アルギニン 勃起力アップ

せせりたつおせせりたつお

精力剤や精力サプリでもメインの成分として使われている「アルギニン」。

勃起力アップやED改善、その他にも勃起の維持力(中折れ予防)や性欲の向上などにも効果があると言われています。

では、アルギニンが男性機能にとって嬉しい効果ばかりがある根拠とは何でしょうか?

今回はアルギニンの効果や1日の摂取量、そして食事から摂る方法など幅広くアルギニンについて解説していきます。

勃起のしくみ、メカニズム

勃起のメカニズム しくみ
出典:あかひげ薬局

まずは勃起のメカニズムを理解しておきましょう。

 

当然ながら、性生活に欠かせないのが「勃起」ですよね。

ですが、日本では勃起不全に悩んでいる男性は多く成人男性の3人に1人は勃起不全だとも言われています。

実は勃起というのは単純なように見えて多くの器官が関係する複雑なメカニズムで起こっています。

 

まず脳が五感を通して性的興奮を感じると、その刺激が脊髄を通って勃起中枢に伝わります。

その刺激が続いて男性器の陰茎海綿体に届くと血管拡張効果のある一酸化窒素が放出され、それと共にサイクリックGMPという海綿体の入り口を開く物質が分泌されます。

サイクリックGMPが分泌されると海綿体に大量に流れ込んでいきます。

海綿体はスポンジのような形状をしているため、その空洞の部分に血液が流れ込むことによって勃起が起こります。

勃起後血液が男性器から流れ出さないように静脈が圧迫されて閉じます。

血液の流出がとどめられて初めて勃起が維持されることになるのです。

 

つまり勃起とは脳、神経、血管、男性器の4つの器官が正常に協同して働かなければならないものなのです。

アルギニンが勃起力に効果があるとされる根拠や理由とは

アルギニン 勃起力

勃起力アップにアルギニンが効果的であるとされるのにはいくつかの理由があります。

もっとも大きな根拠とされるのが、血管拡張効果です。

 

勃起は男性器に大量の血液が流入してくることによって生じます。

つまり血液を流れやすくすることが勃起力を上げるための方法です。

アルギニンを摂取すると体内に一酸化窒素が多く生成されます。

そもそも一酸化窒素が少なければ勃起が起こりません。

一酸化窒素には血管を拡張する働きがあるので、血液が流れやすくなり勃起力が高まります。

 

さらに一酸化窒素は古くなったり固くなったりした血管を修復する働きがあります。

血管が固くなってしまっていると血液の流入がスムーズにいかなかったり、勃起後血液が男性器から流出してしまったりして勃起を持続させることができなくなってしまいます。

一酸化窒素によって血管がしなやかさを取り戻すことで、中折れせず勃起力を高めることができるのです。

 

他にもアルギニンは成長ホルモンであるテストステロンの分泌を促す効果があり、テストステロンは性欲の向上や生殖機能の改善の働きがあります。

性欲が向上することは間接気に出はありますが、勃起力アップや勃起の維持力に貢献します。

アルギニン以外に勃起に効果があると言われる成分

せせりたつおせせりたつお

アルギニン以外にも勃起力アップが期待出来る効果のある成分や原材料はいくつもあります。

精力剤や精力サプリにはアルギニンと一緒にこれらの成分や原材料が含まれているものを選びましょう。

シトルリン

シトルリンは天然の植物由来のアミノ酸で、勃起に効果があるとされています。

というのはシトルリンが体内に入るとアルギニンに変化します。

さらにアルギニンも体内でシトルリンに変化します。

その変化の過程で一酸化窒素が生成されて血管が拡張し勃起力が向上するのです。

それならば最初からアルギニンだけ摂り入れれば良いと思うかもしれませんが、シトルリンを摂取すると体内のアルギニン濃度が上がるため、摂り入れる価値があるといえるでしょう。

