テストステロン モテ効果

せせりたつおせせりたつお

テストステロンが増えると女性にモテる効果があるという話は本当なのでしょうか?

結論から言うと半分嘘ですが、半分は本当というのが正解かと思います。

テストステロンが増えたから直接的に女性にモテるわけではありませんが、テストステロンが増えることで得る様々な効果は結果的に女性からみたときに魅力的な男性に映ります。

では、テストステロンが増えるとモテることにつながる様々な効果とはどんなことなのでしょうか?

テストステロンがモテ効果があるとされる9つの理由とは

筋肉質、男らしい逞しい肉体

テストステロン 筋肉質

女性の好みは様々なので一概には言えませんが、やはりある程度は筋肉質で男らしい体つきの男性の方がモテる傾向にあります。

テストステロンは筋肉の維持、そして成長に大きく関係している男性ホルモンですので、テストステロンが少ないと男性は筋肉がつきにくいのです。

そのため、テストステロンを増やせば筋トレの成果も出やすく、筋トレによりさらにテストステロンが増えてモテるというよい循環が期待できます。

 

運動や筋トレをしているのに筋肉が増えずに悩んでいるようなら、テストステロンを増やすために筋トレを実行するのも手です。

女性からの受けもよい筋肉質で男らしい体が理想なら、ぜひテストステロンを増やしてモテ効果を実感してください。

性欲向上、性機能を高める

テストステロン 性欲

年齢を重ねてから、性欲がどんどん衰えてきて女性に対する興味も持てなくなったというような男性も珍しくはありません。

EDの症状が出ていてバイアグラなどの薬の服用を検討する人もいますが、薬に頼る前にテストステロンを増やすための行動をするのもよいでしょう。

テストステロンを始めとした男性ホルモンの減少が原因で起こる男性の更年期障害では、性欲の減退の症状もあります。

 

年齢を重ねているのに性欲があるのはよくないものというイメージがあるかもしれませんが、決しておかしなことではありません。

性欲がない、つまりテストステロンが減少している男性は女性に対しての興味も沸きにくくなります。

テストステロンの効果で性欲を持ち続けるのは男性であるためには重要なのです。

老化防止、アンチエイジング効果

テストステロン アンチエイジング

人間は段々と老化していくものですが、男性の場合は20代以降にテストステロンが減少するのが老化の主な要因です。

テストステロンの分泌量は20歳前後がピークで、それ以降は徐々に下がっていきます。

ですが、生活習慣を改めてテストステロンの増加に努めれば老化防止やアンチエイジング効果も得られます。

見た目などで老化を感じられる男性は、やはり女性からも評価されませんので、女性からの視線を意識するならテストステロンは欠かせません。

記憶力や集中力アップ

テストステロン 記憶力 集中力

テストステロンは筋肉質な体を作るために有用ですが、脳内にも様々な効果をもたらします。

記憶力、集中力といった認知能力にテストステロンは大きく関わっているので、頭脳労働をしている人にとっても恩恵があるのです。

株式投資などをしているトレーダーは頭脳労働でお金を稼いでいますが、一流のトレーダーはテストステロンの量が多いというデータもあるほど。

何となく記憶力や集中力が衰えてきたと感じているのなら、テストステロンを増やす行動を始めるのがよいでしょう。

 

直接的に女性にモテるテストステロンの効果ではありませんが、記憶力や集中力などに優れる男性の方が仕事やプライベートでも役に立つ場面は多いでしょう。

結果、間接的に女性にモテやすくなるという相乗効果は期待できますね。

決断力や判断力が高くなる

テストステロン 決断力

テストステロンは記憶力や集中力によい影響を与えますが、決断力や判断力にも良い影響を与えます。

決断力や判断力は仕事でもプライベートでも非常に重要な要素なので、テストステロンの分泌が多い人は何事もうまくいきやすいものです。

 

