精力減退 結婚

せせりたつおせせりたつお

結婚したら旦那が全然夜の営みをやってくれなくなった。

こういう悩みを抱える奥様方は非常に多いみたいですね。

正直、僕も40代を迎える今、こういった旦那たちの気持ちも実はわからなくはありませんm(__)m

なぜ、こんなにもセックスレス夫婦が多いのでしょうか?

実際に育毛シャンプーでお馴染みのアンファーが既婚男女1000人に「セックスレス夫婦かどうか?」のアンケートを実施したところ、セックスレス夫婦の割合は30代夫婦で47%、40代夫婦で59%、50代夫婦にいたっては約71%という数字が報告されています。

しかも、これらのセックスレスと答えた夫婦は全て「円満夫婦」だと答えた夫婦のみなのです。

夫婦円満とセックスレスは必ずしも関係ない事がわかります。

 

では、なぜ旦那が奥さんと夜の営みに精を出さなくなるのか?

その原因は様々ですし、精力減退と一口にいってもその理由は様々です。

まずは、1つずつ旦那の精力減退(実は精力のせいではないケースも含めて)の理由を考えていきましょう。

 

目次

結婚後に旦那が精力減退する具体的な11の理由

せせりたつおせせりたつお

では、具体的に結婚後に旦那が精力減退する理由を紹介していきます。

僕の個人的な見解としては、どれか1つの理由だけで精力減退やセックスレスになるというよりは、複数の理由が混ざりあって今の状況になっているパターンが多いように思います。

セックスのマンネリ化

セックス マンネリ化

夫婦間でセックスレスになるパターンとして、その行為のマンネリ化がよく語られます。

いつも同じシチュエーションで、お決まりごとの様に、お決まりのスタイルや愛し方で行う行為に飽きてしまう事があるのです。

 

男性にとって、性行為は脳の刺激で高まる部分があります。

そのため女性とは違って、創造力を掻きたてる面白味に乏しいと性欲が高まらず、勃起自体が起こらないケースがままあるのです。

こういった理由によって、男性は浮気をしやすい傾向にあるのでしょう。

 

また夫婦間ではテレや面倒臭さもあって、なかなかセックスのパターンを変化させるような努力をしない傾向もあります。

つまり夫婦の性関係は何もしなければ非常にマンネリ化になりやすい危険性を持っている点を注意するべきでしょう。

パートナー(妻)の劣化

妻の劣化 精力減退

男性の精力減退に不満をもつ女性は決して少なくありません。

ただし、その原因が女性自身の女としての魅力の低下・劣化にある点も事実でしょう。

これは女性にとっても認めたくない部分ですが、やはり加齢に伴って女性の性的魅力が劣化するのは仕方がない事です。

 

また家庭ではありのままの姿で生活するのが夫婦ですから、男性・女性共に緊張感のないズボラな関係になりがちです。

もちろん、このありのままの姿が互いの信頼関係を深めてくれるのですが、一方で男性の性欲に関してはマイナスポイントになります。

そこに加齢による容姿の変化があわさると、不可抗力ではありますが精力減退を生じてしまうのです。

この様な夫婦関係がEDになる1つのキッカケだとも言われています。

子供が出来て妻を女として見ることができない

精力減退 育児

セックスレスになるタイミングに妻の出産が多いといいます。

そして妻が母になる事で、それまで女性として愛してきた妻が母親的存在になってしまう事はよくある話なのです。

つまり夫の見方として、妻が性の対象から家庭のお母さんになってしまうという事です。

 

またこの時期は妻も育児にかかりっきりになり、身体的・精神的に疲れ果ててしまうために、なかなか性行為をしようという意欲がなくなります。

もちろん夫も、そんな妻を労わる気持ちで無理な負担を掛けない様に性生活を我慢してしまいがちです。

この関係が2、3年も続けば、必然的にセックスレスの夫婦になる可能性は高まります。

独身時代とは違う責任感やプレッシャーによるストレス

精力減退 プレッシャー

男性は社会に出てからの独身時代に最も性欲が爆発すると言います。

これは生存本能の影響で当然の事ですが、逆に人生のパートナーを得て共に暮らす様になると、多くの方が家庭の幸せに対する責任感でストレスを感じる様になるのです。

精力と精神状態は密接に関係していますから、こういったプレッシャーが性欲を減退させる事は避けられません。

無理に性生活も充実させようと気負ってしまうと、そのままEDになってしまうケースが多々あります。

 

