アルギニン 効果

せせりたつおせせりたつお

男性の精力剤や女性の化粧品などの美容商品にもよく含まれる成分である「アルギニン」。

血流を改善させる強力な効果があるとされることから、幅広い効果が期待できることでも知られます。

特に男性の勃起力の低下や性欲の減退、アンチエイジングなどに効果的であることが有名ですよね。

ということで、今回はアルギニンの代表的な効果や摂取量、飲むタイミングや効果が出るまでの期間などを紹介していきます。

食品からだけでは効果が期待できるアルギニンの量を摂取するのは難しいので、サプリを利用するのがポイントですよ^^

アルギニンの効果

血流改善

血流改善 アルギニン

アルギニンの大きな効果の一つが血流の改善です。

アルギニンは体内で一酸化窒素を作り出します。

この一酸化窒素は酸素をたくさん含んだ血液が通る動脈の平滑筋を弛緩させる働きがあり、結果として血管を拡張させます。

当然、血管が拡張すればそこを通る血液の流れがスムーズになり血流が改善するのです。

 

アルギニンを摂り入れると血流が良くなるので、体内にたまった老廃物がスムーズに体外に排出されます。

そのため手足に現れるむくみが解消したという例も少なくありません。

女性の方の中には冷えに悩まされている方も多いかもしれませんが、アルギニンによって温かい血液が末端まで行きわたるようになるため、冷え性の改善・解消にも効果的です。

 

アルギニンは血管を修復する働きもあるため心筋梗塞などにも効果的で、血栓ができにくい血管を作ることができます。

当然心筋梗塞だけでなく脳梗塞や動脈硬化などにも効果を発揮します。

その結果、勃起力の向上やペニス増大などの男性機能の向上にもつながるのです。

男性機能の向上

アルギニン 男性機能

アルギニンを含むサプリメントなどが男性に人気がある秘密は、強力な男性機能向上効果があるからです。

勃起力の低下や精力減退、またEDの不安(勃起障害)などに悩んでいる男性はアルギニンを試してみる価値があります。

 

なぜならアルギニンは一酸化窒素を作り出し古くなった血管を修復し、かつ拡張させる効果があるからです。

よく知られている通り勃起は海綿体に血液が流れ込むことによって生じます。

つまり血管を強くしたりたくさん血液が流れ込んだりするようになれば勃起力の低下や勃起障害を改善できるかもしれません。

 

さらにアルギニンは男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進します。

男性ホルモンであるテストステロンがたくさん分泌されると性欲の向上や精液・精子の数を増やすことが可能になります。

加えてアルギニンは精子の活動を活発にするため性機能の向上に大いに役立つことが知られています。

実際にアルギニンによって男性としての誇りを取り戻せたという感想や、男性不妊症だったのに子供ができたといった喜びの声も多いですね。

免疫力の向上

アルギニン 免疫力

次にアルギニンの効果として挙げられるのが免疫力の向上です。

私たちの体には高い免疫が備わっており、外部から細菌やウイルスが侵入してくると、まずT細胞が外敵を攻撃します。

アルギニンは胸腺を刺激してこのT細胞の分泌を促します。

 

これだけでも免疫力が向上していきますが、アルギニンの効果はT細胞に限りません。

アルギニンはがん細胞に対抗するナイトヘクトオクサイドという物質を作り出します。

ナイトオクトヘクサイドはがん細胞を攻撃して破壊する働きがあります。

 

実際にとある調査ではがん患者に対してアルギニンを含む栄養素を与えたところ、アルギニンを摂取した患者は摂取しなかった患者に比べて感染症の発生数が半分以下になったという研究結果もあります。

また別の調査ではインフルエンザにかかりやすい子どもにアルギニンを与えたところ感染しにくくなることが確認されています。

アルギニンには免疫力を向上させる高い効果があるのです。

疲労回復効果

アルギニン 疲労回復

アルギニンを摂取すると疲労回復にも役立ちます。

私たちがよく感じる疲労は筋肉疲労です。

筋肉の中に乳酸などの疲労物質が溜まってきてだるさを感じたり、筋肉痛になったりします。

アルギニンには血管拡張効果があるので、体内にたまった疲労物質や老廃物を体外に排出するのを助けてくれます。

運動後などに摂取すると翌日すっきり目覚めて疲れが残っていないことを体験できるでしょう。

 

