精力減退 加齢

せせりたつおせせりたつお

哀しいかなほとんどの男性は年齢とともに精力の減退を感じるものです。

精力減退の原因は様々なものがありますが、その中でも主な原因として加齢による男性ホルモンであるテストステロンの低下が深く関係しています。

テストステロンは性欲や勃起力など男性機能に深い関わりがある物質ですので、加齢とともに精力減退していくのは自然な流れなのです。

とはいえ、自然な流れに身を任せるだけではいけません。

精力減退の原因にあった改善方法を実践していくことで男性機能を維持していくことはある程度は可能なのです。

精力のピークと衰退してくる年齢について

精力減退 加齢

男性の精力のピークは、一般的に10代後半から20代前半とされています。

というのも、19歳~20歳前後で男性の精力を決定する男性ホルモンであるテストステロンの分泌量がピークに達するからです。

そこからは徐々にテストステロンの分泌量が低下していくため、早い男性では20代後半から30歳ぐらいで精力の減退を実感し始めます。

多くの男性は40~50代の中高年を迎えた年齢になって精力減退を強く感じるようです。

 

ただ、精力の衰退を感じる時期には個人差が大きく、20代ですでに枯れたようになってしまう男性も中にはいれば、60代になっても70代になっても精力がみなぎりペニスもギンギンという男性もいらっしゃいます。

ですが、一般的には40歳前後の年齢が精力減退のポイントです。

この年齢の時期を境に男性にも更年期障害が増えてきます。

女性の更年期障害は自覚しやすいですが、男性の場合、不調を感じながらもはっきりそれと自覚しにくい症状が多く、「もう年齢なのかな?」程度に済ませてしまいがちです。

男性更年期障害も結局のところ主な原因はテストステロンの分泌量の低下が原因となりますが、それを左右するのが生活習慣やストレスなどの外的要因なのです。

参考:男性更年期障害 (原因・検査・治療について) | 帝京大学医学部泌尿器科アンドロロジー診療

精力が減退する大きな原因はテストステロンの分泌が減少することにある

テストステロン 減る 原因

中年を過ぎ、若いころのような精力を感じられなくなったとしても、多くの人は「もう年だからしょうがない」と考えます。

確かに加齢によって体の機能が衰えることは誰しも否定できません。

老化はホルモン、筋肉、骨、神経、血管などさまざまな要因によって進行していきますが、精力と関係が深いのが男性ホルモンであるテストステロンの分泌量です。

最近注目されるようになった男性の更年期障害もテストステロンの分泌量が低下することが一つの原因です。

 