ここでポイントとなるのは、周辺の夫婦が得ている平均的な幸せを追い求めない事かもしれません。

身内や知り合いの生活レベルを意識して、もっと頑張ろうと夫婦間で煽ってしまうと、無理が生じて大きなストレスが生れ、互いの関係を冷たくさせてしまいがちです。

そして男性の精神的弱さがセックスレスを招く結果となり得るのです。

妻に性的魅力を感じなくなった

精力減退 妻に魅力を感じない

外見の変化以外にも女性としての魅力を妻に感じなくなったこと以外にも、妻に性的な魅力を感じなくなるケースはあります。

その1つの例として、家庭を持った女性は、どなたも自分や子どもの人生を豊かにしたいと望むことかと思います。

その想いから不安に思った女性の中には、夫に対して金銭面や社会的なステイタスの低さに不満をぶつけるシーンも多々見られるでしょう。

そんな家庭生活を送っている男性の多くは自尊心を損なってしまいがちになります。

そして夫はつい妻に対して消極的な気持ちになってしまいます。

 

精力や性欲は男性としてのプライドが弱いと十分に発揮されません。

つまり夫が妻に尊敬されていると感じられないと、そのストレスによって妻に性的魅力を感じなくなるのです。

セックスへのトラウマやコンプレックス

精力減退 コンプレックス

若いころの性経験の失敗などが原因でEDになるケースがあります。

まだ経験の浅い男性にとって、一回一回の性行為に大きな不安を抱いているもので、自分の行為の稚拙さや性器の弱点を指摘されると、それがトラウマになってセックスに対して恐怖感を抱く様になるのです。

また未経験者が包茎や短小を気にして性に対してコンプレックスを持っている場合も、性欲や精力が減退してしまいます。

 

現在では経験の少ない男性が非常に多くなっていて、ちょっとしたキッカケで性的トラウマを抱えてしまい、その恐怖感で女性に近づかない傾向があると言います。

こういった精神状態を改善するには、やはり自信を取り戻す事が効果的です。

心因性のEDの場合は精力剤など飲んでもあまり効果的ではありませんので、専門の医師に診てもらうのが一番の精力回復の近道です。

浮気・風俗など妻以外とセックスする場所を持っている

精力減退 浮気 風俗

昔から男性は浮気相手がいたり、性風俗に通っていたりすると妻とのセックスを避ける様になると言われます。

これは興奮度の差が男性の性欲を刺激するからです。

つまり妻に隠れた行為を楽しむ事で、日常では得られない興奮を感じるからでしょう。

また、男性は誰しも妻以外の女性との一夜を心の底では望んでいる生き物です。

いわゆる性的タブーに対しては、男性に限らず女性も含めてのめり込んでしまう傾向があります。

そして遊びとしてではなく、本気になってしまう危険も高く、こういった状況にある男性は妻に対する魅力が感じなくなるのです。

 

またマンネリ化した夫婦生活では味わえない性的な快感を得ますから、なかなか自制心では抑えきれなくなります。

つまりタバコが体に悪いと分かっていても辞められない事に似ていて、改善策はそう簡単ではないと言えるでしょう。

加齢による勃起力の低下やED、自信喪失

精力減退 加齢

男性の精子製造機能は加齢とともに弱まっていきます。

そして精子が十分に貯蓄されなければ十分な性欲や勃起力が発揮されません。

また、加齢とともに性欲や勃起力の維持にも大きく関係する男性ホルモンのテストステロンという物質が減少してきます。

高齢者になると精力が減退するのはこれらが理由なのです。

そしてこの頃に性的自信を失い、知らぬうちにEDになってしまうケースも多いのです。

 

この点を理解していないと、性機能低下をまるで病気の様に受け止めて絶望してしまう事があります。

また妻が何気なく性行為の不満を口にしたり、顔に出したりすると不安が現実となってのしかかり、ますます自信喪失が強まって機能面と精神面での混合型のED化してしまう事もあります。

