中イキ(膣イキ)したい女性必見!オナニーで膣内を開発する方法

なかでいく子なかでいく子

女性に生まれて中イキ(膣イキ)を経験したことがない方は人生を損していると思うほど、中イキ(膣イキ)は最高に気持ちがいいです。

ですので、ぜひ中イキ(膣イキ)を経験してもらいたいと思いますが、そのためにはまず膣内を開発していく必要があります。

パートナーに協力してもらう方法もありますが、基本的には膣内の開発は自分自身でオナニーをして開発していきます。

時間はかかりますが、これから教えるオナニーの方法を繰り返し何度も継続して行っていくことで、きっとセックスで中イキ(膣イキ)することが出来るでしょう。

何も考えずにただセックスやオナニーをしているだけでは膣が開発されていくのであれば理想ではありますが、残念なことに勝手に開発されることは非常に稀です。

膣で中イキできるようになるはそれなりのトレーニングが必要になります。

今日やって明日できるようなものではありませので、楽しみながら気持ちよく継続して行っていきましょう^^

オナニーで開発する前に知っておこう!中イキ(膣イキ)には2種類ある

なかでいく子なかでいく子

中イキ(膣イキ)と一口に言っても、大きく2種類の中イキ(膣イキ)があります。

1つはGスポットを刺激することによる中イキ(膣イキ)。2つ目はポルチオ性感帯を刺激することによる中イキ(膣イキ)です。

オナニーで開発する前に、それぞれの場所をまずは理解しておく必要があります。

Gスポットの場所

Gスポット 場所

Gスポットを見つけるのに、膣内のザラザラしている部分を探す女性は多いですし、ネットなどでもそういった説明をしているサイトが多いです。

ですが、実際にはGスポットの感触は、実は人それぞれなんです。触ってみても他の箇所と同じ感触だったり、ザラザラではなくツルツルの女性もいるくらいです。ですので、触った感じだけを頼りにしていては、Gスポットを見つける苦労しちゃうかもしれませんね。

Gスポットの場所を探すポイントは、「Gスポットはクリトリスの脚」であるということを理解することです。Gスポットの構造をきちんと知っていれば、実はすぐに見つけることができるんです^^

Gスポットを探すときは、クリトリスの根っこの部分をイメージして触ってみましょう。手触りではなく、クリトリスとの位置関係を確認しながら探してみてください。きっとみつかるはずです。

Gスポットの刺激は慣れないうちは、おしっこをしたくなるような感覚に近い感じを覚えるかもしれませんが、オナニーでGスポットを開発していくと、徐々に快感を得るようになりますよ。

潮吹きとも非常に密接に関係しているのがGスポットの特徴ですので、興味がある女性はしっかりと開発していきましょう。

⇒Gスポットを自分で開発する方法の詳細記事はコチラから

ポルチオ性感帯の場所

ポルチオ 場所

ポルチオ性感帯の場所は膣の一番奥にあります。要は産道ですね。場所的にポルチオ性感帯を簡単に触れることはできませんから、開発には時間が訓練が必要になります。

ですが、開発されたポルチオを刺激して中イキ(膣イキ)する快感は他の気持ちよさには代えがたい最高のオーガニズムです。ポルチオを刺激されることでの中イキ(膣イキ)の快感を知らない女性は、女性として生まれた人生を損しているといっても過言ではありません。

言葉で説明するのは難しいですが、それくらいの素晴らしさと感動があります。

最初は難しいですが、地道に継続して開発していくことが必要となります。

オナニーで膣内を開発する方法

なかでいく子なかでいく子

では、具体的にオナニーで膣内を開発する方法を教えていきます。

最終目標はオナニーで1人でも膣内の刺激だけで中イキ(膣イキ)することが出来る事です。

非常に時間がかかることですが、中イキ(膣イキ)の気持ちよさはそれに値する快楽ですから頑張って行きましょう。

また、「セックスで中イキ(膣イキ)すること」が目標の場合でも、オナニーで中イキ(膣イキ)出来るようになればセックスで中イキ(膣イキ)することは難しくありませんので安心してくださいね。

