ディルド 使い方

なかでいく子なかでいく子

リアルなペニスに近い形状で、実際のセックスの雰囲気を味わえるのがディルドオナニーの醍醐味です。

価格も安く、手軽に使えてセックスの練習にもなって私も大好きなラブグッズの1つです^^

ですが、意外とディルドの使い方がわかっていない女性が多いのも事実。

本当はもっともっと気持ちよくなるためのディルドの使い方があるんです(^^♪

ということで、今回は学生時代からディルド愛用の私がディルドで最高に気持ちいい使い方やイク為のコツを紹介していきます。

目次

ディルドの基本的な使い方【基礎編】

ディルド 使い方

では、まずはディルドを使ったオナニーなど基本的なやり方を紹介していきます。

床に置いて「騎乗位」

ディルドの最もオーソドックスな使い方は床やテーブルにおいて自分でまたがって騎乗位の恰好で膣内にディルドを挿入して上下にピストン運動をすることです。

ディルドの種類は出来れば固定できるように据え置き型や吸盤付きのディルドがベターですね。

自分が感じるポイントにディルドを上手く角度を調整して擦りつけるように上下にピストン運動しましょう。

吸盤付きディルドを壁につけて「後背位(バック)」

吸盤付きのディルドを使用して壁に貼り付けて後背位(バック)で挿入するやり方もメジャーなディルドの使い方です。

壁は素材によって貼り付き方が違ってくるので、しっかりと固定できる場所を選びましょう。

また、玉付きのディルドは玉の下、玉が付いていないディルドは根元に吸盤がある、という風にディルドによって多少の形状の違いもあります。

後背位(バック)以外にも立ちバックや寝バック、正常位なども可能です。

フェラチオの練習

ディルドは何もオナニーで自分の欲求を満たすだけに使うアダルトグッズではありません。

ディルドを使ってフェラチオの練習もできます。

ディルドはペニスそっくりの形状に作りこまれていますので、より本物に近いディルドを使用することでフェラチオの技術も向上するでしょう。

また、練習のためだけではなく、ペニスをフェラチオすることで挿入前により興奮を高めることも可能です。

アナル開発

膣内に挿入するだけではなく、ディルド上級者になるとアナルの開発に使用する女性もいます。

そして実際にアナニー専用のディルドもちゃんと売られていて、実は結構人気なんです^^

もちろん、すでにアナルを開発済みの女性で普段のアナニー(アナルでオナニーのこと)にディルドを使用する女性もいます。

ただし、あくまで上級者向けですので、先に指やエネマグラを使用して開発することをおすすめします。

クリトリスや乳首を刺激

あえてディルドを挿入せずに、ディルドでクリトリスや乳首を刺激するのが気持ちいいという女性もいます。

ディルドの先をクリトリスに当てたり、こすり付けてみたり、軽くたたいてみたりと、様々な刺激方法があります。

フェラチオ同様に挿入前にディルドでクリトリスを刺激して焦らしてから、挿入するとより興奮も高まります。

出来ればディルドでクリトリスや乳首を攻めて楽しむ場合は、ローションをディルドにつけておく方がより気持ちよさを味わえるでしょう。

ディルドでもっと気持ちよくなるための使い方【応用編】

ディルド 使い方

基本的なディルドの使い方を理解したところで、次は応用編です。

ディルドを使って普段ではなかなか味わえない快感や雰囲気を楽しんでみましょう(^^♪

ローターやバイブで同時攻め

ディルドを挿入している状態に加えて、ローターやバイブなどのアダルトグッズを使用してクリトリスや乳首などを同時で責めるとさらに刺激的な気持ちよさを味わうことができます。