 

ただし、加齢には逆らえませんが、生活習慣などを見直すことで勃起力や精力を維持することは不可能ではありません。

その際には精力剤や精力サプリなども有効な手段となります。

女性(妻)が常に上位の家庭環境によるもの

精力減退 妻が上位

やはり男性は家庭を持つと家族を守りたいと思うのが本能です。

しかし現代の社会では、家庭は妻の居場所として、妻が様々な権限を持つケースが非常に多いでしょう。

実はここでも夫の自尊心が大きく損なわれていて、そのストレスから精力減退が生じるケースがあります。

男女平等を考えると決して男性が上になる理由は無いのですが、それでも家族からの尊敬の気持ちが伝わらないと夫は家庭を避ける様になり、浮気をしたりセックスレスになったり、最悪のケースではEDを発症してしまう事もあります。

妻との関係の変化(親友、兄弟のような関係で男女としてみれない)

精力減退 仲良し夫婦

子供を持った家庭では、夫婦関係が大きく変わってしまう事があります。

つまり夫は子どものお父さん、妻は子どものお母さんとなって、夫婦はまるで兄弟か共同生活者の様な関係になりやすいのです。

これでは互いに性的な魅力を感じ合う事が難しくなります。

確かに家族愛で繋がっているので、家庭は平和な暮らしが保てるのですが、それと比例して夫婦関係は醒めていくといったケースがたいへん多く見られます。

 

また、この様な幸せそうな家庭では、得てして仮面夫婦になりがちだという事もポイントです。

子育てで夢中の内は夫婦のつながりを保てますが、その後に家庭内別居や離婚の問題になど発展する可能性が高く、一般的にセックスレスな関係になりがちです。

日ごとからのスキンシップ不足

精力減退 スキンシップ不足

愛情表現があまり得意ではないのが日本人の特徴です。

欧米人の様なオープンなスキンシップが苦手なのです。

例えば結婚当初は手をつないで歩いたりキスしたりと、何かとイチャイチャしていた夫婦も、子供ができて妻が子育てに忙しくなると夫婦間のスキンシップを止めてしまいがちです。

 

心では互いを必要とし、敬意も持っていても、肌を触れ合う気持ちの良さを忘れてしまうと性生活も味気なくて面倒になってしまいます。

基本的に互いの愛情や性欲を刺激し合うのがスキンシップの効果なのです。

ただ単純に性生活が面倒くさい、疲れる

精力減退 面倒くさい

働きアリの様な社会生活を送っていると、娯楽や趣味さえも面倒になりがちです。

日本人の多くが心身ともに慢性疲労を抱えていて、無気力な生活を送るケースが非常に多く見られます。

一般的に夫も妻も日常の仕事に追われていて、家庭の団欒を求める意欲も減退しているのでしょう。

 

この様な家庭環境では性生活が面倒だと感じます。

別に相手が嫌いになったとか、誰か他に好きな人ができたとかの理由がなくてもセックスレスになってしまいます。

 

また性機能は焦った状態では正確に働きません。

つまり集中力が必要で、しっかりと性行為に精神力を集中させないと十分な勃起力も得られません。

ですから、改善策としては仕事を含めた生活の見直しがポイントになるでしょう。

旦那の精力減退を改善する7つの対処方法

せせりたつおせせりたつお

では、続いては旦那の精力減退(それ以外のセックスレスのケースも含めて)の対処法を考えてみたいと思います。

旦那の精力減退によるセックスレスなどの理由には根深いものがあります。

即効性のある付け焼刃の対策も必要ですが、同時に根本的な理由を探り、一緒に改善していく必要ことが必要です。

別に前戯はしなくてもいいことを伝える(挿入やフェラだけでもOK)

精力アップ 夫婦

男性にとって、性テクニックの幼稚さや未熟さを女性に指摘される事は耐え難い屈辱です。

まして妻にその点で軽蔑されたと思ったら、ほぼ間違いなく夫は妻との性関係を嫌がる様になるでしょう。

よくあるケースですが、妻は結婚する前の恋人と夫を無意識に比較してしまう事があります。

収入面や容姿、それに性行為まで口にしてしまうケースがあるでしょう。

 