ただ、加齢によってテストステロンの分泌量が低下するのは避けられないとはいえ、今の男性は昔と比べても精力の低下が一段と進んでいると言われます。

それはテストステロンの分泌量を低下させる要因が、昔と比べて増えているからです。

食生活など生活習慣は大きく変化しており、運動不足からの肥満や生活習慣病といった問題も増えています。

つまり、加齢による自然なホルモン量の減少に加え、環境的な影響が重なり精力減退を促進しているのです。

⇒テストステロンを増やすための方法の詳細はコチラの記事からどうぞ

精力減退する主な5つの原因

せせりたつおせせりたつお

では、ここからは精力減退の具体的な原因をみていきましょう。

年齢による精力減退は誰しも避けられないものですが、原因の多くは加齢以外の生活習慣にも問題があります。

原因を知ることでアナタに合った改善方法もみつけることができますから、アナタの心当たりのある原因はないかチェックしてみましょう。

加齢による男性ホルモンの減少

精力減退 加齢

加齢によって体は老化していきますが、それは精子や男性ホルモンを生成する精巣も例外ではありません。

老化によって精巣が萎縮すると、精巣から出るテストステロンという男性ホルモンの分泌量も低下してしまいます。

テストステロンは男性ホルモンのなかでも最も強力であり、外見的にも機能的にも男性らしさを決定するホルモンです。

中年になって髪が薄くなったり、額が禿げ上がってきたりするのもこのホルモンが減少したことの影響です。

ただ、テストステロンの量にはかなり大きな個人差があり、同じ年齢でも多い人と少ない人では3倍ほど差があります。

そのため、若くして精力がなくなる人もいれば、高齢でも現役バリバリという人がいるのです。

運動不足などによる筋肉量の低下

精力減退 筋肉量の低下

テストステロンと特に関係があるのが筋肉量です。

筋肉量が多いほどテストステロンが活発に分泌されており、逆に筋肉量が少ないほど精巣から生成されるテストステロンの量は少なくなります。

そのため、運動不足により筋肉量が減少すると、テストステロンの分泌量も低下してしまい、その結果、精力まで減退してしまうのです。

また、筋肉量が減少すると代謝もダウンします。

すると、血管の健康が悪化して血液がスムーズに流れにくくなります。

となると、ペニスに流れ込む血液量も減少してしまい、勃起力が低下したり勃起障害や勃起不全といったEDになったりしてしまうのです。

つまり、筋肉量は直接的にも間接的にも精力に関係しているわけです。

⇒精力増強に効果的な筋トレの詳細記事はコチラから

食生活など生活習慣の乱れ

精力減退 食生活

栄養バランスの偏った食事や不規則な生活、また、運動不足や健康に害のある習慣によっても精力減退を引き起こします。

こうした生活習慣の乱れは、体の脂肪量を増加させるとともに筋肉量を減らします。

筋肉量が減少すると、テストステロンの分泌量が低下して精力が減退してしまいます。

また、脂肪が増えると血管の健康状態も悪くなります。

となると、血流が悪化してしまうため、勃起障害など器質的なEDになる恐れもあります。

そして、生活習慣の乱れは、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の主要因です。勃起に問題を抱える人の3分の2が生活習慣病を持っているというデータもあります。

さらに、喫煙や飲酒といった健康に害を及ぼす恐れのある習慣も、精力減退の大きな要因です。

⇒テストステロンを増やす食べ物の詳細記事はコチラから

ストレスや精神的な問題

精力減退 ストレス

誰しも多かれ少なかれストレスを抱えているものですが、特に中年男性は、仕事面でも生活面でも大きなストレスを抱えています。

会社の上司や部下との関係、家庭内では妻や子どもとの関係など、人間関係に過度なストレスを抱える人は多いですが、過度なストレスは精力減退の大きな要因です。

過度なストレスは自律神経のバランスを乱し、テストステロンの分泌を司る副交感神経の働きを鈍らせてしまいます。

そうなると精力減退はもちろん、心因性のEDになるリスクも高まるのです。

20~30代の若い人でEDになっている人の場合、ほとんどが過度なストレスが原因です。

うつ病など精神的な疾患にもつながるので、ストレスの上手な対処の仕方を覚えましょう。

病気や事故などの影響によるもの

精力減退 病気

ペニスが勃起する仕組みは、性的興奮を脳が感じると自律神経などを通じて勃起中枢に命令が送られます。

それが海綿体の神経まで伝わると、血液が海綿体に流れ込み、ペニスに血液が充満して硬くなるわけです。

しかし、病気や事故などの影響で中枢神経が損傷すると、脳からの命令が途中で遮断されて勃起しなくなってしまいます。

つまり、精力や性欲自体に変わりはないにもかかわらず不能となってしまうわけですから、ED治療薬も効果はありません。

精力減退や勃起力の低下を防止するための8つの改善方法

せせりたつおせせりたつお

精力減退の原因がわかったところで、次にそれらの精力減退の原因を改善していく方法を紹介します。

加齢には誰しも逆らえませんが、生活習慣を見直すことで精力減退を予防・改善することは可能です。

一朝一夕には改善できませんが、今日からでも実践できる改善方法もありますから、早速生活に採りいれてみてください。

筋トレや軽い運動

精力アップ 運動

テストステロンの分泌量を高めるには、筋トレはかなり効果が期待できる方法です。

バーベルやダンベルを使ったウェイトトレーニングによって筋肉量を増やせば、それに応じた量のテストステロンが必要だと脳が判断し、以前よりも分泌量がアップします。

そこまでハードなトレーニングでなくても、自分の体重を使ったスクワットで下半身の筋肉を鍛えるだけでも効果はあります。

 

