ノコギリヤシ 効果

せせりたつおせせりたつお

CMなどメディアでもよく耳にする「ノコギリヤシ」ですが、このノコギリヤシには中高年男性にとって嬉しい効果ばかりです。

ノコギリヤシに含まれる「β-シトステロール」という成分が、薄毛や尿トラブルの原因とされるジヒドロテストステロンという男性ホルモンを抑制する効果があるとされています。

また、このジヒドロテストステロンを抑制することで、性欲や勃起力に大きな働きを持つテストステロンという別の男性ホルモンを増やす効果も期待されます。

ですのでノコギリヤシには「薄毛・育毛対策」「頻尿などの尿トラブルの改善」「勃起力アップや性欲の向上」といった中高年男性のほとんどの方が持つ悩みを緩和してくれる可能性があることから、人気の原材料となっているのです。

ノコギリヤシには勃起力や精力アップの効果はあるのか?その理由とは?

ノコギリヤシ 勃起力

ノコギリヤシには前立腺肥大に対する効果が期待されています。

前立腺肥大になると尿の切れが悪くなる、または頻尿、さらには勃起不全(ED)を発症するきっかけになる可能性があります。

この前立腺肥大の原因は、前立腺細胞内にある「ジヒドロテストステロン」の増加だとされています。

 

ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結合することで発生するのですが、ノコギリヤシにはこの5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあるといわれ、ジヒドロテストステロンの増殖を抑制し、前立腺肥大防止の効果が期待できるのです。

その結果、残尿感やEDの症状を改善して勃起力を回復できる可能性に期待が持てますし、また精液の量・質ともに回復する可能性も高く期待できるのです。

 

さらにノコギリヤシにはテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを抑制する効果もあるために、結果的にテストステロンの分泌量が多くなります。

テストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の性欲をつかさどる大事なホルモンです。

このテストステロンの分泌量が多くなることで性欲を増進することができ、結果的に勃起力アップ、勃起不全(ED)を改善する効果も高く期待できるわけです。

ノコギリヤシの主な4つの効果

前立腺肥大の予防・改善

ノコギリヤシ 前立腺肥大

男性特有の生殖器である前立腺は年齢とともに肥大するリスクが高くなります。

40歳以降になると前立腺肥大が顕著に現れる傾向があり、60歳以上になると6割以上の男性の前立腺が肥大しているとされています。

前立腺は膀胱の真下・尿道に近いところにあるので、肥大すると排尿システムに障害を引き起こします。

 

ノコギリヤシにはこの前立腺肥大の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあるといわれており、前立腺肥大の予防・改善効果が期待できるでしょう。

ノコギリヤシと前立腺肥大の関係に関する研究は多数実施されていて、その因果関係が明らかになっています。

夜の頻尿や尿のキレの悪さ、不眠の改善

ノコギリヤシ 前立腺肥大

前立腺肥大は、いろいろな弊害を引き起こします。

前立腺は膀胱や尿道の近くに位置している臓器なので、泌尿器系の障害を引き起こしやすくなるのです。

前立腺が肥大すると尿の通り道が圧迫されて、尿意はあるけれども尿の切れが悪くて、出し切っても残尿感の発生する頻度も多くなります。

また夜トイレに行く回数も増えることも頻繁に起きます。その結果、夜十分な睡眠がとりにくくなって不眠症などの睡眠障害を起こす危険性もあるのです。

ノコギリヤシには前立腺肥大症に対する効果があるとされいますので、頻尿や残尿感などを始めとする排尿障害に悩まされることも少なく出来る可能性があります。

前立腺炎の予防

前立腺炎 予防

前立腺肥大のほかにも前立腺に関する疾患はいくつかあります。

その中の一つに前立腺炎といって、前立腺の炎症を引き起こす症状があります。

前立腺炎は前立腺肥大と異なり、比較的若い年代の男性に多くみられる症状です。

この前立腺炎は酵素の働きによって症状が進むといわれているのですが、ノコギリヤシにはこの酵素の働きを阻害する効果があるといわれています。

ノコギリヤシを摂取することで前立腺炎の予防の期待が持てます。

薄毛、抜け毛予防・育毛効果

ノコギリヤシ 薄毛 育毛

男性の中には薄毛・抜け毛に悩んでいる人は少なくありません。

この薄毛・抜け毛対策のために、育毛剤や育毛サプリを使って予防や対策をしている男性も多いかと思います。

育毛剤や育毛サプリに含まれている成分を見てみるとノコギリヤシの配合されているものが多いことがわかります。

 