トンカットアリ

トンカットアリは東南アジアのハーブの一種で、滋養強壮に高い効果を発揮するといわれています。

アルギニンが多く含まれているため勃起力向上にも役立ちます。

それだけでなく、体内に吸収されにくいアルギニンを吸収されやすくするビタミンB6や亜鉛といったミネラルも含まれています。

さらに男性の更年期障害の症状の一つである男性ホルモンの乱れも調整することができます。

トンカットアリを摂取すると精力が増大し勃起力が高まり、精液量も多くなります。

クラチャイダム

クラチャイダムは黒ウコンとも呼ばれ、アルギニンの含有量が非常に多いことで知られています。

その量は100g当たり1.5gと牛肉や豚肉に匹敵する量です。

これだけでも勃起力を持続させる働きがありますが、クラチャイダムのメリットは大量のフラボノイドです。

フラボノイドは抗酸化作用を持ち、体の各部の老化を防いでくれます。

さらにフラボノイドは中折れの原因となるPDE5という物質を抑制する働きがあるので、高い勃起力を持続させることができるのです。

マカ

マカはペルーが原産の根菜で、ハーブとして用いられます。

非常に過酷な環境で育つため、たくさんの栄養素を蓄えており、宇宙食にも採用されるほどです。

マカにはアルギニンや亜鉛など勃起力の向上に必要な栄養素がたくさん含まれているだけでなく、実に16種類ものアミノ酸が入っています。

こうしたアミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれていることで体内に効率よく吸収されていき、勃起力の向上だけでなく精力増強などにも高い効果を得られます。

亜鉛

亜鉛が不足すると勃起力が落ちるということはよく知られています。

特に精液を生成するのに亜鉛は重要です。

人間は体液を作るのに亜鉛を消費するため、亜鉛をたくさん摂ると精液量が増えたり精子の活動を活発にしたりすることができます。

さらに亜鉛は男性ホルモンであるテストステロンの生成に不可欠なミネラルであることもわかっています。

亜鉛をたくさん摂ることによって男性ホルモンの量が増加し、精力増強や勃起力アップにつながっていくのです。

アルギニンの主な6つの効果

せせりたつおせせりたつお

アルギニンには血流改善、血管拡張による勃起力アップの効果以外にもたくさんの効能があります。

特に男性にとっては疲労回復の効果や筋肉増強、またアンチエイジング効果も嬉しいですね^^

また、アルギニンは過剰摂取しなければ目立った副作用も少ない成分ですので、積極的に摂取していきましょう。

血流改善

血流改善 アルギニン

アルギニンの大きな効果の一つが血流の改善効果です。

 

アルギニンが体内に入るとシトルリンに変化する過程において一酸化窒素が生成されます。

この一酸化窒素には血管を拡張させる働きがあります。

さらに血管は年齢を重ねるとともに硬くなってきたり拡張しにくくなってきます。

すると血液が流れにくくなってしまうのです。

 

一酸化窒素の働きによって動脈硬化が改善され血管が修復されます。

血管が若返ることに加えて、しなやかになった血管は拡張しやすくなるため血管が広がりそこを流れる血液量も増えていくのです。

体内を流れる血液量が増えるとしっかりと栄養素が体中に行きわたるためより健康になるというメリットもあります。

 

具体的には勃起力アップや動脈硬化などの予防・改善、また女性に多い冷え性やむくみ解消などの効果が期待できます。

性機能の向上

性機能の向上にもアルギニンは効果を発揮します。

今は男性でも不妊に悩む時代になりました。

 

男性の不妊の大きな原因は精子の衰弱と言われています。

アルギニンを摂取すると脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促します。

成長ホルモンが分泌されると精液量が増えて精子がより活発になります。

男性の不妊の解消にアルギニンはとても効果的なのです。

 

さらに血管の拡張効果によって勃起力が高まります。

アルギニンによって一酸化窒素が生成されると、海綿体に流れ込む血液量が増えていくので勃起しやすくなり、中折れしにくくなるのです。

さらに疲労がたまると勃起力が落ちるので、疲労回復効果のあるアルギニンは性機能向上に大いに貢献することになりますね。

免疫力の向上

アルギニン 免疫力

意外に思うかもしれませんが、アルギニンは男性の性機能の改善だけでなく、男女を問わず免疫力の向上に役立ちます。

そもそも血流の改善を促すので、体に必要な栄養素が補給されるとともに老廃物を適切に体外に排出して健康に寄与します。

 

それだけでなくアルギニンは免疫の主役であるT細胞を作り出すのを助けます。

T細胞は外部から入ってきた細菌やウイルスを倒す働きがあるため免疫力が向上します。

さらにがん細胞に対してもアルギニンは効果を発揮します。

体内にはマクロファージという細菌や異物を取り込んで消化するアメーバ状の細胞がありますが、マクロファージはアルギニンを使って一酸化窒素を作り出しがん細胞を攻撃して消滅させます。

疲労回復効果

アルギニン 疲労回復

なぜアルギニンが疲労回復効果があるのかを知るためには、なぜ疲労がたまるのかを知らなければなりません。

 