逆に、テストステロンが少ない人は判断ミスを繰り返す傾向にあり、成功している人との差はどんどん広がります。

決断力や判断力は記憶力や集中力と違って実感しにくい要素ではありますが、以前と比べて優柔不断な場面や判断ミスが増えてきたのなら、テストステロンの低下を疑ってみてもよいかもしれません。

決断力や判断力が優れているかは恋愛面でも重要なので、テストステロンが多い男性が女性からモテるのは至極当然のことなのです。

幸福感が増す、やる気が向上

テストステロン 幸福感

人間が幸福を感じる時、ドーパミンという神経伝達物質が働いているのですが、このドーパミンの放出にテストステロンが大きく関わっています。

テストステロンが少ないとドーパミンも放出されず、幸福感を感じられないのでやる気も出ないのです。

スポーツはテストステロンの分泌を促すので、試合で勝ったり実績を残したりすればドーパミンが大量に放出されて幸福感を感じられます。

幸福感もやる気も出なければ、何事にも取り組む気は起きず、さらにテストステロンとドーパミンが減るという悪循環に陥るのです。

 

当然、このような男性は女性からもモテず、ますますテストステロンが多い人との格差が広がります。

幸せを感じたいなら、まずテストステロンの分泌を促すことが重要です。

闘争心が湧き、好戦的になる

テストステロン 闘争心

闘争心は行き過ぎると暴力などに繋がるケースもありますが、男性があまりにも闘争心がないのも問題です。

テストステロンの量が多い人は闘争心も強く、好戦的な人が多い傾向にあり、これが女性にモテる一因です。

学生時代には真面目な男子より不良っぽい男子の方がモテる傾向が見られるのですが、これもテストステロンの量で説明できます。

 

大人の男性には落ち着きも求められるものの、やはりモテるような魅力的な男性にとって時には闘争心は欠かせません。

闘争心があれば仕事でも恋愛でも常に挑戦を続けられるので、少々の失敗も気にせずに前に進めるのです。

無理に好戦的になる必要はありませんが、闘争心に欠けている自覚があるのならテストステロンを意識し生活習慣を改めてください。

落ち込みづらい、ポジティブになる

テストステロン ポジティブ

仕事やプライベートなどいつもポジティブには生きるということは簡単な事ではありませんし、現代社会ではある程度は仕方がない面もあります。

しかし、あまりにもネガティブな感情に襲われるようなら、テストステロンの減少を疑った方がよいかもれません。

テストステロンが多く分泌されている人はポジティブな気持ちになるので、前向きに生きていけます。

 

逆に、テストステロンが低下するとうつ病などの精神疾患を引き起こす場合もあり得なくはありません。

ネガティブな人に惹かれる女性はかなり少数派でしょうから、ポジティブに生きられる男性の方が圧倒的にモテます。

また、テストステロンが多い人の方がそうでない人よりも気分的に落ち込みづらく、恋愛面でもより積極的に行動できるので、よりモテる効果は高いでしょう。

言語能力が高くなり、表現力がアップ

テストステロン 表現力

言語能力が高くなり表現力がアップすることもテストステロンが多い男性の特徴の1つです。

無駄に話が長くはなく、ユーモアを交えて的確な言葉で表現できる人は間違いなくモテます。

この辺りは経験も重要なので、テストステロンを増やしたからといってすぐに的確な言語能力が得られるわけではありません。

しかし、テストステロンの量が少ない人と比べれば多い人の方が有利で、よりモテやすいのです。

 