男性の脱毛症であるAGAは、テストステロンに5αリダクターゼと結びつくことで発生する「ジヒドロテストステロン」が原因とされています。

ノコギリヤシには、この5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるので、ジヒドロテストステロンの生成が収まり、抜け毛の進行を抑制する効果があるのです。

ただし発毛については、ノコギリヤシだけで効果を実感するのは難しいと考えられているのでその点は誤解のないように注意しましょう。

そもそもノコギリヤシとは?

ノコギリヤシとは

最近CMなどでもノコギリヤシという言葉を耳にすることが多くなった人も増えているのではないでしょうか。

ノコギリヤシは前立腺肥大や薄毛に対して効果が期待できるとして非常に注目を集めています。

 

そもそもノコギリヤシとはシュロの一種で、アメリカの南東部からメキシコに自生する植物のことです。

ノコギリヤシと呼ばれるようになったのは、その葉っぱの形状がギザギザしていて、まるでのこぎりのような形状をしていることからこの名が使われるようになりました。

「ソーパルメット」という名称で紹介されることもありますが、これは英語表記した場合の名前です。

 

ノコギリヤシは昔から、ネイティブアメリカンの間で健康食として愛用されてきました。

しかしその効果が研究などで明らかになるにつれて、世界中で使用されるようになってきたのです。

日本では健康食品・サプリメントに配合されることが多いですが、ドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国では医薬品として使用されている地域もみられるほど多様な効果が期待されているのです。

ノコギリヤシの成分「β-シトステロール」について

ノコギリヤシ β-シトステロール

ノコギリヤシにはいろいろな脂肪酸が含有されています。その中でもノコギリヤシの健康効果を引き出している成分として、β-シトステロールという成分が含まれています。

β-シトステロールには、ジヒドロテストステロンの発生を抑止する効果が期待できるといわれています。

 

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で、男の子の生殖器の発達に欠かせない物質ですが、年齢を重ねると前立腺肥大や薄毛などのマイナスの作用をもたらす恐れがあるのです。

ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼという酵素の一種が結合することで発生しますが、β-シトステロールには5αリダクターゼの働きを抑制する作用があるとみられています。

その結果、ジヒドロテストステロンが体内に産生しにくい環境を作り出すことができるわけです。

テストステロンが減少すると、ジヒドロテストステロンへの変換が活発化するといわれているので、中高年に差し掛かった男性は特に注意する必要があります。

ノコギリヤシの副作用とは

ノコギリヤシ 副作用

ノコギリヤシは作用のあらわれるのが比較的穏やかで、もともとハーブで天然由来の成分でもあることから副作用の少ないものとして知られています。

ですから普通に摂取している分には、何らかの健康被害の出る恐れは極めて低いでしょう。

 

しかし過剰摂取するとトラブルの起こるリスクも高まりますので注意する必要があります。

具体的に報告されている過剰摂取による副作用の事例は、めまい・吐き気・便通異常などです。

そのほかにはホルモンに影響を与える効果があります。ですので妊婦さんや授乳中の女性、乳幼児が摂取するのは控えたほうがいいでしょう。

ノコギリヤシの摂取方法にはどんなものがあるの?