ディルドは吸盤で固定できるというメリットがありますので、空いた手を使っていかに有効活用するかがポイントです。

ローラーなどで同時攻めを行うことでよりセックスに近い快感が味わえます。

アナルを使って2穴同時挿入

アナルを責められるのが好きな女性であれば、ディルドを2本使った2穴同時挿入もおすすめです。

2穴同時挿入は、ある程度ディルドに慣れている必要がありますが、1度同時に二箇所の挿入感を味わうとその快感は癖になること間違いなし^^。

壁に吸盤でディルドを固定してアナルに挿入、同時に手に持ったディルドを膣に挿入するのがやりやすいですね。

通常のディルド2本でも構いませんが、アナル専用のディルドもありますので、よりこだわるのであれば使ってみてもいいでしょう。

フェラとバックで疑似3P

複数の男性に責められてみたい・・・そんな願望はあっても現実問題は難しいですが、ディルドを使えば疑似3Pを味わることも可能です。

やり方は想像がつくかと思いますが、吸盤付きディルドを壁につけてバックで挿入しながら、空いている手でディルドを握ってフェラチオすればOKです。

場所によりけりですが、可能であればフェラチオをするディルドも吸盤で固定すれば、より3Pの臨場感が高まります。

姿見の鏡を使う

興奮するかどうかは人によりけりですが、ディルドオナニーをしている姿見の鏡に映すやり方もあります。

M気質の女性の方や辱められるプレイ願望がある女性の方には興奮できるのでおすすめです。

姿見に映す際にはディルドの出し入れしているところだけでなく、自分の表情も見えるといいでしょう。

自分の恥ずかしい姿を人に見られて興奮したり、まるで一人エッチを強要されて気持ちを高ぶらせたりしているかのような気持ちが味わえます。

自分の願望に合ったシーンを思い浮かべながらの現実では難しい世界をディルドオナニーで楽しみましょう。

2輪挿し

膣内を圧迫する感じが気持ちいい女性はディルドを2本挿入する2輪挿しという使い方もあります。

2輪挿しとは、ディルドを2本膣に挿入することで、膣内をパンパンにする方法です。

2輪挿しの際には、太めのディルドでは難しいので、細身のディルドを選ぶと良いでしょう。それでも十分、膣内は苦しいほど圧迫感があります。

2本挿したディルドを同時に動かすことで膣内の全ての箇所をこすることが出来て、男性のペニスを使った普段のセックスでは味わえない刺激を十分に楽しむことができるでしょう。

ディルドでもっと気持ちよく楽しむためのコツ

ディルド 使い方 コツ

ディルドの基本と応用の使い方を理解できたかと思います。

最後にディルドを使う上でもっと気持ちよく、楽しめるためのコツを紹介します。

ローションを使う

ディルドを使用する際には出来るだけローションを使いましょう。

ローションを使用することで挿入しやすいのはもちろんですが、ヌルヌルした感覚や膣へ出し入れする時のいやらしい音がよりリアルなセックスを体験できます。

よりこだわるのであれば、ローションを温めてから使えばよりベストですね。

また、ローションには疑似精子タイプのローションもありますので、より本物のセックス臨場感に近づけたい方は使ってみてもいいかもしれませんね^^

コンドームは着ける

普段のセックスからコンドームを使用している女性はディルドにコンドームを被せた方がリアル感は高くなります。

もちろん、衛生的な面からもコンドームを装着したディルドを使用することがおすすめです。

オナニーの度にコストがかかるのは抵抗ある女性もいらっしゃるかと思いますが、業務用の格安のコンドームを使用すれば1つ10円程度で済みますので、さほど負担にもならないでしょう。

ディルドを温める

リアルなペニスの感触を楽しみたい女性はディルドをお湯で温める方法もおすすめです。

ディルドを人肌よりも少し熱い程度のお湯に10分くらい浸せばOKです。あまり高温のお湯だと、ディルドの故障や溶解を引き起こしてしまう可能性もありますので、お湯の温度には注意してください。

