スペンス乳腺とは

せせりたつおせせりたつお

おっぱいのGスポットこと「スペンス乳腺」(Bスポット)は脇の下から横乳にかけての境目付近にある神経が集中する場所です。

ほとんどの女性は未開発ですが、スペンス乳腺を開発することで胸イキすることも可能です。

開発方法は男性が攻める方法と女性がオナニーなど一人で開発する方法があります。

実はおっぱいに神経は通っていない?ただの脂肪の塊

スペンス乳腺 場所

乳首を攻めたときに感じる女性はたくさんいますが、実はおっぱいそのものを触っているときに女性は感じていないのご存知でしょうか?

「いや、おっぱい揉まれてアンアン喘ぎ声出しているよ!」と仰る男性の方もいるかとは思いますが、実はそれはおっぱいそのものが感じているのではなく、その他の要素(雰囲気とかシチュエーションとか、これから起こるであろう色々なエッチなことを想像したり)で自発的に気持ちよくなっているだけの話です。

おっぱいは多少は気持ちがいいという感じはあっても、ただ触られたり揉まれるだけで絶頂を迎えるという女性は稀です。これには訳があって、実は乳首にはたくさんの神経が通っていますが、胸の大部分は脂肪でできています。そのため、神経はその奥に隠れており、普通に触ったくらいでは刺激は奥まで届かないのです。

要はおっぱい自体は脂肪の塊みたいなもんなんですよね。

ですが、そんなおっぱいにもちゃんと脇と横乳の境目の辺りに神経が走っている場所があるのです。

その神経が集まっている場所こそが「おっぱいのGスポット」(※通称Bスポット)呼ばれる「スペンス乳腺」という場所なのです。

「おっぱいのGスポット」こと「スペンス乳腺」の場所とは?

スペンス乳腺 場所

乳首以外に女性が胸で感じるのは「アンダーバスト」と「スペンスの乳腺尾部」という場所です。

そして、スペンス乳腺の具体的な場所ですが、脇の下と横乳の境目辺りにあります。言葉にするとなかなかイメージしにくいかもしれませんが、ざっくり横乳だと覚えておけばOKです。

あとはセックスの際に探っていくことにしましょう。

「スペンス乳腺」の開発方法は大きく2種類ある

せせりたつおせせりたつお

さて、スペンス乳腺の場所がわかったところで、次は実際にスペンス乳腺を開発していきましょう。多少開発に時間はかかりますが、うまく開発できれば「胸イキ」も可能ですからね~。千里の道も1歩からですよ。

スペンス乳腺を開発するには「男性に開発してもらう方法」と「オナニーなど自分で開発する方法」の2つの方法があります。

よりスピーディーに開発するためには両方の方法で開発するのが好ましいでしょうね。

まずは、男性にスペンス乳腺を開発してもらう方法から解説していきます。

スペンス乳腺を責める前に女性の反応を確認しておく

スペンス乳腺 攻め方

スペンス乳腺(Bスポット)はそもそも女性でさえ知しらないことが多く、ほとんどの女性は未開発のままであることが多いです。

ですのでスペンス乳腺の開発にあたり男性が攻める場合はまず軽く触ってみて、女性の反応を見てみるといいでしょう(ちなみに一般的にスペンス乳腺は横乳の脇の下の境目くらいにありますが、女性によっては脇に近い部分にある場合があります)。

男性がスペンス乳腺を触った時の女性のリアクションはだいたい以下の3つのうちのどれかでしょう。

  1. 背中を反らせるほど激しく感じる
  2. ただただ、こそばゆいだけ
  3. こそばゆいけど、なんだかちょっと気持ちいい

おそらく反応として最も多いのは3番目の「こそばゆいけど、なんだかちょっと気持ちいい」場合が多いのではないでしょうか。

仮に1番目であればすでに開発済み?で敏感ですからしっかり責めちゃって胸イキさせちゃってください^^

ですが、1番であることはレアケースだと思いますので、こそばゆいという場合はスペンス乳腺は未開発ですので、時間をかけて開発していきましょう。

ちなみに、あまりのこそばゆさいで嫌がる女性の場合は、無理せずに一旦、スペンス乳腺を責めるのはやめて追々、じっくりと女性の協力を得てから開発に取り組んでいくことにしましょう。

スペンス乳腺の攻め方

スペンス乳腺 攻め方

スペンス乳腺をどのように攻めるのか皆目見当もつかない男性も多いかと思いますが、方法としては簡単なので安心してください。

基本的には、ただただスペンス乳腺のラインを軽く触ってあげるだけです。大切なのは、いきなり強い刺激を与えないということですね。

また、スペンス乳腺を触っているときは乳首など敏感な触れないようにと解説している情報もネット上では見受けられますが、個人的には逆の考え方です。

スペンス乳腺を開発する際には乳首や他の敏感な部位と一緒に触って上げる方が両方感度が強化されます。

中イキするために最初はクリトリスを触りながらGスポットを開発するのと同じ理屈ですね。ですので、スペンス乳腺を中心に攻めながらも乳首の刺激も同時に与えてみてください。

触り方は最初はとにかく優しく、羽が触れるようなフェザータッチで胸の下のほうから肩の方までゆっくり触りましょう。そうすることで、スペンス乳腺の神経が少しずつ過敏になっていきます。このとき、指だけでなく舌を這わせるのもおすすめです。

ある程度、スペンス乳腺に刺激を与え、敏感になってきたら、両方の胸を真ん中に寄せるような感じで手のひらで押しましょう。このとき、強くし過ぎないよう注意してください。