ですが、これは男性にとっては辛い話です。ちょっとした蔑みでEDになる男性も少なくありません。

また、単純に疲労などで面倒くさくて性行為を避けてしまっているというケースも多々あります。

そういった場合、妻はそのままの夫の性行為を受け止める努力をすると良いかもしれません。

世の中には前戯にしても淡白な男性はたくさんいます。

その事を露骨に批判するのではなく、むしろ女性の方からそれとなくリードする事も精力減退の夫には効果的なのです。

まずは旦那がただ気持ちよくなるだけの状態を作って、それを妻も一緒に喜んであげる。

人間は返報性の法則というものもありますから、そのうち旦那も妻を気持ちよくしてあげたいという欲求が自然と湧いてくるものです。

セックスを面倒くさい、大変な行為といったプレッシャーを与えない、気持ちよくなる行為という原点回帰することを覚えてもらいましょう。

旦那の精力減退(セックスレス中の場合)その原因をよく話し合ってみる

精力アップ 話し合う

夫婦間で性的な悩みを抱えている場合、その事を直接夫婦で話し合う事は非常に大切な事です。

一般的には話し難いテーマですが、そこをできる限り正直に打ち明け合ってみると、お互いの不満や辛さなどが理解しあえるかもしれません。

 

奥さんにとって問題なのは、なぜ自分を求めてこないのかという不安感です。

これは夫も妻も、どちらも抱えている悩みである事が多く、相手の気持ちを思うあまりに言い出せずに悶々としてしまう事があるのです。

そこで夫が精力減退でセックスレスの状態であるならば、ぜひ夫婦間でダイレクトに話してみる様におすすめします。

本当にEDの症状であれば医師に診てもらうことも重要ですし、加齢や疲れによるものであれば精力剤などといった方法もあります。

いずれにしても話を聞かないことには本当の精力減退の原因が突き止められないので、結果的に適切な改善策も見つかりません。

ただし、話し合いの際は相手を責めたり責任を追及する様な話ではなく、互いに思いやりのある言葉と心で真正面から向き合う態度が肝心でしょう。

「妻への愛情=セックス」ではないことを理解する

精力アップ セックスが全てではない

精力減退などを原因としたセックスレスな夫婦関係は、夫にとっても妻にとっても辛い事です。

また単に精力が弱いという場合も同様です。

性行為に関してはとてもメンタル的にデリケートな部分があって、できれば自然な形で夫婦ともに満足したいと望んでいるものです。

ですが、恥じらいや相手を傷つけてしまうかもしれないという不安で、精力減退の不満を互いに悩んでいる事があります。

 

特に妻としては、性の不満がもとで感情的になったり怒りっぽくなるのも事実ですが、そんな時でも不甲斐ない夫を責めない様にしましょう。

むしろ、他の面から受けている夫からの愛情を尊重する事で、夫の自尊心も回復するでしょう。

それがキッカケで、積極的に妻と向き合う様になるケースもあるのです。

 

そして女性に1つ忘れないでいただきたいのは、「妻への愛情=セックス」ではありません。

セックスレスでも世界で1番妻のことを大切に思っているという夫は多いです。

そのことを理解しているだけでも、底知れぬ不安感は少し和らぐのではないでしょうか。

ED(勃起不全)や病気、メンタル的原因の場合は徹底的に治療に取り組む

精力アップ 病気

もし夫が本格的なED(勃起不全)だと分かったら、夫婦間で話し合って専門のクリニックへ相談に行くと良いかもしれません。

もちろん、無理やり連れて行くような乱暴な事はせずに、『妻のためにも行って治療してみるよ』と自主的に行ける様に心を使うのは大事です。

現在は効果の高いED治療薬があって、医師の処方で着実に回復できる様になってきました。

またEDになった原因をカウンセリングで究明して、そちらの対応も同時に行っていくことができます。

 