ディルドを直にお湯に浸すのが抵抗がある方は、ビニール袋などにディルドを入れて温めてもOKです。

実際にやってみるとわかりますが、温かいディルドを挿入すると、何もしない冷えたままの時のディルドとは違った感触を体感できます。

よりリアルなセックスの気分を楽しみたい方にはおすすめの使い方ですよ。

挿入前に感度を高める

セックス同様にディルドを挿入する前には、十分に感度を高めておくことが大切です。

いきなりディルドを挿入するのではなく、乳首やクリトリスを刺激するなどして、1度イっておくとベターですね。

膣内の感度を高めた上でディルドオナニーをすることで、より興奮と快感を味わうことができます。

また、自分が膣内のどこが感じやすいか自分でしっかりと把握しておきましょう。

Gスポットが好きならピンポイントで刺激できるよう挿入角度を調節すべきですし、ポルチオが開発されているなら奥まで深く挿入するのが良いでしょう

ディルドオナニーでもっと気持ちよくなるためには、挿入後に自分が一番感じるポイントを刺激することが大切です。

ディルド使用後の洗浄方法

ディルド 洗浄方法

ディルドを使った後は必ず洗浄するようにしてください。

不潔なディルドを膣に挿入していると、炎症を起こしたりアソコが臭くなる原因になってしまうか可能性があります。

また、新しく購入したディルドでも、使用前に状態を確かめて欠損がないか確認して、必ず1度水洗いをします。

ディルドに傷がある状態で激しいピストン運動を繰り返すことで膣内を傷つける原因にもなります。

除菌タイプのウェットティッシュで拭く

ディルドを使用した際に最も注意する点としては、目に見える汚れはもちろんですが、目に見えない菌の繁殖です。

ですので、ディルドをウェットティッシュでふき取る場合は、除菌タイプのウェットティッシュを使用しましょう。

手軽に拭くだけの最低限のお手入れですから、その分、使用するウェットティッシュは少し値段が上がってもきちんと除菌できるタイプを選ぶのがベターです。

ディルド専用のクリーナーを使う

ウェットティッシュは手軽さという点では非常に便利ですが、当然ディルド専用ではありません。

そのため、ディルドなどアダルトグッズ専用のクリーナーと比べると、使用するにしたがって徐々に変色や変質を引き起こしやすくなります。

ですので、より長くディルドを使っていきたい場合は、ちゃんと専用のクリーナーを使う方が最終的にはコスパも良くなりますし、衛生面でもより安全に使用できます。

ぬるま湯とソープを使って丸洗いする

電動ディルドなど一部のディルドを除けば、基本的にはディルドは丸洗いが可能です(必ず使用書を事前に確認してくださいね)。

その際には出来るだけ除菌ができるソープとぬるま湯でディルドを丸洗いしましょう。

使用するソープは市販で売られている普段使いのハンド用ソープやボディ用ソープで構いません。

大切な場所に直接触れるものですから、成分が気になる場合には、デリケートゾーン専用のソープを使用するといいでしょう。

初心者から中級者まで楽しめる!おすすめディルド3選

ディルド おすすめ

初めてディルドを使う初心者の女性から中級者まで楽しめるおすすめのディルドを3つ紹介します。

どれも実際に私も使ってみて今でも愛用している逸品ばかりですので、好みの問題はあっても失敗することはないと思います^^

ディルド初心者の方はサイズは平均的(日本人男性の平均サイズ13cm前後くらい)を選ぶようにしましょう。

みちのくディルドJr

ディルド おすすめ

人気の「みちのくディルド」シリーズの中でも女性支持が最も高いのが「みちのくディルドjr」です。

名前は「jr」ですが、しっかりと膣の奥まで届く上に、ディルドの中では細身のタイプなので、奥まで深く挿入しても圧迫感がありません。

大きすぎて痛いという心配もなく、かといって小さすぎず、ちょうど良い絶妙な大きさ(太さ)なんです。

吸盤の強さもしっかりとありますから貼りつけてフリーハンドで騎乗位もバックもOKですし、素材の質感やペニスそっくりの亀頭のカリなどリアルさもバッチリ。

初心者から中級者まで万遍なくどんな女性にも好まれるディルドだといっていいでしょう。

サイズは「M」「S」がありますが、日本人の平均的なペニスのサイズに合わせて作っているのが「M」サイズですので、迷う方はMを選ぶのが無難だと思います。

本物志向のおちん◯ん

ディルド おすすめ

「本物志向のおちん◯ん」はNLSという日本最大級のアダルトグッズ専門店のオリジナルディルドです。

常にディルドの売れ筋ランキング上位の常連でディルド愛用者の女性の口コミでも高評価のディルドなんです。

「本物志向のおちん◯ん」の特徴は本物のペニスの硬さに加えて人肌そっくりの質感ですね。

私も最初使ったときは商品名の通り「リアルペニス」といった印象でした。

吸盤の強さも問題なく騎乗位やバックも手軽に試せてディルドオナニーの使い方の幅も広がります。

サイズはS.M.Lとありますが、Sサイズでも日本人男性の平均のペニスのサイズですので、大きいサイズが苦手な方はSサイズがいいでしょう。

天上天下

ディルド おすすめ

天上天下はとにかく、本物のペニスと同じような挿入感を得ることができるのが最大の特徴です。

ペニスの竿の部分は硬く、膣の内側とこすれる感触が何とも気持ちいい^^。

また、先端の亀頭部分は柔らかい作りをしているので、ピストンしても膣を傷つけることはありません。

慣れてくると本当にセックスをしているような錯覚に陥りいるかも。

紹介している「天上天下」はNO1からNO3までサイズ別で分かれていますが、NO1に関しては吸盤がついていないので、貼り付けて楽しみたい方はNO2かNO3を使ってください。

