏付けの取れる言葉だったということになります。

慢性関節炎を緩和する効果

ヒスチジン 効果 関節炎

交感神経を刺激するヒスタミンは、体内でヒスチジンから変換されて作られます。

ヒスタミンが持つ効果に痛みをやわらげるというものがあり、逆に考えればヒスチジン不足は痛みを感じやすくなるということです。

大人になればヒスチジンが体内で生成されますが、その量にも限度があります。

もしもヒスチジンが不足している場合は、関節炎で痛みを感じやすくなるので注意してください。

ストレスに対しても効果があるので、心と体の両方に効果的な物質なのです。

ダイエット効果

ヒスチジン 効果 ダイエット

ヒスチジンが持つ効果の1つに、ダイエットを促進するというものがあります。

これはヒスチジンが体内でヒスタミンに変換され、そのヒスタミンが脂肪細胞に対して交感神経を刺激するためです。

ヒスタミンが脂肪細胞を刺激することによって、脂肪燃焼効果が期待できます。

単純に摂取するだけ痩せるのではなく、ダイエットをしているときにその効果を促進してくれるものですが、痩せやすい体作りができることは大きなメリットです。

また脂肪燃焼効果以外にも、食欲を抑制する効果があるとされており、ヒスチジンを摂取することで脂肪燃焼と節食という2つのダイエット効果が期待できます。

体を成長させるだけではなく、無駄な脂肪を落とす効果にも期待ができる物質なのです。

脳神経を保護する効果

ヒスチジン 効果 脳

ヒスチジンには、脳細胞の死滅を抑制する効果があると言われています。

これれによって得られる効果は、脳梗塞によるダメージの軽減や予防です。

脳細胞の働きを高める効果があるとも言われているなど、体を成長させる以外にも重要な役割を持っているのです。

若い頃だけではなく、高齢になってからもヒスチジンの摂取を意識することで、様々な問題を回避できるようになります。

体内で合成できるものといっても、意識して摂取していくことで多くのメリットが得られるのです。

ヒスチジンと精力アップの関係性

ヒスチジン 効果 精力

ヒスチジンは精力増強効果も期待できるとされています。

その理由は、ヒスチジンの成長促進効果が関係しています。

ヒスタミンに変換されて交感神経を刺激することで、性的感覚にも良い影響があると言われているのです。

またヒスチジンには血管拡張の効果もあるため、男性にとって勃起しやすい状態を作る効果もあるのです。

ほかにもヒスタミンは、射精をしたりオーガズムを感じたりするためにも必要です。

そのためヒスチジンは精力増強剤に含まれており、それを飲んだ人の性的なエネルギーを高める効果があるとされています。

体が元気でなければ精力も強くなってくれません。そのため精力に関する悩みを抱えているなら、ヒスチジンの摂取を意識してみてください。

ヒスチジンを多く含む食品

ヒスチジン 食品

ヒスチジンを多く食品として代表的なのが、サンマやぶりなどの青魚です。カツオやマグロにも含まれているので、青魚全般ならヒスチジンを摂取しやすくなっています。

ほかにも子牛肉や鶏胸肉なども、ヒスチジンを摂取するために効果的です。

青魚から摂取をする場合、その魚が古くなっていないのかどうか注意が必要です。

古い魚はヒスタミンが多く含まれているため、過剰摂取することによってヒスタミン中毒を起こすことがあるのです。

体内で適量が生成されるなら問題はありませんが、外部から過剰摂取すると健康面で問題が起こる可能性があるので気をつけてください。

サバやヒスチジンが豊富に含まれていますが、それだけに鮮度の悪いものは控えるようにしましょう。

ヒスチジンのサプリメントってあるの?

ヒスチジン サプリメント

ヒスチジンは青魚などに多く含まれるため、比較的食品からも摂取しやすい成分です。

とはいえ、子供の場合、青魚を食べない子もいるでしょうし、大人でもそんなに毎日食卓に青魚が並ぶわけではないですよね。

ということで、アマゾンや楽天、その他サプリメントのショップなどをみましたが、ヒスチジンのみの単独のサプリメントというのは見当たりませんでした(少なくとも私の調べた限りでは)。

サプリメントで摂取する場合はヒスチジンも配合されているサプリメントを摂取することになります。

ヒスチジンはアミノ酸ですので、サプリメントもアミノ酸系のサプリメント(どうしても筋力アップなどのサプリになってしまいがちですが)で摂取することになるでしょう。

そもそもヒスチジンとは

ヒスチジン 効果 成分

ヒスチジンは必須アミノ酸の1つですが、子供の頃は合成できず、大人になると体内で合成できる変わった性質を持っています。

そのため厳密に言えば、子供の頃は必須アミノ酸に分類されるのです。

子供は自分の体内合成できないものですが、実はその子供にこそ重要な意味を持つ物質で、発育期には欠かせないものの1つです。

そして大人になってから体内で生成できるようになっても、ヒスチジンが不足することで体内の窒素バランスが崩れてしまい様々な障害が出てきます。

貧血やシミ・ソバカスの予防、そしてダイエット効果のほかに精力増強など、ヒスチジンは様々な部分でその効果を発揮してくれます。

自分で合成できても食生活次第では不足してしまうこともあるので、十分に気をつける必要があるのです。

ヒスチジンの1日の摂取量と副作用

ヒスチジン 摂取量 副作用

ヒスチジンを1日あたりどれくらい摂取すれば良いのか。

これは体重1kgあたり10mgが基準になります。

これは厚生労働省が推奨する摂取量となっており、WHOの指針では成人が1日あたりに摂取する量として500~700mgです。

逆に過剰摂取をした場合は、肌荒れを起こしたりじんましんが出てしまったりなどで、強いかゆみに悩まされます。

ヒスチジンはアレルギー症状を起こしやすい性質があるので、異常を感じたら医師へ相談するようにしてください。

ヒスチジンを必要する方

ヒスチジン 効果

成長期の子供は、ヒスタミンが必要です。しかしその効果を考えれば、大人になってもヒスチジンを必要としている人は多くいます。

関節の痛みに悩まされている人や、ストレスが溜まっている人は、ヒスチジンが効果を発揮してくれます。

ダイエット中の人も、脂肪燃焼効果や節食など様々な面でヒスチジンが効果を発揮してくれるのです。

精力向上にも役立つので、夜の生活をもっと充実させたい人もヒスチジンを摂取するようにしましょう。

まとめ~特に子供の成長には欠かせない成分

ヒスチジン 効果 まとめ

子供の間は必須アミノ酸で大人になると生成できるヒスチジンですが、食生活の乱れによって不足しがちな人が多くいます。

必須アミノ酸であるかどうかだけではなく、自分にとって必要なのかをしっかり考えるようにしてください。

幸いなことにヒスチジンは多くの食品に含まれているので、摂取すること自体は難しくありません。

食事だけで難しい場合はサプリメントなどを活用して、適切な量を摂取できるようにしましょう。

ヒスチジン不足になると様々な問題が起きるので、健康的な生活を送るためには欠かせません。