加えて体以外にも別の疲労もあります。それが脳疲労です。

体内で細胞が呼吸をしたり消化などの代謝活動をしたりするとアンモニアが発生します。

通常であればアンモニアは尿によって体外に排出されますが、アンモニアの量が多すぎると血液中に取り込まれて体内をめぐります。

 

血中のアンモニア濃度が高まると脳が手足に活動を抑えるように指令を出しだるさを感じます。

これが脳疲労で、アルギニンは肝臓の働きを高めてアンモニアの尿素への変換や体外への排出を助けます。

結果として脳疲労の回復もアルギニンによって可能なのです。

成長ホルモンの分泌

アルギニン 成長ホルモン

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進することでも知られています。

成長ホルモンとは脳内の脳下垂体という部分から分泌されるホルモンのことで、組織の成長を促し代謝を促進するという二つの大きな働きがあります。

成長ホルモンが骨や筋肉に作用することによって骨が大きくなったり筋肉がついたりします。

アルギニンを摂取すると、脳下垂体を刺激して成長ホルモンがより多く分泌されるのです。

 

アルギニンは子どもの時には体内で生成されないので食事などで摂り入れる必要がありますし、成長ホルモンは年齢とともに分泌されにくくなっていくので、どんな人でもアルギニンによって高い効果を得ることができるでしょう。

具体的には身長が伸びる、バストアップする、筋力アップになるといった効果があります。

特に低身長に悩んでいる方(高校生くらいまで)にはぴったりです。アルギニンによって成長ホルモンが分泌されると身長が伸びる可能性があります。

アンチエイジング、美容効果

アルギニン アンチエイジング

アルギニンには美容効果などのアンチエイジングも期待できます。

美容効果といえば肌の保湿や美白などをイメージする方が多いでしょう。

まず、アルギニンはアミノ酸の一種であり肌の自然保湿因子となります。

肌の保湿効果が高くなれば、肌のターンオーバーも正常化していつでも潤いのある肌を保つことができるでしょう。

 

アルギニンには一酸化窒素を作り出すという働きもありますが、生成された一酸化窒素は抗酸化作用を示し活性酸素の働きを阻害します。

活性酸素は肌や脳を老化させる働きがあるので、アルギニンによって高いアンチエイジング効果が得られるでしょう。

 

加えてアルギニンには糖化の抑制効果もあります。糖化は肌、歯、脳、眼、生殖機能などさまざまな部分の老化を促進するものです。

アルギニンによって糖化の働きを抑え老化を遅くすることが可能になります。

多くの女性がアルギニンによってしわやシミが消えて肌が若返ったと感じています。

アルギニンの過剰摂取による副作用や注意点

アルギニン 副作用

こうしたたくさんの良い効果があるアルギニンですが、適量を守らずに過剰摂取すると副作用が出ることがあります。

アルギニンは強いアルカリ性の物質なので、もし中和されていないアルギニンサプリメントを飲むと胃が荒れてしまい、胃痛、腹痛、下痢といった副作用が現れます。

こうした副作用が出た時にはすぐに飲む量を減らして様子を見るようにしましょう。

 

さらに過剰摂取を続けると腎臓や肝臓に負担がかかるので、肝臓機能や腎臓機能に不安がある方は飲む量に十分注意する必要があります。

加えてアルギニンは効果が持続しにくい成分なので、一度に大量に飲むのではなく、一日分の量を三回か四回に分けて飲む方が効果的です。

アルギニンを摂取したほうが良い人、避けた方が良い人とは

アルギニンを摂取した方が良い人は、当然ですが先ほど紹介した6つのアルギニンの効果を必要としている人です。

特に勃起力の低下や精力減退など男性機能で悩んでいる方には最もおすすめです。

さらに筋肉増強やアンチエイジングに効果がある方も継続的に摂取してみる価値があります。

多くの男性がアルギニンを継続的に摂取し続けることによって勃起力の低下や中折れといった悩みを解消してきているの事実です。

 