筋肉を使うと乳酸などの疲労物質が体内にたまって疲労を感じます。

アルギニンを摂取すると体内の血流が改善するので、疲労回復に必要な栄養素がしっかり届くと同時に疲労物質が体外に排出されやすくなります。

 

さらに体は新陳代謝を行う時にアンモニアを発生させます。

アンモニアは体に対して有毒で有害なものです。

アルギニンは肝臓の働きを高めて、アンモニアを尿素に変換するのを強力に助けます。

尿素になってしまえば毒性が落ちますし、体外に排出されやすくなります。

体も脳もリフレッシュするために必要なアミノ酸がアルギニンなのです。

成長ホルモンの分泌

アルギニン 筋肉

アルギニンは体内で脳の一部である脳下垂体という部分を刺激します。

脳下垂体は成長ホルモンの分泌をつかさどる部分なので、アルギニンによって成長ホルモンの分泌が促されます。

成長ホルモンが分泌されるといろいろな効果が生まれます。

 

例えば成長期の子どもであれば身長が伸びますし、女性であればバストアップの効果が期待できます。

さらに薄毛に悩んでいる方にとっては成長ホルモンの働きで髪が生えてくるという効果もあります。

筋トレをしている方であればご存知かもしれませんが、成長ホルモンは筋肉を増強するためにも役立ちます。

また成長ホルモンは食欲を減退させる働きもあるため、アルギニンはダイエットにも効果があるとされています。

アンチエイジング、美容効果

アルギニン アンチエイジング

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、コラーゲンの生成にも一役買っています。

コラーゲンがしっかりと生成されれば肌の保湿効果を高めて美容効果が生まれます。

しわやシミに悩んでいるという女性の方も試してみる価値がありそうです。

 

さらにアルギニンによって発生する一酸化窒素は血管を若返らせ、かつ血流が改善するためさらに肌が潤いをもって若返っていきます。

加えてとても重要な点ですが、アルギニンには抗酸化作用があります。

体にとって活性酸素という物質はなくてはならないものなのですが、余ると体の正常な細胞も傷つけて老化につながります。

アルギニンは体内で余った活性酸素を体外に排出してくれるためアンチエイジング効果も期待できるのです。

アルギニンの1日の摂取量と上限

アルギニン 摂取量

アルギニンは非常に効果の高いアミノ酸ですが、1日の摂取量に気を付けることで安全に摂取し続けることができます。

上限量も守るならつらい副作用を経験せずに最大限の効果を得ることができるでしょう。

 

アルギニンの上限はおよそ1日当たり20gです。

これを超えて過剰摂取すると強い副作用が出る恐れがあります。

これ以下でも副作用が出ることはあるので、慎重に量を増やして自分にとっての適量を見つけるようにしてください。

 

一般的には1日当たり少ない方で2g、一般的には9g程度のアルギニンを摂取すると高い効果を感じられると言われています。

サプリメントでアルギニンを摂取する場合にはどのくらいまで飲めるのかをよく計算して、上限を超えないようによく注意するようにしましょう。

アルギニンの効果的な飲み方と飲むタイミング

アルギニン タイミング

アルギニンは飲むタイミングが非常に重要です。

というのはアルギニンは体内への吸収効率が悪く、吸収されなかった分は体外に排出されてしまうからです。

もっとも体が効率よくアルギニンを吸収できるのが空腹時なので、そのタイミングで摂取するようにしましょう。

 

さらに成長ホルモンが分泌されやすくなる寝る前、運動の前後などもアルギニンを飲む良いタイミングです。

加えてアルギニンを体に吸収させやすくするビタミB6を一緒に飲んだり食べ物で摂取したりすればより効率よく吸収できます。

アルギニンは一度飲んでも6時間ほどで効果がなくなってしまいます。

ですから一度に大量のアルギニンを飲むのではなく、1日に三回か四回に分けて飲むようにしましょう。

アルギニンの注意点と副作用

アルギニン 副作用

アルギニンは非常に効果の高い成分ですが過剰摂取すると、やはり副作用があります。

もちろん適量を飲んでいる分には副作用を心配する必要はほとんどありません。

ですが、過剰摂取してしまうと腹痛や胃痛、下痢といった副作用が出てきます。

アルギニンは強いアルカリ性の物質なので、中和されていないサプリメントなどを飲むと胃や腸が荒れてしまうのです。

 