もっとも、テストステロンがあまりにも高すぎる人の場合、逆に言語能力が低くなるというデータもあります。

何事も行き過ぎはよくないのですが、テストステロンは20代以降は分泌が減っていくので、テストステロンの過剰な分泌についてはさほど心配する必要はありません。

テストステロンを増やす14の方法

せせりたつおせせりたつお

テストステロンが増えることで得る様々な効果をみてきました。

続いては、実際にテストステロンを増やすための方法もみていきましょう。

全てを日常的に採りいれるのは難しいですので、まずは自分が出来そうなものから実践していくとよいと思います。

テストステロンを増やす成分や栄養素を積極的に摂る

テストステロン 食生活

女性からモテたいならテストステロンの力を借りるのが有効ですが、そのためにはまずは食生活の改善が必要です。

現代人は栄養素の偏りが激しく、30代以降の男性は生活習慣病の予備軍も珍しくはありません。

まずは食生活を改めた上で、テストステロンの分泌に効果的な栄養素を多く摂取するのが有効です。

いくつか代表的なテストステロンの分泌を促すのに有効な成分を挙げてみます。

 

亜鉛は男性の夜の生活にも大きく関わってくる成分ですが、テストステロンを増やす上でも欠かせません。

 

きくらげ、卵の卵黄、魚類に多く含まれているのがビタミンDで、テストステロンの生成を促してくれます。

ビタミンDは日光浴によって体内で合成されるものの、なるべく食事から摂取するのがよいでしょう。

 

細胞を作るために欠かせない三大栄養素の1つ、タンパク質もテストステロンと関係が深い栄養素です。

卵、それに牛肉や豚肉、鶏肉など良質なタンパク質が多く含まれている食材はカロリーの問題から敬遠されやすいですが、テストステロンの分泌を促す上では欠かせません。

 

硫黄化合物と呼ばれることもある含硫化合物はアブラナ科の野菜に多く含まれており、代表的な成分はアリシンやアリイン、アホエンです。

これらはテストステロンを増やす上で効果的な成分であり、ニンニクや玉ねぎは特に硫黄化合物を多く含んでいます。

筋トレ、その他適度な運動やストレッチ

テストステロン 筋トレ

筋トレはテストステロンを増やす上では欠かせません。

やり方としては回数を減らし負荷をかけるのが基本です。

回数をこなすタイプの筋トレは持久力アップに繋がるものの、テストステロンに期待するなら負荷をかけて筋肉を大きくするタイプの筋トレが有効です。

また、筋トレに向いている部位は大きな筋肉が集まっている下半身なので、特にスクワットなどの筋トレは非常に効果的です。

 

筋トレはテストステロンに大きく関わってはいるものの、それ以外の他の運動を取り入れることも重要です。

ランニングなどで積極的に体を動かすのもテストステロンの増加に繋がります。。

ただし、一定の範囲内ならテストステロンも増えますが、フルマラソンのようにハードな運動をすると逆にテストステロンは減り、心臓病などのリスクが高まるというデータもあります。

 

他には男性ホルモンを司っている部位である視床下部はストレッチをすれば刺激されるので、より多くのテストステロンの分泌が見込めます。

質の高い睡眠

テストステロン 睡眠

筋トレなどにより一時的にテストステロンの分泌が増えますが、日常で最もテストステロンが分泌されるのは睡眠中です。

そのため、睡眠不足はテストステロンの減少に繋がり、眠りに関する悩みを抱えている人にとっては要注意のポイントです。

睡眠時間を増やすことももちろん重要なのですが、テストステロンを分泌させるなら質も高めないといけません。

眠る前にはパソコンやスマートフォン、テレビなど脳を刺激するものは使用しないように努めましょう。

過度なオナニーを避ける

テストステロン オナニー

自慰行為はテストステロンの減少に繋がるので、回数が多い人は特に注意しないといけません。

倦怠感、眠気などの症状は自慰行為の回数が多いと見られるので、心当たりがある人は注意してください。

今まで自慰行為に使っていた時間を筋トレや運動に変えるとよりよいのですが、やめるだけでもある程度の効果は期待できます。

自慰行為をやめてから7日間ほどはテストステロンが増加し、以降は緩やかに下っていくというデータもあるので、最長では1週間という期間が目安です。

 