まずはクリイキすることから始めましょう

膣内 開発 オナニー

クリトリスでイク経験がない女性やクリトリスでオナニーをしたことがない女性は、まずはクリトリスでイク、すなわち「クリイキ」をできるようになることがファーストステップです。

クリイキすることができなければ、中イキ(膣イキ)することは不可能です。膣内を開発するのであれば、まずはクリイキできるように、クリトリスを刺激しながらオナニーに励んでください。

これから解説する中イキ(膣イキ)するための膣内の開発にはクリトリスでイクことができることが欠かせない大切な要素となります。

なぜ、クリイキできなければ中イキ(膣イキ)できないのか?

オナニー 膣内 開発

どうすれば中イキ(膣イキ)できるようになるのか?アナタにとって膣内のどこが感じる場所なのか?それは膣の感度を高めることで初めて知ることができます。

そのためには、挿入した状態(ペニスでもバイブでも)でクリトリスでイクことです。

挿入して膣に刺激がある状態でクリトリスを刺激してイクことによって、脳がその時に刺激を受けている箇所、膣の内部が気持ち良いと認識してくれます。それを繰り返し繰り返し、何度も何度も経験してください。それを長期的に続けることが非常に重要です。

最初は難しいかもしれませんが、膣内に男性のペニスなり、もしくは電動バイブなどのアダルトグッズなりを挿入した状態でクリトリスでイクことを繰り返すうちに、徐々に膣内のどこが気持ちいいのかがわかってくるにようになります。

さらに繰り返すことで膣内が開発されていき、次第に確実にここが気持ちいい!という場所が膣内で見つかります。おそらくはそこがアナタのGスポットである確率が高いです。

慣れないうちはうまくいかないことも多々ありますが、1度コツを掴むと気持ちよくて楽しくなってくるはずですので、うまくいかなくても根気よく継続してみましょう(^^♪

膣内を刺激しながらクリイキを何度も繰り返す

膣内 開発 オナニー

クリイキできるようになったら、一緒に膣の中も刺激してみましょう。もちろん、クリトリスを刺激しながらでの膣内に刺激を与えます。

膣の中を刺激するのは、指でもかまいませんが、おすすめなのは、男性のペニスの挿入感に近い、リアルな感覚である方がより開発しやすく中イキ(膣イキ)できるようになります。

具体的には個人的におすすめなのは「ディルド」です。膣を開発するにはピッタリだと思います^^

慣れないうちは両方同時に刺激を与えて気持ち良く感じても、クリトリスの刺激を止めれば、膣内だけでは気持ち良さも感じられなくなってしまうことでしょう。ですが、挿入した状態でイク経験をずっと続けていると、膣内の感じ方にも変化が出てきます。

膣の開発を始めて最初のうちは、ディルドでも指でもどちらでも動かさず挿入しているだけの状態で大丈夫。徐々に膣の中が気持ち良いと感じるようになってきたら、クリトリスを刺激しながら挿入したディルドを動かしてみましょう。

その時に余裕があれば、膣の中の気持ち良いと感じる場所を少しずつ探してみてください。その場所がわかってきた時にはクリトリスを刺激しながら、同時に膣内の気持ちがいい場所に当たるように動かしましょう。激しくする必要なないので、ゆっくりと刺激してみてください。

このように膣内を刺激しながらクリイキする。これを何度も何度も経験してください。繰り返すことで確実に膣内の感度が上がってきます。

膣内のどの場所が気持ちいいのか、どう刺激すると快感を得ることができるのか、それが自然とわかってきます。その状態こそが中イキ(膣イキ)するための膣内の開発が出来てきているという証拠なのです。