また、精力減退を防ぎ、今の状態を維持することが目的なら、軽いジョギング程度の運動でも大丈夫です。

肥満予防や血管の健康改善が期待できるため、精力減退やEDの対策に良いでしょう。

週に2回程度、鼻で呼吸ができる程度の負荷で30分ほど走るだけで効果はあります。

⇒精力アップや精力増強の効果的な筋トレはコチラの記事から

バランスの良い食生活

精力アップ 食生活

精力をアップさせるという食材もありますが、精力減退を予防するなら栄養に偏りのない食事を1日3回きっちり取るだけでも効果はあります。

主食・主菜・副菜を3:1:2のバランスになることを意識し、カロリーが多すぎない自然の食材を使用すれば文句なしでしょう。

足りない精力アップの栄養素はサプリメントなどで補充すればOKです。

特に男性ホルモンであるテストステロンを増やすには「アルギニン」「亜鉛」が重要です。

亜鉛はなかなか摂取するのが難しい成分ですが、アルギニンは肉類や魚類、卵や乳製品など比較的摂取しやすい成分です。

⇒テストステロンを増やす食べ物の詳細記事はコチラから

 

なるべく避けたいのがインスタント食品やファーストフードです。

これらには添加物が多く使われているため、それを分解するのに体内のビタミンやミネラルを消費します。

特に、精子の材料でもある亜鉛が必要以上に消費されてしまうと、精力はすぐに減退してしまいます。

また、ハンバーガーやフライドポテトに含まれるトランス脂肪酸も勃起や精力に有害ですので、なるべく控えましょう。

規則正しい生活習慣(睡眠、タバコやアルコールを控える)

精力アップ 睡眠

精力の大敵であるストレスを溜めこまないようにするには、早寝早起きの規則正しい生活を送ることがいちばんです。

ぬるめのお湯につかって心身をリラックスさせてから就寝するとよく眠れます。

また、起きたらすぐにカーテンを開けて日光を浴びると、体のリズムが正常に機能します。

睡眠時間は7時間ほど取りたいところですが、個人差もあるので本人が熟睡できる時間を確保できれば問題ありません。

 

また、喫煙や飲酒といった悪習慣を控えることも精力減退予防には大切です。

タバコは血管を収縮させますし、ニコチンにはそれ自体に性欲を減退させる作用があります。

アルコールも、脳の働きを鈍くし内臓の機能を衰えさせ、脂肪を溜めこみやすい体にするので、嗜む程度に控えるべきです。

メタボ、肥満予防(ダイエット)

ダイエット 精力アップ

メタボや肥満は精力の大敵です。

というのも、テストステロンの分泌量と体内の脂肪量には反比例の関係があるからです。

脂肪量が増えれば増えるほど、分泌されるテストステロンは少なくなっていきます。

そうなると、内臓脂肪も付きやすくなり、血管の健康も悪化して、さらにテストステロンの分泌力が衰えてしまうという悪循環になってしまいます。

肥満の人は脂肪を減らすべくダイエットすることが、精力減退を食い止めるのに効果的です。

 

ただし、ダイエットといっても食事制限だけで体重を落とすことには意味がありません。

これでは筋肉まで落ちてしまい、ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

筋トレで筋肉を増やしつつ有酸素運動で脂肪を落とすのが、精力アップには一番です。

妻(彼女)以外の魅力的な女性と接する機会を多く持つ

テストステロンを増やす

結婚生活が何十年にもなると、どうしても妻の容貌も若いころと比べて衰えてしまいます。

男性の性的興奮は視覚によるところが大きいため、年を取った妻に興奮しなくなっても仕方のない面はあります。

また、同じ相手としかセックスしていないと飽きてしまうということもあります。

妻以外の女性に対しても性欲が湧かないのであれば身体的な要因による精力減退も考えられますが、そうでないのであれば単に夫婦関係がマンネリになってしまったということでしょう。