大きさ的にはNO3は長さが17㎝と結構な巨根サイズですので、初めてディルドを使う方はNO.2がおすすめです。

初心者が知っておきたい失敗しないディルドの選び方

ディルド 選び方
※参考画像~NLSより

実際にディルドの良し悪しは使ってみないとわからないというのが正直なところです。

ですので、とりあえず失敗しづらいポイントだけ抑えて、あとは自分の好みで選べばOKだと思います。

一応、最低限知っておくと失敗しづらいポイントを3つ挙げておきますので、初めてディルドを購入する女性は参考にしてみてください。

吸盤型を選ぶ

ディルドを選ぶ際には出来るだけ吸盤タイプを購入するのがおすすめです。

いろいろな場所に固定して使えるので、使い勝手も良いですしディルドオナニーのバリエーションが一気に広がります。

電動型や振動型のディルドもより手軽に快感を得ることが可能ですが、価格が高くなるので上級者向けですね。

あとは洗浄のしやすさなど自分の好みに合わせて選べばいいでしょう。

初めは小さめサイズから

ディルドのサイズは実際に挿入しなければ、フィット感などは正直分かりません。

ですので基本的には自分の好きなサイズのディルドを選べば良いでしょう。

ただし、初めてディルドを使う女性は実際に経験したことのある男性のペニスのサイズよりも少し小さめサイズのディルドから始めるのが無難です。

いくら精巧に作られているとはいえ実際にのペニスとは違う部分もありますから、痛みを感じで膣内を傷つけてしまっては元も子もありません。

小さめサイズのディルドで慣れてきたら、普段は味わえない?ちょっと大きめサイズのディルドに挑戦するのもいいでしょう。

硬さはお好みで

ディルドは柔らかい曲げ伸ばしが出来るタイプと硬いタイプのディルドがあります。

柔らかいディルドは挿入時の負担も少なく、サイズが大きくても対応が効く点がメリットです。

内側からの圧迫感や吸い付きの感じもいいですね。

逆に硬いディルドはピストン運動に向いており、挿入時のリアルな感触や男性に責められている感覚が味わうことが出来ます。

どちらが初心者向きということもないので、お好きなタイプのディルドを使いながら、自分のベストのディルドを探していきましょう。

口コミレビューを参考に

ディルドを選ぶ際に最も失敗が少ないのは、販売店のレビュー数が多いディルドを選ぶことです。

特に匂いなどは実際に使ってみないと分からない情報なので口コミで調べるほか方法がありません。

一般的な商品のレビューと違って、ディルドなどのラブグッズのレビューはステマなどなく、ガチのレビューですから非常に参考になります。

また、海外製のアダルトグッズは作りが粗悪な印象がありますので、初めのうちは出来るだけ避けたほうが無難だと思います。

ディルドオナニーをやる6つのメリット

ディルド メリット

では、最後にディルドオナニーをするメリットを6つ紹介します。

セックス気分が味わえる

通常、女性がオナニーをする際には自分の指を使ってクリトリスを刺激したりしてオナニーすることが多いかと思います。