一方でアルギニンの摂取をできるだけ避けた方が良い人もいます。

例えば低血圧の人、ヘルペス患者、15歳以下の子どもなどです。

特にヘルペスはアルギニンによって増殖するので、治療中は過剰摂取かどうかにかかわらず摂取を控えましょう。

さらに小さな子供に対してアルギニンを与えると巨人症のリスクが高まると言う説もあります。

アルギニンの1日の摂取量と上限とは

アルギニン 摂取量

アルギニンによって副作用を起こさないためには、1日の摂取量を知っておくことが非常に重要です。

アルギニンの1日の上限は20g程度とされています。

これをはるかに超えて摂取すると副作用を起こしたり、腎機能や肝機能に問題がある方の場合命にかかわる症状を引き起こすこともあります。

もちろん1日の上限は年齢や体力、その日のコンディションなどによっても変わるので、慎重に摂取するようにしてください。

 

1日に摂取するべき量は、どんな効果を得たいかにもよりますが、少ない方では2gから、多い方でも9g程度である程度の効果を感じられると言われます。

上限の範囲内であれば量を増やしてみて効果が高まるか様子を見ることもできます。

アルギニンを摂るタイミングとは

アルギニン タイミング

アルギニンは体の吸収効率が悪いため、いつアルギニンを摂るかいうのは大きな問題となります。

もしタイミングが悪ければせっかっく摂り入れたアルギニンが体外に排出されてしまうかもしれません。

私たちの体は空腹時にもっとも吸収効率が良くなるので、食事の前などおなかがすいている時がアルギニンを摂るベストタイミングです。

 

またアルギニンには成長ホルモンの分泌を促進するという働きもあるので、成長ホルモンが分泌されやすい時間帯にも飲むと良いでしょう。

その時間帯とは就寝前、運動する前、運動後です。

一日に三回か四回に分けて摂取することでより効果的にアルギニンを体内に取り入れることができます。

アルギニンをより効果的に摂取するためには

アルギニン 効率よく摂取

アルギニンは体内に吸収されにくいアミノ酸です。

そこでビタミンB6が含まれている食品と一緒に摂取するととても吸収率がよくなります。

ビタミンB6はアルギニンが体内に吸収されるのを助けてくれるので、摂取したアルギニンを無駄なく体内に取り込むことができるのです。

勃起力の低下や精力減退に悩んでいる方は、ビタミンB6が豊富に入っている豚肉や鶏肉、ニンニクなどと一緒にアルギニンを摂取すると良いでしょう。

 

もし美容効果やアンチエイジング効果を望むのならばビタミンCのサプリメントなどを一緒に飲むと効果が増します。

また、強いアルカリ性のアルギニンを中和するためにオレンジジュースなど酸性のものを取り入れると良いかもしれません。

アルギニン効果が出るまでの期間

アルギニン 期間

せっかくアルギニンを摂取するのだから、できるだけ早く効果が出てほしいというのは誰しも当然の願いでしょう。

実際にアルギニンを摂っている人の中でも効果が出るまでの期間には個人差があります。

ですから、重要なのはアルギニンを飲み始めてもすぐに効果を求めすぎるのではなく、ある程度の量を一定期間飲み続けることです。

 

例えば肌のターンオーバーは四週間ほど、精子の生成サイクルは三ヶ月ほどです。つまりどんな効果を得たいとしても、最低一ヶ月~三か月程度は使用し続ける必要があります。

一ヶ月適切な量を摂取し続ければ、多少なりとも疲れにくくなったり美肌効果を感じたり、さらには精力増強効果が感じられるようになることもあると思います。

すぐには効果が出ていないように思えても、継続してアルギニンを摂り続けるのが重要なのです。

アルギニンを多く含む食品

せせりたつおせせりたつお

アルギニンは比較的普段の食事に多く含まれる成分です。

ですが反面、身体への吸収率はさほどよくありません。

ある程度、早い期間で勃起力アップや精力増強などの効果を期待するのであれば、食事からだけではなくサプリメントなどを並行して摂取していくことが必要になります。

魚介類

精液を増やす アルギニン

アルギニンを多く含む食品としてまず挙げられるのが魚介類です。

特に多く含まれているのがかつお節で、100g当たり4gのアルギニンが含まれています。

しらす干し、すじこ、シャコなどにも100g当たり2g前後のアルギニンが含まれているので積極的に食事に取り入れることができるでしょう。

マグロやカツオといった刺身で食べることの多い魚にもアルギニンは入っています。

 

