40代 男性 性欲

せせりたつおせせりたつお

40代の男性の性欲ってどうなのでしょうか?

特に旦那さんや彼氏とのセックスの回数が一般的な夫婦やカップルに比べて、どうなのか気になりますよね?

ということで、同じくアラフォー世代の私が40代男性の性欲やセックスの回数について経験談も踏まえながら書いてみたいと思います。

個人差はあるが、まだまだ40代男性は性欲旺盛

40代 男性 性欲

40代男性の性欲はどうなのか?

私自身もそうですし、私の身の周りの40代男性を見る限りでは、性欲旺盛な方が非常に多いです。

40代男性だって20代の男性と変わらず、好みの女性をみればセックスしたいと思いますし、AVも観れば風俗にも行きます。

経済的に余裕が出る年代という理由もありますが、浮気や不倫、セフレを作る男性に40代が多いことからもまだまだ性欲が強いことが見てとれますよね。

ただし、もちろん個人差はあります。

性欲は主に男性ホルモンと関係しているのですが、男性ホルモンは20歳前後をピークに減少していき、40歳を過ぎた頃から著しく低下していきます。

ですので、元々男性ホルモンの分泌があまり多くない方は30代後半くらいから性欲が減退していってもおかしくはないですよね。

40代男性のセックスの回数の平均は1ヶ月で1.9回

40代 男性 セックス回数

では、性欲に続いて40代男性のセックスの回数はどれくらいなのでしょうか?

正確な統計データがあるわけではありませんが、参考としてコンドームメーカーの相模ゴム工業という会社が年代別の1ヶ月のセックスの回数を調査したデータがあります。

このアンケートによると特定のセックス相手がいる40代男性の1ヶ月の平均のセックスの回数は1.9回となっています。

参照:ニッポンのセックス|セックスの回数

ですから、約2週間に1回、1週間の平均だと0.5回程度ということになりますね。

 

おそらくですが、女性の方はこの結果を見て「少ない」と思う方が多いのではないでしょうか?

「性欲はあるのにセックスの回数が1ヶ月に約2回程度ってどういこと?」と。

ですが、これは大きな誤りです。

なぜなら、性欲の有無と実際に行うセックスの回数は必ずしも一致しないからです。

もっと言えば、性欲はあるけど妻や彼女とセックスしたいかどうかは全くの別問題であるということです。

性欲があるのに旦那や彼氏が妻や彼女とセックスしない理由

40代男性 性欲 セックスの回数

性欲の有無と妻や彼女と実際に行うセックスの回数は比例しません。

むしろ、性欲はあるけどセックスはしない、セックスしたくないという男性は少なくないのです。

セックスしない理由は数多くありますが、大きく原因を分けると「体の問題」と「心の問題」に分けることが出来ます。

では、具体的に旦那や彼氏が性欲があっても妻や彼女とのセックスの回数が少ない理由をみていきましょう。

男性機能や体力の低下など体の問題

性欲はあるけど、妻や彼女とセックスの回数が少ない代表的な理由としては「仕事で疲れているから面倒くさい」という理由が挙げられます。

特に40代男性は仕事で責任ある立場を任されることも増える一方で、肉体的にはどんどん落ちてきているため、家に帰るとセックスする体力も気力も残っていないケースがよくあります。

結果、「性欲は一人エッチで解消すればいい」という方向へシフトしていく傾向があります。

 

一方、性欲はあるし妻や彼女とセックスしたいのに体が反応しないというケースもあります。

ペニスが硬くならない、うまく勃起できない、またはセックス中に萎えてしまう・・・こういった理由でセックスが上手くできないことが続く。

結果、セックスの回数が減っていき、セックスレス状態になる。

こういった場合は旦那や彼氏は「ED(勃起不全)」である可能性が高いです。

EDになる原因は生活習慣の乱れや病気など様々ありますが、放置していても悪くなっていく一方ですので、何かしらの対策が必要です。

コンプレックスや「妻だけED」「彼女だけED」など心の問題

心の問題といっても実に理由は幅広くあり、普段の仕事のストレスや夫婦間の関係性、過去の性体験によるものなど実に様々です。

例えば、男性が自分の男性器やセックスにコンプレックスがある場合(ペニスのサイズが小さい、早漏など)、性欲があってもセックスそのものを嫌いになってしまうことがあります。

また、1度セックスでたまたま勃起に失敗しただけで、自分自身で不要なプレッシャーや使命感に襲われて、セックスを避けるケースなどもあります。

他には奥さんが子供を生むと性の対象としてみることができなくなるケースや、妻や彼女とのセックスに飽きて勃起しなくなるなど、いわゆる「妻だけED」「彼女だけED」も多く見られます。

こういった理由でセックスが少ない男性は、体には問題があるわけではなく、奥さんや彼女以外の相手や対象物(風俗や浮気相手、AVなど)では正常に勃起できるため、体の問題よりも解決しづらいケースが多いようです。

旦那や彼氏とのセックスの回数を増やすための3つの方法

セックスの回数を増やす方法

愛する大好きな旦那さんや彼氏とのセックスの回数を増やしたいと思う女性は多いですよね。

実は以前、僕はセックスレスだった経験があります。

今はレスは解消しているのですが、そのときに解消のきっかけになったのは、

「他の夫婦やカップルと自分たちのセックスを比較しない」

ことを意識し始めたからです。

 