ですが、ディルドを使えば実際のセックスに近い感覚を味わいながらオナニーすることが出来るんですよね。

吸盤付きのディルドであれば壁などに付けて普通のオナニーでは味わえない後背位や立ちバックなども可能。

また、フリーハンドなのでローターやバイブ、電マを同時に使って楽しむことも可能なんです。

旦那や彼氏などと違うサイズのペニスの感触を体感できる

旦那や彼氏など普段のセックスのパートナーのペニスサイズにしっくり来ない女性は、自分の好きな大きさのディルドを使えば、納得の挿入感を味わうことができます。

なかなか現実では味わえない「カリ高ペニス」や「巨根サイズ」など挿入し放題^^。

自分の好みの太さや硬さ、長さなど様々なペニスをディルドで楽しむことが出来ますから、自分がしっくりくるペニスサイズを知っておくのもいいかもしれませんね。

固定できる

ディルドの最大の楽しみ方として、固定して使用できるという点が挙げられます。

床に吸盤で固定すれば、仰向けになった男性のペニスがそそり立ったような状態になり、まるで騎乗位をしているような気分を味わうことができます。

またディルドを壁に貼り付けて挿入すれば、バックで突かれているような感覚を楽しむことも可能。

他のアダルトグッズと比べて、固定できる点はディルドの最大のメリットです。

固定していることで手を使う必要もなく、自分は腰を振ることだけに専念できるので、実際にセックスを楽しんでいる感覚や膣内を刺激される気持ちよさだけに集中できます。

中イキやすくなる

ディルドオナニーを繰り返すと、膣内が開発されることで実際のセックスでも感じやすくなります。

特に中イキしやすい身体になってきますので、中イキしてみたい女性には特におすすめです。

セックスの練習になる

ディルドは実際のペニスに近い太さや長さ、などリアルに作られています。

そのため、ディルドオナニーで練習すればセックスの時にスムーズにペニスを迎え入れることが出来ます。

挿入以外にもフェラチオの練習にもなるので、男性経験が浅い女性にもディルドはおすすめなのです。

アナニーも可能

上級者であればディルドを使ってアナニーすることも可能です。

通常はいきなりディルドを使用せず、指やエネマグラで少しずつアナルを刺激するところから始めましょう。

気持ちよくなるポイントを増やしながら、アナル全体を感じるようにするのが先決です。

そのためにディルドを使ってアナルを開発するという方法もあります。

まとめ~ディルドオナニーは気持ちいい上にメリットがたくさん

ディルドオナニー

ディルドの最大の特徴でもあり、メリットは他のオナニーグッズとは違って固定できるという点です。

そのため、本番のセックスに近い状態でオナニーを楽しむことが出来ます。

また、ディルドはオナニーで気持ちよくなる以外にもフェラチオの練習や中イキの開発などにも使えてすごく便利です。

値段も他のアダルトグッズよりも安いことが多く、丸洗いも可能なためメンテナンスも簡単。

気持ちいい上にメリットも多いので、ぜひこっそりとディルドオナニーを楽しんでみてくださいね^^