またアルギニンを摂取しない方が良い人がいます。

例えばヘルペスはアルギニンによって増殖していくのでヘルペス患者の方は摂取すべきではありません。

さらに15歳以下の子どもは巨人症のリスクが高まるとも言われますので心配な方は避けた方が賢明です。

加えて肝臓や腎臓に問題がある方は、一度に大量にアルギニンを摂取すると命にかかわる副作用が出ることがあります。

アルギニンを多く含む食品

せせりたつおせせりたつお

アルギニンは比較的、普段の食生活からでも摂取しやすい部類の成分です。

ただし、吸収率そのものは悪いのでサプリメントと併用していくのが早く効果を出すためのコツとなります。

魚介類

アルギニン 魚介類

アルギニンが豊富に含まれている食品の中には魚介類があります。

 

例えばエビにはたくさんのアルギニンが含まれています。

エビと一言で言ってもいろいろな種類がありますが、エビにはすべからくアルギニンが入っているのでどんなものでも大丈夫です。

エビは肉類の1.5倍ものアルギニンが含まれています。

 

さらにマグロやカツオにもアルギニンは豊富です。

特にかつお節には100g当たり4gものアルギニンを摂取することができます。

マグロはアルギニンを含むとともに体内に吸収されやすくするためのビタミンBが同時に摂れるという大きなメリットがあります。

アルギニンは過熱しても問題ないので、いろいろな調理法ができる魚介類を積極的に食事に取り入れましょう。

大豆類

アルギニン 食品

大豆類もアルギニンをたくさん摂るための食材です。

というのはアルギニンはアミノ酸なので、良質なたんぱく質を摂れれば自然とアルギニンも摂取できるからです。

 

実際に文部科学省が発表しているアルギニンが豊富な食品トップ10の中で過半数を占めているのが大豆製品です。

大豆類の中でも湯葉や乾燥した高野豆腐にはアルギニンが多く含まれています。

その量は100g当たり4g以上という豊富な量です。ただし納豆や豆腐といった加工品にはあまりアルギニンが含まれていません。

湯葉や高野豆腐を毎日の食事に取り入れるということはなかなか難しいので、他の食品でもアルギニンを摂りつつ納豆や豆腐などで補うという形がベストでしょう。

肉類

アルギニン 肉類

たんぱく質を多く摂るためには肉類をたくさん食べるのも良い方法です。

肉類にはアルギニンが多く含まれているだけでなく、他のアミノ酸も豊富に含まれているためバランスよく摂取することができます。

肉類であればどんなものでもよく、豚肉・牛肉・鶏肉のどれでも100g当たり1.3gほどのアルギニンが入っています。

肉類であればいろいろな調理方法があるので、飽きずにアルギニンを食事で摂取し続けることができそうです。

 

さらに優秀なのが豚ゼラチンです。100g当たり8g前後のアルギニンが含まれています。

豚ゼラチンの皮の部分に特に豊富にアルギニンは含まれているので、豚の角煮などの時には皮の部分も一緒に調理するとよいかもしれません。

アルギニンをサプリメントで摂取するメリット

アルギニン メリット

アルギニンを食品で摂ることはできますが、体内への吸収率が悪い上に食事からだけで日々必要な成分量を摂ることはあまり現実的ではありません。

食事にも気を使いながらも並行してサプリメントで摂取することが賢明です。

 

アルギニンをサプリで摂取することは多くのメリットがあります。

例えば、食品だけでアルギニンを摂ろうとすると旅行の時などにも食事を選ばなければなりませんが、サプリメントであれば携帯に非常に便利ですので持っていくだけですぐに飲めます。

食事でアルギニンを摂ることに決めていると食欲がないという時にも困ります。

サプリメントであれば食欲があるかどうかにかかわらず飲めるでしょう。

 

サプリメントは味わう必要がないので飽きがこないというのもメリットとなります。

そして低カロリーというのも大きなメリットです。

食事で毎日アルギニンを相当量摂るのは高カロリーになりがちですが、サプリなら問題ありません。

まとめ~効果が出るまでは最低でも1ヶ月。1日でも早くアルギニンを摂ろう。

アルギニン 勃起力アップ

アルギニンは勃起力アップのみならず、アンチエイジングや疲労回復、筋力アップなど様々な嬉しい効果が期待できます。

ただし、食事からだけでは1日の推奨する成分量を摂ることは難しいですので、1日でも早く効果を出したい方はサプリメントから摂取するようにしましょう。

 

精力サプリを選ぶ際はアルギニンそのものの成分が入っているサプリの他にも、アルギニンを主成分とする原材料であるクラチャイダムやマカをメインとする精力サプリを選んでもOKです。

効果が出るまでは最低でも1ヶ月~3ヵ月ほどの期間がかかりますので、1日でも早く飲むことが必要ですね。