⇒妻だけEDの原因と改善方法の記事はコチラ

とはいえ、妻がいる男性がほかの女性と気軽に接するわけにはいきません。

風俗を利用するという手もありますが、こっそり通うとなるとこれもまた問題です。

妻以外の女性と接するといっても必ずしも肉体関係を持つことを指しません。

日常的に妻以外の女性と会話する機会を多く持つだけでも、男性としての本能も蘇りますし、外見などにも気を遣うようになるものです。

医者や専門医など病院へ相談(病気や事故の可能性がある場合)

精力アップ 医師

専門病院を受診すればバイアグラやレビトラなどED治療薬を処方してもらえることもありますが、病気や事故の影響で脊髄、骨盤、血管などに損傷が起きた場合はそれらの治療薬では回復が難しいです。

血管が正常であればICI(陰茎海綿体注射)という方法で勃起させることは可能ですし、ほかにも補助器具の使用や手術など物理的な治療法がある可能性はあります。

いずれにせよ専門医を受診し、原因を探ることが大切です。

精力剤や精力サプリメント

精力アップ サプリメント

精力アップを考える際、精力剤やサプリメントは最も手軽な方法です。

ただし、市販のものは玉石混交ですので、本当に効果のある精力剤を選ぶには自分の精力減退の原因を探り、それに的確に作用する成分が配合されているものを探さなければなりません。

 

血管を拡張して血行を促進するアルギニンやシトルリン、精子の材料でもある亜鉛、疲労回復や滋養強壮に効くビタミンやミネラル類、こういった精力アップの成分を多く含む精力剤やサプリメントを選ぶ必要があります。

特に男性ホルモンであるテストステロンを増やす「アルギニン」は重要な成分です。

ED治療薬

精力減退 ED治療薬

精力減退で勃起もままならない状態であっても、中にはどうしても「今、勃起させたい!」という場面が来ることもあるでしょう。

そういった場合、確実に勃起させるにはED治療薬以外に方法はないでしょう。

ED治療薬とはバイアグラを代表にレビトラやシアリスといった製品を指します。

今、日本がEDに効果があると認めているのはこの3つの薬のみで、専門の病院やクリニックで処方箋を受けることで購入することが可能です。

また、購入方法としては海外の薬局から個人輸入代行を使って購入することも可能です。この場合は処方箋は必要ありません。

ただし、バイアグラを始めとするED治療薬は副作用があります。また、海外の通販のED治療薬の約4割が偽物であるという報告もあり、それを見破るのは素人ではほぼ不可能です。

ですから、いきなり個人輸入代行を使ってED治療薬を購入することはリスクが高いのでおすすめしません。

原則、国内の病院で処方してもらって購入するのが最も安全ですし、仮に海外の薬局から購入する場合でも1度処方してもらって飲んで安全性を確かめた上で購入するのがベターです。

一応、正規品のバイアグラやシアリス、レビトラのジェネリックなどを取り扱っている海外の通販サイトを挙げておきます。

⇒正規医薬品の個人輸入代行通販サイト「海外薬局」はコチラ

まとめ~生活習慣を見直すことで精力減退は徐々に改善効果が期待できる

精力アップ まとめ

誰でも年齢とともに精力減退はある程度は感じられるものです。

男性らしさや精力と深い関係のある男性ホルモンのテストステロンの分泌量が加齢とともに減少していくからです。

しかし、テストステロンの減少は、加齢だけが原因ではなく年齢以外の外的要因によるところも大きいことがわかっています。

そして、それらの原因は努力次第で防ぐことや維持することが可能なのです。

まずは、なぜ精力が減退しているのかの原因を探り、それを取り除くために生活を見直すなど改善することから始めましょう。

基本的には大前提として、バランスの良い食事を取り、喫煙や飲酒など悪習慣を止め、適度に運動する習慣を付け、規則正しい生活を心がけることが土台となります。

その上で、精力増強やテストステロンを増やすために効果的な精力剤や精力サプリで精力増強に必要な栄養素を補助することも非常に効果的です。

手遅れにならないうちに今、アナタが出来ることから精力アップのための習慣を採りいれて行きましょう。

⇒精力増強に効果的な精力剤のランキングはコチラから