逆にオナニーをそれ以上やりすぎないも生殖機能の観点からは悪影響があるので、適度なオナニーを心掛けましょう。

糖質を摂りすぎない

テストステロン 糖質

テストステロンを増やすための食事は重要ですが、一方でテストステロンによくない栄養素を減らすことも同じくらい重要です。

砂糖55gを溶かした水を飲むだけで血中のテストステロンが15%から25%も低下したというような研究結果もあるので、糖質には特に注意する必要があります。

糖質制限ダイエットのように糖質を徹底的に避けるのも問題がありますが、清涼飲料水を毎日のように飲む、白米が何よりも好きという人は食生活を見直すとよいでしょう。

ストレスを溜めない。ストレス解消方法をもつ

テストステロン ストレス解消

テストステロンはストレスにより減少するので、普段からストレスに悩まされている人は魅力ある男性から離れていきます。

ストレスを感じる原因をシャットアウトできればいいのですが、現代社会でストレスを感じないようにするのは極めて困難です。

結局のところ、ストレスによる悪影響はある程度は許容するしかなく、溜まったストレスをどう解消するかがポイントです。

ストレス解消法がない人はどんどんストレスが溜まり、テストステロンも減少するのです。

アルコールとタバコを控える

テストステロン 禁煙

ストレスの解消は非常に重要ですが、その方法としてアルコールやタバコを選ぶのは、あまりおすすめできません。

お酒は適量ならば問題はありませんが、悪酔いするようならテストステロンにも悪影響が出ます。

例え酔っ払っていなくても、アルコールの飲み過ぎは体にはよくないので、控える方が無難です。

 

タバコは副腎皮質ホルモンのコルチゾールを増加させ、コルチゾールが増えればテストステロンは減ります。

そのため、テストステロンを増やすということでは、タバコもできればやめた方がよいのです。

こまめな水分補給

テストステロン 水分補給

あまり日中に水分補給をしない人も多いですが、水分不足はテストステロンの減少に繋がるので注意が必要です。

テストステロンのためには運動をするのも非常によいのですが、水分不足に陥っては思うような結果が出ないので、運動をした時は特に水分に注意したいところです。

もちろん、運動をしていない時でも水分不足にならないよう、こまめに水分を補給するのが重要になります。

飲み方としては水分を一気飲みするのは体にとってもよくはないので、こまめに飲むのが基本です。

魅力的な女性に日頃から接する機会を持つ

テストステロン 魅力的な女性

食事など生活習慣もテストステロンを増やす上で重要ですが、魅力的な女性と接することも同じくらいにテストステロンを増やす上で重要です。

いくら生活習慣を改善しても、女性とまるで接する機会がないようではテストステロンの増加はさほどは期待できません。

女性が魅力的であればあるほどにテストステロンの増加にも期待が持てるので、積極的に行動する必要があるのです。

 

どのような女性を魅力的に感じるかは男性によっても異なるものの、あまり本人が魅力的でないと感じる女性と接してもテストステロンの方は増えません。

そのため、日々の生活で全く魅力的な女性と接する機会がないようなら、どうにかして出会いを作る必要があるのです。

テストステロンが減っている人ほど、異性の力が必要と言ってもよいでしょう。

日光浴

テストステロン 日光浴

テストステロンに効果がある栄養素はビタミンDですが、このビタミンDは体内でも作られます。

ビタミンは普通は体内では作られないので、ビタミンDは他のビタミンとは一線を画しているわけですが、具体的には日光浴でテストステロンを増やす効果が見込めるのです。

紫外線といえば肌に悪さをすることで知られていますが、実はコレステロールをビタミンDに変える働きもあります。

体内で作られるビタミンDは全体の半分ほどなので、日焼けに気をつけつつ日光浴をするのは有効です。

性的興奮を得る

テストステロン 性的興奮

性的興奮はテストステロンに大きく関わっており、男性らしさをキープする上では絶対に欠かせません。

魅力的な女性と接することも重要ですが、性的興奮を得られればよりテストステロンの増加にも期待が持てます。

もちろん、性的興奮が行き過ぎてセクハラなど具体的な行動に移るのは絶対に駄目ですが、過剰に性的興奮を否定するのもよくはありません。

 

