スレオニン トレオニン 効果

せせりたつおせせりたつお

スレオニン(トレオニン)は人間が自ら作りだすことの出来ない必須アミノ酸です。

代表的な効果としては成長を促進させる効果があることから子供の成長や美容など幅広い効果が期待できます。

その他にも脂肪肝の予防の効果やコラーゲンを作る際の材料となることから美肌効果などが期待されます。

スレオニン(トレオニン)の5つの効果

脂肪肝の予防効果

スレオニン トレオニン 効果

脂肪肝という病気を聞いたことはありませんか?暴飲暴食や脂肪分の多い食事をしていることが原因で、肝臓に中性脂肪の蓄積された状態です。

肝細胞のうち30%以上に中性脂肪が蓄積されていると脂肪肝と診断されます。

この状態が長時間続くようであれば、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす可能性が高まるのです。

スレオニン(トレオニン)には代謝を促進する効果があり、肝臓に脂肪の蓄積するのを防ぐ役割があると言われています。

結果的に脂肪肝予防効果も期待できるわけです。

成長を促進する効果

スレオニン トレオニン 効果

スレオニン(トレオニン)には新陳代謝を促す働きもあるとされています。

新しい細胞をどんどん作り出すことで、成長を促進する効果が期待できるのです。

子供に摂取させると、健全に成長できる可能性も高まります。

また体の各機能が正常に発達するように促す効果もあると言われています。

胃炎を改善する効果

スレオニン トレオニン 効果

飲みすぎや食べ過ぎで胃に大きな負担をかけると、胃に炎症を起こすことがあります。

そのほかにもアレルギー体質の人がアレルゲンを摂取すると炎症を起こすこともあるでしょう。

スレオニン(トレオニン)には、胃炎を改善する作用があるとして注目を集めています。

スレオニン(トレオニン)には胃酸の分泌のバランスを整える作用があります。

胃酸が過剰に分泌されると、胃の粘膜を傷めて炎症を起こすこともありますが、これを防ぐ役割が期待されているのです。

美肌効果

スレオニン トレオニン 効果

女性であればNMFという言葉を聞いたことのある人も多いでしょう。天然保湿成分のことで、角質層に存在しています。

角質層の線維間物質にあって、肌の潤いを維持する重要な役割を担っています。

乾燥肌で肌がダメージを受けないようにするために欠かせない存在です。

このNMFですが、全体の40%がスレオニン(トレオニン)をはじめとしたアミノ酸によって占められています。

実際肌荒れをよく起こす人の肌を調べてみたところ、角質層のアミノ酸が普通よりも不足気味だったというデータも出ているほどです。

またスレオニン(トレオニン)には先ほども紹介したように、コラーゲンを合成する際の材料にもなります。

コラーゲンも肌のハリや潤いを保つために欠かせない存在で、美肌を維持するために必要な栄養分であることがお分かりになるでしょう。

髪の潤いを保つ効果

スレオニン トレオニン 効果

私たちの髪の毛は、ケラチンというタンパク質の一種で主に構成されています。

ケラチンを合成するためには、18種類のアミノ酸が必要とされ、その中の一つにスレオニン(トレオニン)も含まれます。

スレオニン(トレオニン)を摂取することで髪の毛を生成しやすい環境を作れます。

また髪の毛の潤いを保ち、ハリのあるつややかな髪の毛に仕上げることも可能と言われています。

ダイエットをして極端に食事制限をする、偏った食生活を続けていると髪の毛がパサつくことはないですか?必要な栄養分を摂取できないと、髪の毛の美しさも失われてしまいます。

美しい髪の毛を維持したければ、スレオニン(トレオニン)も摂取も意識することです。

スレオニン(トレオニン)と精力アップの関係

スレオニン トレオニン 効果

先ほども紹介したように、スレオニン(トレオニン)には脂肪肝の予防効果が期待できます。

脂肪肝の状態が慢性化すると肝機能もどうしてもダウンしてしまいます。

肝機能がダウンすると、体の各組織の働きも低下して、精力減退などの症状も出てくるかもしれません。

つまりスレオニン(トレオニン)を摂取して、肝機能を向上させれば精力増強効果も期待できるのです。

性欲があまり起こらなくて悩んでいるのであれば、スレオニン(トレオニン)を摂取してみるのはいかがですか?