クリトリスの刺激を抑えて膣内の刺激だけでイクことを目指す

膣内 開発 オナニー

自分で膣内のどこを刺激すれば良いか分かってきたら次の段階を目標にしましょう。

次の目標は、膣でイクいわゆる中イキ(膣イキ)です。

とは言いえ、いきなり膣内だけ刺激してもイクことはできませんから、まずはしっかりと濡らすためにもクリトリスを今まで通り刺激しましょう。ペニスを挿入したいと思えるほど気持ちが高まって、はじめてディルド(または指やバイブ)を挿入するのが良いですね。

まず最初は今まで通りに膣内を刺激しながらクリトリスを刺激していってください。ただし、イキそうになったらクリトリスの刺激は一旦やめて、膣内だけの刺激でイケるように気持ちいい場所へディルド(または指やバイブ)を動かしてみましょう。その際にクリトリスを刺激していた指は完全に話さなくても、動かさずに押し当てている分には構いません。

もし、クリトリスの刺激をやめたことでイク感覚が薄れてしまった場合は、再度クリトリスを刺激してください。そして、またイキそうになったらクリトリスの刺激を一旦やめて膣内の刺激だけに切り替えます。

基本的にはこの繰り返しです。クリトリスの刺激と一緒にディルドまたは指やバイブで膣内を刺激して両方同時に気持ちよくなります。イキそうになったらクリトリスの刺激を一旦止めて指を押しあてるだけの状態にしながら膣を刺激してイクことを目指します。

慣れないうちはなかなか難しいかもしれませんが、膣内を刺激しながらクリイキできるのであれば徐々に膣内だけでもイケるようになるはずです。重要なのは、イクと感じたらクリトリスの刺激を一旦抑えて(指で押しあてるだけの状態)にして、膣の刺激でイクことです。

思わずクリトリスの刺激でイっちゃうこともありますが、何度も何度も繰り返しこの方法でイク体験をすると、そのうち膣で感じてイクという感覚がわかるようになります。焦らずに、楽しみながら開発を続けていきましょう。

膣内の刺激だけでイク

膣内 開発 オナニー

クリトリスの刺激を弱めて膣内の刺激でイケるようになれば、クリトリスから完全に指を離し、膣の刺激だけでイクことを目指しましょう。

おそらく、この段階まで到達するのは、かなりの時間と経験が必要になります。オナニーの頻度が高い女性でも早くて数ヶ月、回数などによっては数年かかってもおかしくはありません。

ただ、心配は無用です。おそらく膣内だけの刺激によるオナニーでイクことができなくても、この段階まで開発できた女性は男性とのセックスで中イキ(膣イキ)することは可能です。

アナタ一人で膣内を刺激するオナニーよりも、リアルに男性がペニスで突いてくれるセックスの方が刺激が強いので、中イキ(膣イキ)できる可能性は高いです。

ですから、男性とのセックスで中イキ(膣イキ)することを最大目標にしているのであれば、膣内刺激だけのオナニーでイクことにこだわる必要はあまりないでしょう(それでも継続したほうがいいですけど)。

膣内だけの刺激によるオナニーでイクためには、いかに自分の性的興奮をキープできるかが重要になります。

そのためには妄想だけではなく、女性向けのアダルト動画やマンガ、雑誌や小説などいわゆる「おかず」を用意しておきましょう。

特に最近は女性向けのアダルトVRもあるので、よりリアルに性的興奮を得ることができますので、興味がある方はぜひ鑑賞しながらオナニーしてみてください^^

リアルな男性がいらなくなるくらい最高に気持ちいいリアルなオナニーができますよ\(^_^)/

セックスで中イキ(膣イキ)するにはクリトリスがこすれる体位を選ぶ

膣内 開発 オナニー

さあ、オナニーで中イキ(膣イキ)できるようになれば、セックスでも中イキ(膣イキ)できるはず!