セックスの形は夫婦ごと、カップルごとにそれぞれ違って当然だと思います。

挿入したら○分は腰を振らなくてはいけない、週に1回はセックスしないといけない、排卵日は必ず予定をあけて射精しなきゃいけない・・・etc

そうやって自分で自分にプレッシャーをかけていたことから解放されると、セックスが楽しくなりました。

セックスが楽しくなればセックスの回数も自然と増えますし、結果的に性欲も湧きやすくなり、勃起もしやすくなるんです。

ということで、僕が実際に妻と行ったセックスの回数を増やすおすすめの方法を3つ紹介します。

ファストセックスでもOK

ファストセックス

ファーストフードならぬファストセックスです。

ファストセックスとは簡単に言えば「前戯なしで挿入だけ」のセックスのことです。

旦那さんや彼氏が仕事で疲れてなかなかセックスする体力や気力がないことがセックスの回数が少なくなる原因としてあることを紹介しました。

そういった時にこのファストセックスはすごく有効なんです。

男性がいう「セックスが面倒くさい」は、イコール「前戯が面倒くさい」のです。

射精するだけなら男性は別に面倒でも何でもありません。むしろ気持ちいいし、スッキリしてよく眠れるくらいです^^。

ただ、妻や彼女に対して「挿入だけしていい?」「フェラだけしてもらいたい」とはなかなか言いづらいんですよね。

そんな疲れている時には「ファストセックスOK」の夫婦やカップルであれば、セックスの回数は確実に増えます。

挿入しなくてもいい!心のセックス

挿入なし セックス

セックス=挿入という固定観念がありますが、必ずしもそうとは限りません。

挿入をしないセックスがあってもいいのではないでしょうか。

特に男性がEDの場合や早漏などペニスにコンプレックスを持っている場合は、非常に有効なセックスの回数を増やす方法となります。

挿入して射精することは男性からすると快感でもあると同時に、人によってはストレスになることがあるのです。

ですから、そのストレスから解放されることでセックスが楽しくなりますし、かえってプレッシャーから解放されるためED気味だった男性が、勃起する可能性だってあります。

挿入しなくていい。むしろ挿入禁止。

男女が裸同士で抱き合って好きなだけ触ったりキスしたり、自由に二人の時間を過ごす。

結果、勃起すれば挿入してもいいし、別にしなくてもいい。

そんなセックスなら男性もきっと気軽にもっとセックスしたくなるはずです。

もっとエロを楽しむ

エロを楽しむ

セックス以外でももっとエロを二人で楽しむことが、結果的にセックスの回数も増やしますしレスになりにくい関係になります。

では、エロをもっと楽しむとはどういうことか?

例えば、AVを定期的に一緒に鑑賞する、アダルトグッズを試す、コスプレ、ソフトSM、相互オナニー、目隠し拘束プレイ、アナル開発、スワッピング・・・etc。

ノーマルからアブノーマルなプレイまで言い出すとキリがないですが、セックスそのものだけでなく、エロなんて無限にあります^^

同じセックスをするにも、スローセックスやポリネシアンセックスなど様々な種類のセックスがあります。

こういったエロに対してもっとオープンに二人で楽しむことができれば、セックスの回数も増えますし、こんな関係になれる男女は夫婦やカップル以外になかなかいませんから、セックスレスの解消にも役立ちます。

EDの場合は生活習慣の改善や病院へ相談することも必要

もし、旦那や彼氏のセックスの回数が少ない原因がEDである場合は2人でまずは話し合うことが先決です。

EDは放っておいても勝手に改善されることなどほとんどありません。むしろ、悪化して取り返しがつかないことになることの方が多いです。

EDの原因として多いのは生活習慣の乱れによる血行不良や、それに加えて心理的な要素など複数の原因が絡み合っていることがあります。

軽度のEDであれば生活習慣の改善や精力剤などで回復するケースも多いですが、症状の重さによってはED専門のクリニックに行って相談してみることをおすすめします。

⇒全国13か所、評判の高いED専門のクリニックの詳細はコチラから

まとめ~「妻や彼女とのセックスが楽しくない」を解消すれば回数は必ず増える

セックス 楽しい

個人差はありますが、40代男性の性欲はまだまだ健在です^^。

ですが、40代の旦那や彼氏のセックスの回数がどうかといえば、決して性欲とは比例せずに少ないことが多いんですよね。

妻や彼女とのセックスの回数が少ない原因は色々ありますが、ED(勃起不全)や病気などのケースを除けば、要は

「妻や彼女とのセックスが楽しくない」

これが最大の理由です。

仕事に疲れていても妻や彼女とのセックスが最高に楽しくて気持ちいいなら、毎日でもヤリたいはずです。

早漏やペニスのサイズ、前戯や挿入時間など考えずに純粋にセックスを楽しめるならば、頻繁にセックスしたいと思うでしょう。

ですから、奥さんや彼女が旦那や彼氏とのセックスの回数を増やすためには、アナタとのセックスが楽しい、もしくは他では味わえない楽しみや気持ちよさを作ることです。

そうすればセックスの回数は自然と増えるはずですし、セックスレスの心配などないでしょう。

 

 

 

この記事を書いた人

せせりたつお
せせりたつお元・汁男優でありアダルトグッズマニア。ちなみにサプリメントアドバイザーの資格も持つ。
「精力剤のアゲヂカラ」の管理人「せせりたつお」。元・汁男優でもあり、アダルトグッズマニアでもある。何気にサプリメントアドバイザー検定や調理師免許など資格も多数保有。自身の早漏・EDの経験を元に精力剤など男性の活力について熱く語る。