スレオニン(トレオニン)を多く含む食べ物

スレオニン トレオニン 食べ物

スレオニン(トレオニン)を含む食べ物もいろいろとありますので、上で紹介したような効果がほしければ意識して食べるようにしましょう。

まずは鶏肉があります。一般的な鶏肉のほかにも七面鳥のお肉にも含まれています。

鶏肉を食べるのであれば、皮の部分を意識して摂取するのがおすすめです。

またゼラチン質の中にスレオニン(トレオニン)は含まれているといいますので、魚の煮凝りや煮魚の際には骨の中のゼラチン質も食べてみるといいでしょう。

そのほかには、卵や脱脂粉乳の中にも含まれています。

野菜でスレオニン(トレオニン)をしたければ、サツマイモやクリなどに含まれていると言われているので、日々の献立の中で意識して取り入れてみましょう。

スレオニン(トレオニン)とは

スレオニン トレオニン 

スレオニン(トレオニン)とは必要だけれども体内で合成のできない、必須アミノ酸の一種です。

自然界には500種類以上のアミノ酸があると言われていますが、人間の体を構成するタンパク質を作り出すアミノ酸は20種類のみです。

その中の一つが、このスレオニン(トレオニン)で、人間や動物の成長と深く関係したアミノ酸です。

飼料用の穀物に添加することで、資料だけでは補えない必須アミノ酸を補給しています。

1935年にアメリカのローズという人が血液のフィブリンの中に含まれるスレオニン(トレオニン)を発見しました。

人間の体は20種類のアミノ酸によって構成されているといいましたが、スレオニン(トレオニン)はその中でも最後に発見されたアミノ酸です。

スレオニン(トレオニン)の働き

スレオニン トレオニン 

スレオニン(トレオニン)には成長を促進する効果があると言われています。

またコラーゲンを生成するのに欠かせない材料の一つとされていて、肌の弾力やハリを維持するためにも必要な成分といえます。

さらにスレオニン(トレオニン)には糖原性という性質があり、体内でグルコースを生成するための材料になるのも特徴です。

グルコースは脳や体を働かせるのに欠かせない栄養分で、その意味でも私たちの生活と密接な存在ともいえます。

さらに肝臓に脂肪が蓄積するのを抑制する効果があると言われ、脂肪肝対策にも使えるのではないかと注目を集めています。

スレオニン(トレオニン)は医薬品としても使われ、低栄養状態や手術前後のアミノ酸補給時に活用されています。

スレオニンとトレオニンの違いとは?

スレオニンやトレオニンといった用語が使われますが、両者は同じ物質を指しています。

スレオニン(トレオニン)は英語表記をすると、Threonineとなります。

これを日本語表記にする際に、スレオニン・トレオニンという2つの解釈ができたことによる違いです。

スレオニン(トレオニン)の1日の摂取量と副作用

スレオニン トレオニン摂取量 副作用

スレオニン(トレオニン)は体にとってプラスの効果が期待できますが、過剰摂取するとかえって副作用が起こりやすくなりますので摂取量に注意が必要です。

1日の摂取量は体重1kg当たり15mgが目安と言われています。

もし体重60kgの方であれば、1日900mgを限度にして摂取することです。

過剰摂取すると、胃腸障害や頭痛が起きる可能性も考えられます。

ただしスレオニン(トレオニン)を過剰に摂取するのはレアケースなので、サプリメントを推奨されている量の何倍も一度に摂取するなどしなければ、まず起こらないと思っていいでしょう。

スレオニン(トレオニン)の過剰症・欠乏症

スレオニン トレオニン 欠乏症

スレオニン(トレオニン)を過剰摂取すると、頭痛や胃腸障害を起こすことがありますが、これはまれにしか起こりません。

食事で摂取して過剰摂取になることはまず不可能でしょう。むしろ欠乏することによって起きる症状のほうが可能性として高いです。

スレオニン(トレオニン)が欠乏すると、食欲不振や貧血、体重減少などが起こります。

欠乏とまではいかないまでも不足している状況が慢性的に続くと、肌のしわやたるみが目立つようになり、実年齢よりも老けて見られる可能性があります。

スレオニン(トレオニン)を必要とする人

スレオニン トレオニン おすすめ

スレオニン(トレオニン)には脂肪肝を抑制する作用があると言われていますので、お酒を飲みすぎる傾向のある人は摂取したほうがいいでしょう。

また成長を促す効果がありますので、これから成長期を迎える小さなお子さんのいる家庭でもどんどん取り入れたいところです。

美肌や髪の毛の潤いにも貢献すると言われる成分なので、女性で美しく、いつまでも若々しく見られたいと思っている人にもおすすめの成分です。

まとめ

スレオニン トレオニン

スレオニン(トレオニン)は内臓を健康に導き、美しい肌・髪の毛を維持するために効果の期待できる成分です。

体の内側と外側から美しさ・若さの維持が期待できます。年齢を重ねるとともに衰えを感じている人はいませんか?

その中にはできるだけ若い状態を維持したいと思っている人も多いはずです。

そのような人におすすめの成分がスレオニン(トレオニン)です。

日本の現代の食生活では、スレオニン(トレオニン)が十分摂取しきれていないのが現状です。

そこでサプリメントなども使って意識してスレオニン(トレオニン)を摂取し、若さを維持してみませんか?