すでに膣の中は開発が進んでいて、しっかりと感じることができるのですから、あとは膣内の気持ちの良い場所にどうやって刺激を与えるかの問題ですから色々な体位を試してみましょう。

男性は激しいピストン運動を好むようですが、膣でじっくりと感じるためにもゆっくりと出し入れするように伝えてください。また、挿入時はアナタの性感帯も一緒に愛撫してもらうのもいいですね。乳首やクリトリスなど愛撫する場所はたくさんあります。

やはりおすすめなのはクリトリスです。クリトリスがこすれる様な体位を選ぶとより中イキ(膣イキ)しやすくなるでしょう

具体的にはうつ伏せになってバックで挿入してもらう「寝バック」、二人が横向きに寝て、後ろから挿入する「側面体位」もクリトリスを触ってもらいやすいです。

女性は少し恥ずかしいかもしれませんが、オーソドックスな体位では騎乗位がおすすめです。クリトリスが自然と腰を動かす際にこすれますし、自分が主導権を握れるため興奮して更にイキやすくなります。

男性も楽な体位ですし、目の前で女性が感じている姿を目の前にすると、興奮するものです。

他には向かい合って抱き合った状態の「対面座位)もクリトリスがこすれやすいのでおすすめです。

オナニーでは中イキ(膣イキ)できたのに、セックスでは中イキ(膣イキ)できない場合の原因と解決方法

セックス 中イキできない 原因

オナニーで膣内を開発していけば、セックスでも中イキ(膣イキ)できるようになります。

なのにも関わらず、オナニーでは中イキ(膣イキ)できたけど、セックスでは中イキ(膣イキ)できないという女性は少なくないんです!

セックスで中イキ(膣イキ)できない原因としては、私の経験上、自分がどう相手に映っているかを気にし過ぎている場合が多いです。

例えば自分のコンプレックスが気になってしまってセックスに集中できない、また本当は感じる場所があって触って欲しいのに恥ずかしくていい出せない。

他にも、そもそも刺激が弱すぎて足りない場合やセックス中に疲れてきて結局、イった振りをするなどなど・・・・。

男性もですが女性も相手に気を使いすぎてしまってセックスでイクどころじゃなくなってしまうんですね。だから、一人で気楽なオナニーだと中イキ(膣イキ)できてしまう(そういう意味では中には知らない男性とのセックスだと中イキ(膣イキ)できるという女性もいます^^;)

セックスが原因で相手に嫌われたくなかったり、がっかりされたくない、また彼のプライドを傷つけてしまいそうなど、女性の心遣いが本来の「イケるセックス」から遠のいてしまっているのです。

女性はたとえセックスでイケなくても、男性からの愛を感じられるセックスができれば、気持ちは満たされますよね。ですが、男性はそうは考えません。女性が気持ちよくなってイクことが喜びなのです。そこで初めて自分の男性としての存在価値を無意識に満足させているのでしょう。

ですから、女性としてもセックスできちんとイケるようになれば、2人の関係はより深まります。男性も、自分の彼女がセックスで感じていると知れば、自信にもなり、アナタのことを今まで以上にとても愛おしく思ってくれものです。

もしセックスで中イキ(膣イキ)できない原因がこういった気の使い過ぎや恥じらいからくるような精神的なものである場合は、できるだけ取り除いていきましょう。

自分自身の問題であれば事前に気持ちを整理しておくのもいいですし、男性側の問題であれば勇気を出してキチンと相手にアナタの気持ちを伝えましょう。

あとは、今回紹介したオナニーで膣内を開発する方法を継続することが大切になります。

膣内開発に使いたい初心者向けのおすすめのディルドとバイブを紹介

なかでいく子なかでいく子

膣内を開発するためのオナニーの際には出来るだけ指ではなく、ディルドやバイブなどのアダルトグッズを利用するのがベストです。

指だと刺激される面積が狭い上にもう片方の手を動かすときに集中できないという問題が起きます。

ディルドやバイブは1つ1000円くらいから購入できますし、通販サイトで買えば誰にバレる心配もありません。また、専門の通販サイトなら自宅ではなくコンビニでも受け取り可能なので、ぜひこれを機会にディルドデビューしてみてください^^