ノコギリヤシ サプリ

ノコギリヤシは食用として摂取することは、日本では極めて珍しいです。

稀に健康ドリンクの中に、ノコギリヤシの配合されている商品もありますが、基本的にはサプリメントを使って摂取するスタイルが一般的です。

サプリメントであればいつでも気軽に摂取することが出来ますし、自分がどれくらいの量を摂取しているかも把握できるので便利ですよね。

 

ノコギリヤシのサプリメントの種類は大きく3つに分類され「頻尿など排尿トラブル系」「育毛・薄毛対策系」「勃起力アップ・精力増強系」に分かれています。

中でも最近は尿トラブル系と精力アップ系の両方の効果を期待できる「ノコギリヤシ」と「クラチャイダム」を組み合わせたサプリは人気があります。

 

 

ノコギリヤシサプリの摂取量目安と効果が期待される期間

ノコギリヤシ 摂取量

ノコギリヤシに関する研究はいろいろと行われていて摂取目安量も明確に出ています。

1日当たりのノコギリヤシの摂取目安量は320mgとされています。

早く効果を出すために摂取目安量以上のノコギリヤシを摂ったとしても効果が劇的に現れることはあまり期待しない方がいいでしょう。

 

あくまでサプリメントは継続していくことで徐々に効果を実感できるものです。

だいたい効果が実感できるまでは、一般的には1~3か月程度かかると言われています。

ノコギリヤシのサプリメントを使用する際には、最低でも3か月は継続摂取したほうが効果も実感しやすくなるでしょう。

ノコギリヤシサプリを摂取する際の注意点

ノコギリヤシ 注意点

ノコギリヤシはホルモンバランスに影響を与える効果があるため、妊娠中・授乳中の女性は避けるべきです。

また、おなかの中の赤ちゃんが男児だった場合、男性器の発達に悪影響をもたらす恐れも考えられます。

その他にも抗血液凝固剤や抗血小板薬を服用している人は、ノコギリヤシも合わせて使うことで出血傾向の高まる恐れもあります。

こういった方がノコギリヤシを服用する際には主治医に相談することが賢明です。

 

ちなみにドイツ連邦保健庁の薬用植物評価委員会によると、ノコギリヤシは前立腺肥大の症状を緩和できても、完治するまでは難しいとしています。

ですのでサプリメントはあくまでも症状を緩和させてくれるものという認識で、症状を感じる方は定期健診や医師の診断を仰ぐようにしましょう。

ノコギリヤシをおすすめする人とは?

ノコギリヤシには薄毛・育毛効果や尿トラブルの改善、精力アップなど様々な効果が期待されています。

しかもすでにいろいろな研究・実験が行われていて、効果も実証されていることからメディアでも注目されています。

特に以下のような悩みを持っている人は、ノコギリヤシの摂取を検討すべきでしょう。

  • 最近トイレが近くなった
  • 小便をきちんと出し切ったとしても残尿感がある
  • 夜中何度もトイレに行きたくて目が覚めてしまう
  • 若いころと比較すると勃起力が弱くなった気がする
  • 性欲の高まりがなくて女性にあまり興味がなくなってしまった
  • 枕や排水溝のところに抜け毛が塊で見つかる
  • 最近頭皮が透けて見えるほどに薄毛が進行してしまった
  • 健康診断などで前立腺肥大の傾向があるとお医者さんに指摘された

…etc

 

こういった男性はサプリメントでノコギリヤシを摂取することを考えてみる価値はあるでしょう。

まとめ~ノコギリヤシは男性に嬉しい効果が盛りだくさん

ノコギリヤシ 効果 まとめ

いかがでしたか?

今回はノコギリヤシの効果や成分について解説してきました。

ノコギリヤシに含まれる-β-シトステロールには、前立腺肥大や薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑止する効果があるとされています。

また、結果的にジヒドロテストステロンを抑制することで男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果も期待できます。

 

ですから、ノコギリヤシの効果には尿トラブルの改善や薄毛対策、育毛効果、また性欲の向上や勃起力アップなど中高年男性にとっては嬉しい効果ばかりです^^

こういった経緯から研究も進んでおり科学的な裏付けも検証されていることから、今後ますますノコギリヤシは注目されていくでしょう。