繰り返し圧迫したあとは、人差し指や親指などを使い、ピンポイントでスペンス乳腺(Bスポット)を攻めましょう。ただ指を押し付けるだけでなく、指先を震わせるようにするのがポイントです。

スペンス乳腺を攻めるときの注意点

スペンス乳腺 攻め方 注意点

スペンス乳腺を攻めて開発し終わるまでの時間には個人差があります。早ければ数分で刺激を感じられるようになる女性もいますが、中には数時間やっても全く感じない女性もいます。

そのため、無許可でセックス中にいつまでもおっぱいばかり触っていると、「なんでこの人胸ばっかり触ってるの?」と女性にただの「おっぱいフェチ男」だと疑念を抱かれる可能性100%です。

なので、開発する際は、事前にパートナーに「スペンス乳腺を開発したい」と話しておくといいでしょう。あるいは、「おっぱいマッサージを覚えたんだけど」とマッサージついでに開発してもOkです。

女性自身でスペンス乳腺を開発する方法

スペンス乳腺 開発 方法

続いては女性が自分自身でスペンス乳腺を開発する方法を解説します。男性にも攻めて開発してもらいつつも、自分でも開発することでより短期間で開発され胸イキできることになりますので、ぜひやってみてください。

まず女性自身でスペンス乳腺を開発する方法の1つ目は、手で揉むことです。毎日毎日繰り返し揉むだけでも、スペンス乳腺で感じられるようになります。

1回につき1分ほどで結構ですので、毎日3~4回程度やってみてください。早ければ1か月後にはスペンス乳腺で感じるようになってきます。

次に2つ目は、ピップエレキバンなど磁石テープを用いて開発する方法です。

ご存知の通りピップエレキバンは磁気の力を使って血行を良くすることで肩こりなどを解消する医療機器です。これをスペンス乳腺に貼っておく事で1日中、刺激され血行を促す効果があるわけです。自分の手で揉む手間もなく1日中、刺激を与え続けることができるのでより短期間で開発しやすい方法となります。

最後に3つ目の開発方法しては、オナニーの時に一緒にいじるやり方です。よく中イキするためにGスポットやポルチオを開発する際に、オナニーの時にクリトリスと一緒にいじることで快感を得やすくなるという方法がありますが、それと同じ理屈ですね。

オナニーでクリイキする際に一緒にスペンス乳腺も刺激してみてください。徐々に慣れてきたらスペンス乳腺だけで胸イキできるようにチャレンジしていきましょう。

スペンス乳腺の触り方

スペンス乳腺 開発 触り方

スペンス乳腺を女性自ら触る場合、腕を交差させて触るやり方と、ひじを曲げ親指でいじるやり方があります。腕を交差させて触る場合は一緒に胸のマッサージが可能ですし、親指でいじる場合は乳首を引っ掻いたりするやり方が同時にできます。

攻めるやり方はいろいろ実践してみて、自分にしっくりする触り方を継続するようにしましょう。

また、アダルトグッズを使うことで両手があきますから、他の部位を同時に刺激しやすくなります。

具体的には低周波刺激を与えるアダルトグッズが1番いいでしょう。こういう感じのものですね。

スペンス乳腺 開発 アダルトグッズ

スペンス乳腺のみならず、通常のオナニーの際には下腹部の膣周辺に貼りつけることでよりイキやすい体にする効果もあるアダルトの便利グッズですので、1つ持っておいてもいいでしょう(ちなみにペニスに貼りつけて使うことも可能)。

通常のマッサージに使う一般的な低周波刺激の機器もありますが、アダルトグッズならではの幅広い用途に答えられるようなアタッチメントなど付属していますのでおすすめです。

⇒欧米で人気の過激な低周波マシンはコチラ

スペンス乳腺と同時に攻める際に相性の良い場所

スペンス乳腺 開発 乳首

オナニーでもセックスでもそうですが、スペンス乳腺を開発する際には乳首も同時に攻めるのがおすすめです。

乳首は感度も高くスペンス乳腺と場所も近いので同時に責めやすいです。片方ずつ攻めるのもよし、乳首を攻めながらスペンス乳腺を同時に攻めるのもよし。オナニーであれば乳首を刺激するアダルトグッズを使用すると同時攻めしやすいでしょう。

スペンス乳腺 開発 アダルトグッズ

その他にもアンダーバストを一緒に揉んだり触ったりするのも効果がありますし、脇を同時に攻めるのも、くすぐったい女性もいますが、それなりの効果が期待できます。

また、おっぱいをマッサージしながらスペンス乳腺を刺激するのも良い方法ですね。

⇒チクニーといえばコレ!「U.F.O. SA 」はコチラ

まとめ~スペンス乳腺を開発して胸イキできるようにチャレンジしよう

スペンス乳腺 開発 まとめ

スペンス乳腺とは脇の下から横乳の境目付近にある神経が集まった場所のことを指します。「おっぱいのGスポット」(通称:Bスポット)とも呼ばれるほど、開発すると快感を覚えて胸イキするとも言われる性感帯の1つです。

スペンス乳腺を開発するには男性が攻める方法と女性がオナニーで開発していく方法の2種類がありますが、可能であれば両方のやり方で開発するとより短期間で感度を上げることが可能です。

特に女性一人でオナニーで開発する場合は同時に乳首を責めるアダルトグッズを使いながら、スペンス乳腺も触っていくとより効果的です。

1度開発してしまえば、おっぱいを揉むときでもセックスの挿入中でも一緒に触ってより快感を高めることができやすい場所ですから、多少時間はかかってもぜひ、開発にチャレンジしてみてください。