オルガスター(またはオルガスターBIG

おすすめ バイブ オルガスター

バイブが初めての女性におすすめの「オルガスター」、そして「オルガスターBIG」です。

バイブにも色々ありますが、まだバイブの感覚に慣れていない女性には、オルガスターとても良いバイブです(※オルガスターは比較的小さめですので、挿入感を味わいたい女性はオルガスターBIGの方がおすすめです)。

両製品共通して、非常に柔らかい素材でできており、一般的な電動バイブの硬さを感じることはありません。また、形も普通のバイブとは違い、膣の奥のほうが圧迫されるような形状で作られています。

入り口周辺はくびれているのも特徴的で、膣の入り口に力が入りやすく、奥は圧迫して充分に感じることができる設計です。

また、クリトリスを刺激する部分も印象的で広く包み込むような形状ですので、気持ちよいところを逃がさず刺激し続けてくれるのです。

お尻側にこの刺激部分を回して挿入しクリトリスは自分で触るというオナニーもいいですね。

オルガスターは1度挿入してしまえば、手を離しても大丈夫ですので、オナニーで開発するにはもってこいですよね^^

空いた手で、好きな部分を触ることができますよ。胸など、自分で好きなように好きなタイミングで刺激できるのは良いですね。

みちのくディルドjr(または、みちのくディルド)

おすすめ ディルド みちのく

みちのくシリーズという人気のディルドシリーズの中で定番なのが「みちのくディルド」です。

みちのくディルドを初めてみる方は、想像以上に大きいと感じる方が多いですし、実際に私もちょっと大きくて痛いなと最初の頃は思っていました。

そういった声を受けて出来たのが「みちのくディルドjr」です。まずは初めての方はこちらの「みちのくディルドjr」から使うのがいいでしょう(大きい方がお好きな方は定番のディルドでもOKですよ^^)

「みちのくディルドjr」の感触ですが一見すると硬そうに見えますが、実は触った感触は柔らかいです。でも、実際の挿入感は硬いのです。

カリもしっかりとしているので膣内でカリが引っかかる感覚もしっかりと味わえます。膣の中は良い感じにゴリゴリ刺激されますので、とっても気持ちよくて満足できますよ。

奥まで挿入するのはなかなか勇気が要りますが、膣内の開発のためには徐々に奥まで挿入するようにしていきましょう。

硬さ、大きさ使用感など、これを経験してしまうと本物のペニスでは満足できなくなるかもしれないと感じるほどです。

また、「みちのくディルドjr」には吸盤もついていますので、床や壁につけて使用することも可能です。

まとめ~愛する男性とのセックスで中イキ(膣イキ)出来ればこれ以上の喜びはない

中イキ 開発 セックス

オナニーで膣内を開発するためにはクリトリスでイケることがスタートになります。

そこから膣内の刺激と同時にクリトリスを刺激してイケるようになれば、徐々にクリトリスの刺激を抑えて、膣内だけの刺激でイケるようにしていきましょう。

それが出来るようになればセックスで中イキ(膣イキ)するのは難しくありません。

もし、オナニーで中イキ(膣イキ)出来るのに、セックスで出来ない場合はアナタの精神的な問題、もしくはパートナーの男性に問題がありますので、その原因を取り除くように対策をしていきましょう。

また、オナニーで膣内を開発する際に挿入するのは、指ではなくバイブもしくはディルドを使用することをおすすめします。

より男性のペニスに近いリアルな感触でオナニーを続ける方がイキやすく、短期間で中イキ(膣イキ)をマスターできるので、ぜひ使ってみてください。

価格も1000円程度からありますし、アダルトグッズ専門の通販サイトを使えば誰にもバレずに購入することも出来ます。

冒頭にも書きましたが、中イキ(膣イキ)は女性として生まれてきた特権であり、大きな喜びです。それが愛する男性とのセックスで味わえればこれ以上の最高な気持ちよさはありません。

ぜひ、開発にチャレンジしてみてくださいね(^^♪