男性に対して「枯れる」などという言葉が使われる場合がありますが、枯れた状態は非常に危険です。

男性の更年期障害にも繋がるので、いつまでも女性に対して性的な興味を持つことがテストステロンの分泌を促す上では重要なのです。

新しいことを始める・好奇心

テストステロン 好奇心

ルーチンワークなどといった言葉がありますが、いつも同じような行動をしているのはテストステロンの減少に繋がりやすいです。

テストステロンは常に刺激を受けている男性の方が多いので、日々退屈だと感じているようなら危険信号が出ています。

 

毎日同じことを繰り返していて刺激が足りない、けれども仕事を辞めるわけにもいかない、そんな悩みを抱えているなら退社後に何か新しいことを始めるのが有効でしょう。

もちろん自分が興味を持てることであることは大前提ですが、女性と接する機会がある趣味や習い事などだとなおのことテストステロンを増やすのに一石二鳥ですね。

常に好奇心を持って、新しいことに挑戦してください。

年齢を重ねてもいつまでも恋愛をする

テストステロン 恋愛

テストステロンを増やして魅力的な男性になりたいのなら、いつまでも恋愛をすることは非常に大切なことです。

テストステロンは健康面での影響も大きいですが、やはり男性にとっての本質は女性を惹きつけるための成分です。

恋愛に対して興味をなくしてしまっては、テストステロンを増やす努力をしても効果は現れません。

 

結婚をしているしていないに関わらず、環境は人それぞれですが、全く恋愛に対して無関心だと体の方もテストステロンを不要だと判断するのは当然のことです。

年齢を重ね恋愛に対して興味をなくすのではなく、いつまでも恋愛感情を持ち続ける、これは男性らしく生きる上では必須事項なのです。

精力剤や精力サプリメント

テストステロン 精力剤 精力サプリメント

普段の生活習慣の改善や日常的に多くの女性と接してテストステロンを高めていくのが自然な形ではあるものの、それが難しい男性も少なくないかと思います。

 

そういった場合は薬の力に頼るのも1つの手段ではあります。

実際、テストステロン不足による男性の更年期障害では、テストステロンを体内に注入するホルモン補充療法による治療も行われているのです。

ですが、病院で治療するのは費用や健康的なリスクもそれなりにかかります。

 

そういった場合は、精力剤や精力サプリメントを使ってテストステロンを高めるのも有効です。

女性と接するのが効果的であっても、テストステロンが不足しているとなかなか行動に移せないという悪循環に陥ってしまいます。

まず最初の一歩を踏み出すためにも精力剤や精力サプリメントの力を借りるのは非常に効果的です。

 

まとめ~モテるためにテストステロンを増やす行動をとることは有効な手段

テストステロン モテ

テストステロンには直接的にではなく間接的にではありますが、結果的にモテにつながる効果があります。

自分がモテない、つまり女性との成功体験が少ない人はよりテストステロンが低下して何事もうまくいかないという悪循環に陥りがちです。

逆に女性との関係において成功している男性はどんどんテストステロンも増えて、魅力的になるというモテ格差が生まれてしまいます。

このようなモテ格差を何とかするためには、テストステロンを増やす行動をとることは1つの有効な手段です。

 

そのために筋トレや運動をする、食事に気をつける、女性と積極的に関わるなどの日常的に改善するための行動が必要です。

女性にモテたいという欲がまるで残っていないなら改善も難しいものの、女性に対する興味が残っているなら改善も期待できます。

一朝一夕ではテストステロンは増えませんが、日常的な改善から精力サプリなども合わせて使いながら諦めずに行動していきましょう。