この様に丁寧な治療を受けるならば、一つ一つ問題をクリアしていけるでしょう。

特に精神的な原因によるEDでは、根っこにあるコンプレックスを解消しなければ改善しません。

この点は専門的なアプローチが重要になります。

自己治療では難しい部分でもある事を知っておきましょう。

夫と一緒に入浴するのはもちろん、裸体、下着姿を見せるのも控え、妻の肉体が【性的禁忌対象】であることをアピールする

精力アップ 女性

夫婦生活を円滑にして、夫の精力減退を改善する方法がいくつかあります。

その一つとして、妻の肉体にプレミア感を持たせるという方法です。

セックスレスになる夫婦には妻の性的魅力の消失が関係していますから、夫に妻の肉体が安っぽいものではないという事を普段の行動で伝える事が肝心です。

 

プレミア感と言っても決してそんなに大げさなことではありません。

例えば一緒に風呂に入らないとか、意識的に体をくっつけ合わない様にする事も有効です。

もちろん裸や下着姿も封印して、それでもセクシーさを醸し出すようなスタイルを意識すると、夫は妻に性的欲求を感じて体を寄せてくるものです。

 

ただし、過度に夫を避ける行為は禁物です。

誘う様なそぶりをしつつ、必要な距離感を保つと男性は性的に興奮する傾向がある事を知っておくと良いでしょう。

旦那の性癖を知る(コスプレ、大人のおもちゃなど好みなら積極的に取りいれる)

精力アップ 性癖

性的興奮を高める事で男性は精力をアップする事ができます。

特に脳への刺激がポイントで、創造力から興奮状態に入っていくのが男性の特徴です。

ここは感情で興奮する女性と違う点です。

そこで精力が減退している夫を十分に興奮させるために、これまでの淡白なスタイルを変化させると効果的です。

 

例えばコスプレをしたり、ラブホテルを利用したりして、普段と違ったシチュエーションを演出してみるのです。

また夫の性的好みを優先する事も効果的です。

 

ただし、なかなか妻の方から聞くのは難しいでしょうから、自分から好きにしてみる様に勧めると良いのです。

こういった演出を定期的に行う事で、オープンに性行為が楽しめる様になり、夫も性欲を回復する事ができる可能性もあります。

精力剤や精力サプリメントを勧めてみる

精力アップ 精力剤

最近はバイアグラやレトビア、シアリスといったED治療薬が開発されていて、医学的にEDを改善させる事ができる様になりました。

ただし、日本ではこれらを医薬品としているために医師の処方箋が必要です。

また根本的な解決にはならないため、本格的な勃起不全でなければそこまでの必要はないでしょう。

そこで、市販されている精力剤や精力サプリメントを利用するのが有効です。
 

効果的な成分としては、アルギニン、シトルリン、亜鉛などがあります。

天然由来の精力剤や精力サプリメントであれば、副作用の心配もありません。

バイアグラ等の勃起薬のような即効性はありませんが、継続する事で改善が見られるものが多いのが特徴です。

また同時に、精力アップのため生活習慣を見直す事も大事で、ストレスや疲労や悩みのケアも同時にするとより高い効果が得られます。

まとめ~一人で悩まないことが大事

精力アップ まとめ

今は精力減退やEDが原因でセックスレスによる夫婦関係が壊れてしまったり、恋愛がうまく進行しないケースがたくさんあります。

また現代では草食系男子が急増して、彼氏彼女といった男女間の性関係でも、かなり冷え込んでいるというデータもあります。

 

ですが、真剣にこの問題に取り組んでいる夫婦や男性は少なくありません。

先にも延べた通り、ちょっとした性的コンプレックスから完全な勃起不全・EDまで、現代医学ではそれらの効果的な解決方法が見つかっています。

ですから、一人で悩まずに専門家のアドバイスやサポートを求めてみると良いでしょう。

 

単純に加齢や生活習慣が原因で精力が減退しているのであれば、生活習慣を見直したり、市販の精力剤や滋養強壮剤を試しながら改善する様に工夫する事も有効です。

精神的な原因ではあまり意味をなしませんが、加齢や生活習慣による精力減退が原因であれば、ある程度時間をかけて改善することで一定の効果を期待することはできます。