アルギニンは過熱しても壊れにくいという特徴があるので、魚介類のように過熱しても生でも食べられる食品を使ってバリエーション豊富な摂取の仕方ができます。

一度の食事でたくさんの量を食べることができるというのも魚介類のメリットの一つです。

大豆類

アルギニンを多く含む食べ物

アルギニンはアミノ酸の一種なので、良質なたんぱく質をたくさん摂ればそれだけアルギニンもたくさん摂り入れることができるということになります。

その点で大豆類は豊富にたんぱく質が含まれているため、毎日の食事に取り入れるとたくさんのアルギニンを摂取することができます。

大豆類でもっとも多くのアルギニンが含まれている食品は湯葉です。

なんと100g当たり4.4gとなっています。

 

他にも乾燥した高野豆腐やきな粉もアルギニンを効果的に摂ることができる食品の一つです。

大豆類というと納豆や豆腐などが思い浮かびますが、乾燥していない大豆製品になるとアルギニンの量がぐっと落ちるのでメインのおかずを補完するといった使い方がベストです。

肉類

アルギニン 肉類

良質なたんぱく質を摂る別の方法が肉類です。

肉類にはアルギニンだけでなく他のアミノ酸も豊富に含まれているため、たくさん食べると良いでしょう。

ただし脂質が高い肉類をたくさん食べすぎるとカロリーを摂りすぎて体調を崩すことがあります。

何事もバランスが重要です。肉類であれば、豚・牛・鶏を問わず100g当たり1.5g前後のアルギニンが含まれています。

 

さらに豚ゼラチンには100g当たり7.9gものアルギニンが含まれているので、いろいろな料理に使うと良いでしょう。

豚ゼラチンというと何かを固める目的で使われることが多いですが、みそ汁やカレーに入れるとコクととろみが出ますし、ホットケーキの生地に入れて焼くとしっとり焼きあがります。

アルギニンをサプリメントで摂るメリット

アルギニン サプリメント

アルギニンは食事で摂ることが基本ではありますが、効率よく摂取するためにはサプリメントで摂るという選択肢もあります。

アルギニンによって精力増強を目指している方は、サプリメントで摂った方がより早く効果が出ることが期待できます。

高い効果を得るためには一日9g~20g程度のアルギニンが必要になります。

この量を肉類だけで摂るとすると最大で一日に1.3kg以上の肉を消費しなければなりません。

 

それは現実的ではありませんよね。

ですが、サプリメントであれば数粒の錠剤をのめば一日の適量を摂取することができます。

外出先にも持っていけるのでしっかりと定期的に飲むことができるのもメリットです。

食事に加えてアルギニンをサプリメントで飲めばより体の吸収率を上げることも可能です。

まとめ~勃起力アップや精力増強など男性にとってなくてはならないアルギニン

アルギニン 効果 まとめ

アルギニンは血流を改善する効果があることから幅広い効能があり、特に勃起力アップや精力増強など男性にとって必須の成分です。

その他にもアルギニンには筋力アップや免疫力の向上、アンチエイジング効果など生活を豊かにするたくさんの効果があります。

 

最近老いを感じ始めたという方は、食品からの摂取に加えて、サプリメントからの摂取を一度試してみるとよいかもしれません。

効果がないように思えても、できるだけ長い期間根気強く摂り続けることが大切です。

一日の上限量をよく守って飲み続ければ副作用が起きることは稀ですし、早い方であれば1ヶ月もすれば徐々に体の変化を感じ始める可能性も高いです。

 

飲む際のポイントとしては、一日に飲む量を数回にに分けて飲むようにしてください。その方が体内への吸収率も高まり、一日中アルギニンの効果が持続します。

非必須アミノ酸であるアルギニンをたくさん摂取して快適な生活を目指しましょう。